| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーストラリアのJDMプレート



インスタグラムでオーストラリアの人たちのJDMカー写真を見ていると、“日本の国内市場”や“ビクトリア”などとそのまんま日本語の入った謎の日本風ナンバープレートを装着している人が結構多いんです。最初はダミープレートかと思っていましたがなんとこれ、オーストラリア公認のナンバープレートらしいのです!英語圏のナンバープレートに日本語がOKとは一体・・・!?

スクリーンショット (3)
日本語で詳しく解説しているページを見つけました(英語人ローラ- in Sydney -様参照)。
オーストラリアはナンバープレートに関する規定が緩く、専用のナンバー制作会社のテンプレから色んな色・形のナンバーを選ぶことができるのだそうです。JDMプレートはこのうちの一つでニューサウスウェールズ州のナンバー制作会社のサイトから実際に文字を入力して出来上がり予想図を見ることができました。他にもマスタングのエンブレム入りや猫の写真を使ったものなど実に多彩な種類から選ぶことができるのですが、日本風のナンバーをしかも日本語入りで使えちゃうのは世界中を探してもオーストラリアだけなのでは?と思います。この自由さはかなり羨ましいです。ちなみに横長のユーロプレート風なんてのもありました。もう何でもありですねw
広告

| クルマネタ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クラシックミニに乗る

s-写真 2018-10-29 10 14 41_Fotor
昔から何度も憧れを口にしていたクラシックミニを、初めてマトモに乗り回せる機会に恵まれました。インジェクションでエアバッグ付きとかなり最後のほうのモデルだったので初めは気楽に構えていましたが、乗ってみたらパワステもなければブレーキの倍力装置すらついていないという過激なまでのスパルタンさに圧倒されました@@; 免許取り立ての子が何も知らされずに乗ったりしたらこれは危ないぞと思います…。ハンドルがドライバーの中心からちょっと左に寄った場所についていたり、MTの縦のストロークが異様に長かったりと、触れて初めて知るミニのクセに戸惑いつつも、そこから得られる運転のダイレクト感は現代のどのクルマよりも強くて楽しく、ゴーカートフィーリングとはよく言ったものだと感心していました。昔の車の運転の大変さ・愉しさはこんなだったのかなというイメージがより一層膨らみました(それでも軽くて小さなクルマなのでわりとすぐ適応できるのも良い所です)。いっぽうインジェクションのエンジンは基本設計の古さを感じさせない程のスムーズさで、車重の軽さも相まって意外と速くて静かで快適でした。プリミティブな自動車の追体験の方法として未だに根強い人気を誇る旧ミニですが、野暮な例えをするとその乗り味はMTの軽バンによく似ていました。ミニの持つ味わいや格の高さにはもちろん叶いませんが、趣味でMT軽バンに乗る人たちの真意がちょっと理解できた気もしました(ぇ

s-写真 2018-11-02 12 14 08
ちなみにこちらはローバージャパン謹製の音声インストラクションマニュアルです。媒体はなんとカセットテープ、ナレーターはミニにタコでお馴染みの田代まさしさんです!w ほかにもミニ用語(開発の歴史キーワードから定番社外パーツメーカー名まで)を網羅したミニ辞典なんてものもついていたりして、このクラシックミニが売り手にとってもいかに特別な存在であったかを垣間見ることができました。機会があったら皆さんも是非一度乗ってみることをお勧めします・・・!
広告

| クルマネタ | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SPEED HUNTERS LIVE with REVSPEED 後編

s-DSC_1934.jpg
中編はこちらからどうぞ!

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SPEED HUNTERS LIVE with REVSPEED 中編

s-DSC_1888.jpg
前編はこちらからどうぞ!

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SPEED HUNTERS LIVE with REVSPEED 前編

s-DSC_1803.jpg
10/7のイベントです。この日は東京モーターフェス、サンデーラン、北米野郎などの魅力的なイベントがいくつもある状態だったので結構悩ましかったのですが、一番近いという理由で富士スピードウェイへ・・・。入場料がそこそこ高かったのでパドックエリアでの開催かと思いきや、なんとP2のみ!富士のイベントで駐車場オンリーだったのは初めてだったので驚きましたが、結果としては行って大正解。世界一級の最先端スタンスシーンの目撃者になることができました。

※写真メインで全三編での紹介です。

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第11回目ゆーるピアンミーティング 後編

s-DSC_1713_20181002215845cc2.jpg
大変お待たせしました!中編はこちらからどうぞ。

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第11回目ゆーるピアンミーティング 中編

s-DSC_1607.jpg
前編はこちらからどうぞ!

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT