2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ミニの日のミニ雑記

DSC_0437_Fotor.jpg
 ミニの日ということでミニの話でも!もはやミニでないサイズに育った現行のミニにはあまり興味がありませんがとりわけクラシックミニは、わりとどんなクルマでも好きな自分の中で特に好きな車種の一つです。1959年から生産の終わる2000年まで殆ど見た目や機構が変わらず売られ続けていたため、わりと現実的に購入・維持がしやすいクラシックカーという所では空冷ビートルやサニートラック(これも32か!)に通じる魅力があります。シンプルで古典的なメカに軽量ボディ、そして今の安全性を追求した車ではおそらく二度と実現できないであろう端正かつ味わい深いクラシカルデザインがたまらないです。いつか絶対に所有してみたい一台です。

 実は購入直前まで行ったことならありまして、写真が出てきませんでしたがこのミニカーとほぼ同じツートンカラーのインジェクションミニを買おうとしていました。たしかカプチーノを手放してしばらくした頃だったか、カプチーノを買った中古車屋さんに売りに出ていたのです。いわゆる格安中古車の部類で、学生身分の自分でも無理すれば手の届くプライスでしたが、ボディの腐食や内外装の粗に気になるところが多く、考え抜いて結局諦めたきり、でした。最終型でもすでに20年近く経つクルマなのでこれから買うならしっかりした専門店で、セミレストアくらいの整備がなされたものを買うのが理想だと思います(社会人になったからこそできる芸当ですがw)。

 これが遺伝なのかは知りませんが、自分の母はちょうど結婚した頃くらいにキャブクーパーに乗っていたのだそうです。センター出しマフラーに変えたりとそこそこ楽しんでいたそうですが標高の高い街に引っ越してから燃調がどうにもとれなくなってしまい、手放してしまったそうです。当時のミニ雑誌が未だに実家に残っていたので小さい時からよく眺めてました。書いてて気づきましたがこれって幼少期に本を読んでたことがミニ好きになった原因なのかな・・・なんてw 
広告

| クルマネタ | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |