2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

AA01プレスカブ整備日誌17

4年以上ぶりの整備日誌更新です!今回はタペットクリアランス調整と外装部品交換です。
D45ydQiU0AAnRe.jpg
手放す前からずっと気になっていたヘッド周りからのガシャガシャした異音。タペットを調整して直るかな?と思っていたのを先ず試してみました。これも4年前にやろうと思っていてシックネスゲージを買ってずっと眠らせていたのが気がかりだったんですw スマホの買い替え直前に作業をして、バックアップを取ったあとの古いスマホで写真を撮るということをやらかしてしまったので、詳しい写真を撮ってはいたものの最終的に残っている写真はこの1枚だけという・・・orz

よって詳しい説明は他のサイトに譲ります。「カブ タペット調整」で調べれば沢山出てきますしね。個人的にはきおなのページ様の記事が非常にわかりやすかったです。コツはレッグシールドは外してからのほうが絶対に良いのと、フライホイールと圧縮上死点のTマークを合わせる際は中々ピタッと止まらないので若干ズレちゃっても構わないこと、その代わりタペットを揺らした際にカタカタと若干遊びができる周であることです。クリアランスは吸排気共に0.04mmでうまく行きました。それとスクリュー固定ボルトを締める際は素直にタペットアジャストレンチを用意したほうが良いです。この締めこむ所で何度もズレてやりなおすハメになったので・・・(´・ω・`)

作業後はメカノイズがかなり静かになってちょっと感動しました。カチカチ系の音が見事に止んでくれました。しかし、あのガシャガシャした音はどうしても残っています。これだとおそらくカムチェーン周りが音の発生源みたいです。音は完全には解決できませんでしたがこうしてある程度推測できる所まではいけたので良かったと思います。タペットクリアランス調整の作業自体はそれほど難しいものではありません。古いカブの取説にはユーザーの行う基本整備として説明がされていたこともあったみたいですしね。特に経年車や過走行車では精神衛生的にもやっておくとスッキリできるところでもあるので、手を出してみるのもアリなんじゃないかなと思います。

D5x7wyrUYAUb_7t.jpg
D5x7wysU0AA7cff.jpg
最後はオマケ程度に外装交換。母の要望でレッグシールドと前カゴを新調しました。どちらもヤフオクで手に入る新品格安のリプロダクト品です。カゴはバッチリサイズだったのですがレッグシールドは型が縮んでいるのか純正品よりもわずかに小さくなっており、取付穴を一か所新たに開けなおさないと装着不可でした。センターカバー裏側の辺りにも大きめの隙間ができてしまうので細かいことが気になる人はやはり素直に純正品を買っておくのがいいかなと思います。リプロ品は千円ちょっとという破格の安さなので自分はまぁこんなもんかなと思いますがw あとはリアキャリアを純正のデカいのに戻して、ブレーキスイッチを手直しして、各種グリスアップして・・・そうこうしているとヘッドライトケースのツメがバカになっていてテープで留めないと落ちてきちゃうことが判明。タイヤもひび割れてきて前後新品にしたいし、まだまだ手のかかる子です。
広告

| バイク・プレスカブ | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |