PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Giviスクリーン取り付け

s-写真 2012-12-27 13 13 35

Givi D322STを取り付けました!
ロングスクリーンですね。




s-写真 2012-12-27 12 56 59

取付作業は非常に簡単でした。
純正スクリーンの奥にあるプラスネジ2本をまずは取り外し。
長めのドライバーが役立ちます。


s-写真 2012-12-27 12 55 20

次はスクリーンとライトの間のフロントグリルを外します。
自動車用品店などで売っているパネルはがしを両端に差し込んであとはぐいっと引っ張り出すだけ。


s-写真 2012-12-27 12 59 47

そうすると両側に2本ずつのボルトがあるのでこれを10mmのレンチで外します。


s-写真 2012-12-27 13 03 24

これで純正スクリーンが外れました!
あとは外したボルトを新しいスクリーンに組み付けていきます。


s-写真 2012-12-27 13 08 27

このGiviのスクリーンはボルトオン設計なので、ステーの追加などはありません。
ただ、穴を合わせるときにスクリーンを少し湾曲させながらしたかなぁ。
純正スクリーンをとめていたボルトが結構固かったので、組み直しでも固く締め直したのですが「バキッ」という音が聞こえました((((;゜Д゜)))
ボルト周辺に少しだけヒビが入りましたorz


s-写真 2012-12-27 13 13 53

グリルをはめ直してネジを締めれば完成です!
胸元に広く飛び込んできていた風が、首のあたりに集中するようになりました。
乗り方によってはちょうどヘルメットで風を受け流せるようになります。
冬だとだいぶありがたみが分かります。買ってよかったです♪
ツーリングでも風による疲労の軽減が期待できそうです。
あとはGiviのリアボックスとあわせてイタリアン仕様で自己満足w
見た目の変化が気になっていましたが、ハイホイールにロングスクリーンが実によく似合います。
スクリーンは意外とカクカクしていて、エッジの効いたインパネ類とのデザインの調和もうまく取れています。
広告

| バイク・PCX | 20:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごく防風効果の高そうなスクリーンですね!!

僕も2種スクーター欲しいです!
通学用にV125Gあたりを狙ってます(笑)

しかし88のNSR250Rを買ってきてしまいました(笑)
エンジン焼き付いていて不動で1万でした。

すでにエンジンは落札してあるので届くのを待って載せ替えるだけです!

楽しみです!

| よう | 2012/12/29 02:00 | URL |














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1409-0fb14b92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT