2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

けものフレンズ3 友達招待キャンペーン

たまにネタにしているソシャゲです。
s-写真 2020-03-12 21 40 15
けものフレンズ3が現在友達招待キャンペーンを実施中です。こちらから新しくゲームを始めると有利なプレゼントがもらえるそうなので・・・まだの方は是非よろしくお願いしますm(_ _)m
全キャラにボイスやモーションが豊富に用意されている上、すごく出来の良いシナリオがわりと頻繁に追加されるのでハーフアニバーサリーを迎えた今も飽きずに毎日プレイできています。

※リンク先ページはスマホのみ接続可能です。

s-写真 2019-12-05 18 46 34
月末までスタミナ減少・獲得ステータス上昇といったキャンペーンも併催されているので初めての方には今のうちがいいタイミングかもしれません。けもフレ好きなら超オススメです(`・ω・´)b
広告

| けものフレンズ | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CREW2のS2000

s-THE CRE 2 - スタンダードエディション
s-THE CREW 2 スタンダードエディショ
久しぶりにプレイしたらなんとS2000がいるではないですか!今年の初めのアップデートで追加されていました。2009年のアルティメイトエディションということで、ハードトップのAP2らしいのですが、エンジンのレブリミットを見る限りでは欧州向けAP1っぽくもありよく分かりません。
エアロのラインナップは相変わらず微妙なものばかりでタイプS(CR)再現は叶わず・・・orz

s-THE CREW2 - スタンダードエディション (2)
数は少ないですが痛車リバリーも共有されていますね。







広告

| (XB1)ザ・クルー2 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツスター売却

s-写真 2020-03-18 12 33 11
WLが来るのに備えてスポーツスターを本日売却してきました。所有期間9か月弱、5,433km走行という短さでの別れになってしまいましたが、貯金残高と置き場が許せばまだ乗っていたいバイクだったのが心残りです。2007年モデルなので悪名高いインジェクションの初期物ですが、非常にトルクフルでドコドコした鼓動感がしっかりあり、乗っていて温泉に浸かっているかのごとく不思議と癒されるヒーリングバイクでした。最後は道志と宮ヶ瀬を走ってお別れしました。

s-写真 2020-03-18 15 44 21
インジェクション由来のたまに気になるモタつきや夏場の灼熱地獄級の発熱といったネガな点もありますが、そちらはECMチューニングで改善させようかと思っていたところに次のバイクとの出会いがあったのでそこは果たせず。日本仕様の空冷インジェクションハーレーは環境規制への対応でガソリンをかなり薄く吹くようにしてあるので、こうしたネガな点が出てくると言われています。フルノーマルでも良いバイクだと思えるほどには楽しめましたが、本質を味わうためにはECM(ECU)チューニングはやはり必須だろうなと思います。あとダブルディスクなのに全然止まらないところはおっかなかったです(旧車を買った自分が言えたことではないですが・・・w)
荷重移動を意識しないとプアな前後サスに制動力をガッツリ食われるため、乗り方じゃなくてバイク側の改善ならサス交換で良くなるところのようです。またすり減っていた前後のタイヤを替えても改善はできそうでしたが、そちらも予算とタイミングの関係で実現できず。航続距離は満タン200kmくらいはいけそうでしたが150km前後で給油ランプが点くので気になる方は後年の大きいタンクのモデルのほうが良いかもしれませんね。燃費は平均21km/Lと意外にも良かったです。マイナートラブルはヘッドカバーからのオイルにじみ。納車時には前バンクから少しにじんでいた程度でしたが最後には両バンクとも結構目立つにじみが出来ていました。それくらいで修理が必要になるようなトラブルは外車ながら一度も起こりませんでした。変更点はクラッチレバーが重かったのでライトクラッチキットをつけてシートを替えたくらいでした。次にXL1200Rを考えている人のためになればという気持ち半分、自分を納得させたい気持ち半分でウジウジとネガなことまで書き連ねてしまいましたが、ドコドコとトルクに乗って突き進んでいく豪快ながらも角の取れた丸く優しい乗り味は思い描いていたハーレー像そのもので、今後も忘れることはないだろうなと思います。高速走行もラクチンなので連休には広島あたりまでこれでツーリングに行きたいななんても思っていましたが・・・。なにはともあれ次には人生の最終目標くらいに捉えていた夢のバイクが待っているので一旦おわかれです。この頃のスポスタはタマ数が多く安価なのでどうしても恋しくなったらまた手に入れられるでしょうしね。楽しい思い出をありがとう!!


☆余談☆
売却時、とりあえず近所のバ〇ンに持っていったら査定額15万円と言われショックでしたorz
買ったお店がちょっと遠方なのですが、意を決してそっちに持って行ってみたらバ〇ン価格のキッチリ2倍もの金額で買い取ってもらえました。ハーレー専門店というのもあっての事だとは思いますが、バイクは購入店で売るに限りますね。しばらくしたらそちらのお店に自分のこのバイクが並んでいるかもしれません。室内保管でコケたことも無いので良いと思いますよ!!(ぁ
広告

| バイク・XL1200Rスポーツスター | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Born to Ride (ボンバーライダーズ)

MV5BNTFjYjc2OWUtNzk5MC00OTI0LTlmNDAtZDViODEzNTcwMTNh.jpg
映画ネタです。海外のWLA特集サイトで「WLAが大活躍!」とイチオシされていた映画です。原題の“Born to Ride”で調べてヒットする海外ストリーミングサイトは著作権の関係でどこも日本からは見れず、ビデオを個人輸入するしかないのか・・・?と調べあぐねていたら、SNSで邦題が“ボンバー・ライダーズ”であることを教えていただき、無事視聴することができました。ストリーミングではAmazonプライムビデオで日本語字幕版のレンタルもしくは購入ができます。

560x315mv.jpg
舞台は1939年のアメリカ。WW2が始まろうとするこの時代に騎馬隊にとって代わる存在として米陸軍ではバイク部隊が設立される。しかしバイクを乗りこなせるような隊員は誰もおらず、近所に住む一人の荒れくれスゴ腕ライダーに白羽の矢が立ち、紆余曲折を経てバイク部隊の教官となり、育て上げた精鋭部隊とともにスペインで開催されるロードレースに紛れて、ドイツ軍に囚われた原子力技師を救出するという潜入ミッションへ送り出される・・・というようなあらすじです。細かい事をいうと1939年にはWLAはまだ存在しませんし、色々とツッコミどころはあるのですが、サイドバルブやナックルといった垂涎モノの戦前&戦中ビンテージハーレーが多数登場し、そのバイクアクションも全編に渡って多めという面では他にない貴重な映画です。この頃のハーレーが好きな人には絶対にオススメです!自分も観ててたまりませんでした(*´Д`)

1991年の映画ですがよくこれだけのビンテージハーレーを集めたなという圧巻の光景です。今では世界的に高騰しているのでもう同じ映画は撮れないと思います。あのキャプテンアメリカでさえ主人公が乗るWLAにはレプリカを使っていますからね。ただバイクを集めるので予算を使い果たしてしまったのか、特に潜入ミッション以降では非常にものさびしい様相ですw あまり予算がなかった映画なんだなというのは笑えるほど伝わってきます。ほかは潜入の際の無理のある変身シーンや、とりあえず爆発させたくて入れたような無意味な爆破シーンなどなど・・・ツッコミを言い出せばキリがないです。日本ではほとんど知名度がなく、海外ではB級映画のレッテルが貼られた映画です。映画作品としての出来は正直期待しないほうが良いですが、作中年代の雰囲気はしっかり出てますし、それを補ってなお余りある貴重なバイクシーンたちは必見です!


☆余談☆
最近の映画だとジョジョラビットで街を開放するアメリカ軍がWLAに乗ってましたね!
自分のWLはいよいよ登録に入る段階だそうですが、聞いてみると整備はまだこれからということで・・・まだしばらく時間がかかりそうです。当初の予定通り春には乗り出せるといいな・・・。
広告

| バイクネタ | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレネードいちご

s-写真 2020-03-08 13 11 00
ぐれぷん先輩と学生時代ぶりのいちご狩りに行ってきました。静岡の久能フルーツセンターかどやという所なのですが、そこのいちごがまるでハンドグレネードばりのデカさでビックリしましたw
市場には出回らないというサイズなのですが、こんなに大きくてもしっかり甘くてとても美味しいいちごでした。元をとろうぜという話になって結局野郎二人で100粒以上をたいらげたのでしたw
コロナのせいなのかお客さんは自分たちの他にほとんどおらず。農家さん大丈夫なのかな…?
調べたらこんなニュースも。 熟すイチゴ、行き場なく 新型コロナで観光農園キャンセル続出

s-写真 2020-03-08 14 40 12
おまけ。傾斜した駐車場に停めると若干シャコタンに見えるやつですw
広告

| 日常・ネタ | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界最小50cc DOHCエンジンの再来

ベルギーの新興バイクメーカーBullitの125ccモデルが日本にも導入されるということで話題になっていましたが、そこの50ccモデルがなんと縦型DOHCエンジンなんです!そっちは国内導入未定だからか誰も話題にしておらず、これは見逃せまいとスクープネタ記事にする予定でしたが、ネタを寝かせていたら結構いろんなところが50ccモデルに言及した記事を書いてしまったのですごい今さらなんですが、くやしいのでもう少し突っ込んだことを調べて紹介してみます。

s-スクリーンショット (7)
スクショ元: YouTube "Bullit Hero 50cc WORLD FIRST REVIEW"

50ccでDOHCエンジンの市販車というと1997年のホンダ・ドリーム50が世界で唯一といっても良い存在でした。小さなエンジンに複雑なDOHC機構を組み込むのは技術的・コスト的に難易度の高いもので、当時のホンダ創立50周年の節目にあわせて肝いりで登場したドリーム以外に今までそれに追従するようなバイクは現れず、そんな唯一無二の希少性のおかげで今では新車時以上の値段で中古車が売り買いされています。(ちなみに4輪の記念車はS2000!)

s-53f1cf2bbd724142a3080cda8faf43f7.jpg
今では環境絡みの問題などで50ccバイク自体が日本では淘汰されつつありますがそんな時代にあっても、20年以上前に産声をあげたミニマムDOHCへのフォロワーがついに産まれました。Bullit HERO50です。ここではシャリィのコピーバイクを売ってたりもするのでどうせ最近ヨーロッパで乱立してる中華エンジンを使ったオシャレバイクブランドだろうと踏んで、元ネタは絶対に中国にあるはずだと思って追っていくと宋申(ゾンシェン)のHY50というエンジンだと分かりました。公式HPはなぜか接続できないのでソースはこちらのニュースサイトより(中華サイト注意。すごく重いです)。そちらのサイトではHY50はホンダドリーム50のものを参考にしておりボアストロークまで全く同じだと記述があります。ミッキーマウス型のヘッドカバーなど、本家と似ている部分が多いのでコピーエンジンで間違いなさそうです。現地点ではこれを搭載するバイクはHERO50だけみたいですが、新しく作るくらいですから間もなく他にも搭載モデルが出そうな予感です。インジェクションの125ccエンジンとは違ってこちらはキャブなので日本には入ってこない可能性が高そうですが・・・。とはいえこんなニッチなエンジンまで作れるようになったのは技術が向上している証ですね。パクリとはいえ今では日本じゃ作れないモノ。逆になんだかコピーしてくれて嬉しいような気持ちさえありますw 信頼性は未知数ですが、ゾンシェンは4mini系の125ccコンプリートエンジンで一定の評価のある企業です。国内でもHY50のレビューをいつか見れることを期待してますw 最近のバイク関連ニュースで一番ワクワクした話題でした。
広告

| バイクネタ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車高調が当たった!

s-写真 2020-02-26 19 17 11
s-写真 2020-02-26 19 10 29
オートサロンの来場者アンケートプレゼントでなんとBLITZの車高調を当ててしまいました!!
一名限定だったのでまさか自分が当てるとは思ってもいませんでした。自分が懸賞で当てた物の中では過去最高級品かもしれません。嬉しいのでさっそく装着したい・・・ところなのですが、最近また転職したいなぁという気持ちが強く、悲しい事にいつまでS2000に乗っていられるかもわかりません。合わせるホイールも考えないとですし、もう少し考えてからにする予定です・・・。
広告

| クルマ・S2000(AP2) | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牧之原旧車ミーティング 2020年3月 後編

s-DSC_7129.jpg
前編はこちらからどうぞ!

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牧之原旧車ミーティング 2020年3月 前編

s-DSC_7116.jpg
初参加イベントです!富士山静岡空港で毎月第一日曜に開催される旧車の集まりに見学という形で行ってきました。かつて近場であった主催者不在のエコパサンデーランとは異なり公式ホームページに詳しいルールが記されているちゃんとしたミーティングなので参加前必読です。

≫ Read More

広告

| クルマネタ | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |