| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CBR954RRのCB1100Rレプリカ

道の駅どうしは現在閉鎖中のためそれ以前に撮ったネタです。SNSでちょっとバズったので・・・
s-写真 2020-03-25 14 33 37
s-写真 2020-03-25 14 33 29
ふらっと立ち寄った時に目をひいた一台のバイク。よくあるCB1100のボルドールキット装着車かと思いきやフレームも足回りもなんだかイカつい・・・。よくよく目を凝らして見てみるとベースはなんとCBR954RRでした!まさかのSSで作っちゃうとは・・・こんなの世界に一台だけでしょう。

1551073373215.jpg
画像出典:ホンダ公式ページより
こちらがベース車です。面影がほとんどない・・・。ワンオフ加工のカタマリなんだろうなぁ。
広告

| バイクネタ | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Born to Ride (ボンバーライダーズ)

MV5BNTFjYjc2OWUtNzk5MC00OTI0LTlmNDAtZDViODEzNTcwMTNh.jpg
映画ネタです。海外のWLA特集サイトで「WLAが大活躍!」とイチオシされていた映画です。原題の“Born to Ride”で調べてヒットする海外ストリーミングサイトは著作権の関係でどこも日本からは見れず、ビデオを個人輸入するしかないのか・・・?と調べあぐねていたら、SNSで邦題が“ボンバー・ライダーズ”であることを教えていただき、無事視聴することができました。ストリーミングではAmazonプライムビデオで日本語字幕版のレンタルもしくは購入ができます。

560x315mv.jpg
舞台は1939年のアメリカ。WW2が始まろうとするこの時代に騎馬隊にとって代わる存在として米陸軍ではバイク部隊が設立される。しかしバイクを乗りこなせるような隊員は誰もおらず、近所に住む一人の荒れくれスゴ腕ライダーに白羽の矢が立ち、紆余曲折を経てバイク部隊の教官となり、育て上げた精鋭部隊とともにスペインで開催されるロードレースに紛れて、ドイツ軍に囚われた原子力技師を救出するという潜入ミッションへ送り出される・・・というようなあらすじです。細かい事をいうと1939年にはWLAはまだ存在しませんし、色々とツッコミどころはあるのですが、サイドバルブやナックルといった垂涎モノの戦前&戦中ビンテージハーレーが多数登場し、そのバイクアクションも全編に渡って多めという面では他にない貴重な映画です。この頃のハーレーが好きな人には絶対にオススメです!自分も観ててたまりませんでした(*´Д`)

1991年の映画ですがよくこれだけのビンテージハーレーを集めたなという圧巻の光景です。今では世界的に高騰しているのでもう同じ映画は撮れないと思います。あのキャプテンアメリカでさえ主人公が乗るWLAにはレプリカを使っていますからね。ただバイクを集めるので予算を使い果たしてしまったのか、特に潜入ミッション以降では非常にものさびしい様相ですw あまり予算がなかった映画なんだなというのは笑えるほど伝わってきます。ほかは潜入の際の無理のある変身シーンや、とりあえず爆発させたくて入れたような無意味な爆破シーンなどなど・・・ツッコミを言い出せばキリがないです。日本ではほとんど知名度がなく、海外ではB級映画のレッテルが貼られた映画です。映画作品としての出来は正直期待しないほうが良いですが、作中年代の雰囲気はしっかり出てますし、それを補ってなお余りある貴重なバイクシーンたちは必見です!


☆余談☆
最近の映画だとジョジョラビットで街を開放するアメリカ軍がWLAに乗ってましたね!
自分のWLはいよいよ登録に入る段階だそうですが、聞いてみると整備はまだこれからということで・・・まだしばらく時間がかかりそうです。当初の予定通り春には乗り出せるといいな・・・。
広告

| バイクネタ | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界最小50cc DOHCエンジンの再来

ベルギーの新興バイクメーカーBullitの125ccモデルが日本にも導入されるということで話題になっていましたが、そこの50ccモデルがなんと縦型DOHCエンジンなんです!そっちは国内導入未定だからか誰も話題にしておらず、これは見逃せまいとスクープネタ記事にする予定でしたが、ネタを寝かせていたら結構いろんなところが50ccモデルに言及した記事を書いてしまったのですごい今さらなんですが、くやしいのでもう少し突っ込んだことを調べて紹介してみます。

s-スクリーンショット (7)
スクショ元: YouTube "Bullit Hero 50cc WORLD FIRST REVIEW"

50ccでDOHCエンジンの市販車というと1997年のホンダ・ドリーム50が世界で唯一といっても良い存在でした。小さなエンジンに複雑なDOHC機構を組み込むのは技術的・コスト的に難易度の高いもので、当時のホンダ創立50周年の節目にあわせて肝いりで登場したドリーム以外に今までそれに追従するようなバイクは現れず、そんな唯一無二の希少性のおかげで今では新車時以上の値段で中古車が売り買いされています。(ちなみに4輪の記念車はS2000!)

s-53f1cf2bbd724142a3080cda8faf43f7.jpg
今では環境絡みの問題などで50ccバイク自体が日本では淘汰されつつありますがそんな時代にあっても、20年以上前に産声をあげたミニマムDOHCへのフォロワーがついに産まれました。Bullit HERO50です。ここではシャリィのコピーバイクを売ってたりもするのでどうせ最近ヨーロッパで乱立してる中華エンジンを使ったオシャレバイクブランドだろうと踏んで、元ネタは絶対に中国にあるはずだと思って追っていくと宋申(ゾンシェン)のHY50というエンジンだと分かりました。公式HPはなぜか接続できないのでソースはこちらのニュースサイトより(中華サイト注意。すごく重いです)。そちらのサイトではHY50はホンダドリーム50のものを参考にしておりボアストロークまで全く同じだと記述があります。ミッキーマウス型のヘッドカバーなど、本家と似ている部分が多いのでコピーエンジンで間違いなさそうです。現地点ではこれを搭載するバイクはHERO50だけみたいですが、新しく作るくらいですから間もなく他にも搭載モデルが出そうな予感です。インジェクションの125ccエンジンとは違ってこちらはキャブなので日本には入ってこない可能性が高そうですが・・・。とはいえこんなニッチなエンジンまで作れるようになったのは技術が向上している証ですね。パクリとはいえ今では日本じゃ作れないモノ。逆になんだかコピーしてくれて嬉しいような気持ちさえありますw 信頼性は未知数ですが、ゾンシェンは4mini系の125ccコンプリートエンジンで一定の評価のある企業です。国内でもHY50のレビューをいつか見れることを期待してますw 最近のバイク関連ニュースで一番ワクワクした話題でした。
広告

| バイクネタ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A PORK SOUP DAY 2020

s-写真 2020-02-02 12 14 29
日曜日に神奈川県愛川町の河川敷で開催された豚汁会に初参加です!元は個人の方が仲間内で集まって外で豚汁を食べようというだけの趣旨で始められたというのですが、色んな人が集まるうちに年々規模が膨らんでいつの間にか出店やバイク雑誌の取材が来るような大きなイベントに育ったのだそう。誰でも参加できるそうなので自分もご相伴にあずかってしまいました…w

≫ Read More

広告

| バイクネタ | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逮捕ニュースのバイクがヤフオクに・・・

s-Collage_Fotor_20200129190528330.jpg
ヤフオク巡りをしていたら発見した一台のワケアリバイク。部品取りでもなくR6なのに登録が軽二輪で非常にうさんくさい・・・そういえばどこかで見たことあるぞと思って検索してみたところ・・・

写真 2020-01-20 22 04 12
ビンゴです!県内ニュースで報道された、違法登録でバイク屋が摘発された時の問題車両そのものです。ゼッケン番号までそのままで出品されていました。こういうのは事件の証拠品扱いだと思うのですがどうして流通しているのか分かりません。元の出どころは官公庁オークション?でも問題の250cc再登録の書類をつけたまま放出っていうのはマヌケにも程があります。しかも本来登録不可のレース用モデルなのでなおさらです。書類を捨てても買い手がまた起こしてそれが通っちゃったというケースも考えられますが。このバイクは一件の入札が入って売買成立しているようでした。まぁ主に旧車で排気量をごまかして軽二輪登録ってのはバイクだとわりとその辺でもまかり通ってしまっているのが現状ですけれども、ここまであからさまなのはね・・・。
広告

| バイクネタ | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CB750にZ2エンジン!?

スクリーンショット (4)
ボロボロの書無し不動車のZ2がこの前ヤフオクで189万円もの値段をつけて落札されて(オークションリンクはこちら)SNSの一部界隈をざわつかせていたのをきっかけに、この辺の旧車相場って今どんなもんなんだろうと気になり中古車サイトを見ていると妙なものを発見しました・・・

s-スクリーンショット (3)
CB750FourにZ2のエンジンを積んじゃったマシンです@@; CBもZ2もそれぞれ国産旧車の代表格ともいえるスゴい二台ですが、まとめて一粒で二度おいしいしたい欲張りな人がこの世のどこかにいたのでしょうね。宿命のライバルとして競ったホンダとカワサキのまさかのマリアージュ・・・思いついても実行に移しちゃう行動力に乾杯です。出典・販売リンクはこちらから。

ちなみにCBは現在200万円ほどあれば程度の良いものが手に入るようですが、Z2はその倍以上もするんですね!未再生のワンオーナー車に680万円なんてプライスも見られて四輪旧車も真っ青な相場になりつつあります。自分が学生の頃にはすでに2~300万するすごい高いバイクというイメージでしたが、その頃から比べてもかなりの値上がりっぷりにビックリしました。
広告

| バイクネタ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハマーサイクルさん探訪 そしてついに・・・

s-写真 2019-11-20 14 26 01
ムーンアイズのスワップミートとVMRSで売り出し中のWLが非常に気になっていた茨城県のハマーサイクルさんを探訪しました。ずっと憧れていた初めてのビンテージハーレーショップです。

≫ Read More

広告

| バイクネタ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT