PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福島ツーリング!

s-IMGP1730.jpg

午前中に茨城県でガルパン聖地巡礼を済ませた後は福島県へ!
一度自分でこの地を踏んでみたかったのです。


s-IMGP1713.jpg

国道沿いのスタンドで給油を済ませ、しばらく下道を走って、高速へ入りました。


s-IMGP1714.jpg

途中、県境のPAで休憩。


s-IMGP1715.jpg

トイレに貼り紙してあった東日本大震災の無料措置告知。
いよいよだなぁ。


s-IMGP1717.jpg

料金所のおじさんが訛り強くてかわいかったです(´∀`*)
東北訛りってなんか魅力的で好きです。

ちょっと走っていわき市の海沿いに出ました。
この辺りに出るまでは何ら変わりないのですが、この辺りでは更地か新築、もしくはプレハブ住宅が目立ちます。
走っている途中に「緊急居住区」という看板がありました。


s-IMGP1716.jpg

目的地「道の駅よつくら港」に到着。
道の駅としては珍しく、人がかなり多く活気に満ち溢れています。


s-IMGP1718.jpg

柱にはみんなの復興メッセージが。


s-IMGP1719.jpg

漫画などのメッセージが多数展示されていました。
静岡県からの応援も飾られていました。


s-IMGP1720.jpg

3・11時にここが受けた津波の被害の写真。
現在は綺麗に修復されています。

ちなみに一階は売店で、自分はおみやげと昼飯の弁当(この辺りの魚屋さんが作ったそうです)を購入。
二階はレストランだけかと思っていたら、ラーメン屋や丼物屋がたくさんありました。
ここで買ったものは海がよく見えるテラスで食べられるそうです。
ううむ、弁当は他で食べるか。ということで外を散策することに。


s-IMGP1722.jpg

四倉港がすぐそばにあります。


s-IMGP1723.jpg

災害復興工事の看板。


s-IMGP1724.jpg

津波に飲まれた車や船がまだ残っているのには驚きました!!


s-IMGP1725.jpg

遠目に道の駅を望む。
ここの海沿いはかなりの数ののテトラポッドが設置されており、海沿いでご飯を食べることは叶いませんでした。


s-IMGP1726.jpg

ということでどこか浜辺を探すことに。
道中にプレハブのそろばん教室がありました。

国道のここで、自分と同じトリコロールのFTRにすれ違いました。
自分と同じくツーリング中だったのでしょうか。
信号待ちでこちらを見ていたので、手を振ると振り返してくれました♪
後でもう一度すれ違うことになるのですが、そのときはピースサインをしてくれました!
バイク乗りのこういうのって、いいですよね。


s-IMGP1729.jpg

ホームセンター脇の道から海岸に出れる場所を発見。
慰霊碑が置いてあり、お線香まであったので自分もお線香をあげることに。
この日は風が強く、手持ちのライターでなかなか火をつけられませんでした。
しばらく苦戦しているとおばちゃんが来て「手伝ってあげる」と自分の手をずっと覆っていてくれました。
お陰様で火をつけることができました。優しすぎて涙目でした。

自分の小学校の頃の親友の一人は福島へ引っ越してから連絡がとれません。
SNSなどを調べても引っかからず、3・11以来は消息を知る人がいません。
彼と過ごした日々を思い出し、やっと手を合わせることができました。
もしかしたらどこかで生きているのかもしれませんが・・・。
それでもあの日犠牲になった人たちに向けて線香をあげることができて良かったです。


s-IMGP1727.jpg

浜辺へ出ました。
さっきの港が見えます。


s-IMGP1728.jpg

海がものすごく綺麗で、そしてこれが多くの人の命を奪ったとは…と考えてしまいました。

この後は畑が広がる市道をグルグルして、バイパスのある国道を通って、しばらく走って高速に乗り帰路につきました。
この日の翌日のバイトがどうしても休めなかったのが惜しかったです。
いわきを回っただけではまだまだ分からないことは多いと思います。
そのうち時間をたくさんとって、もっとたくさんの場所を見たいです。


s-IMGP1733.jpg

常磐自動車道の湯ノ岳PAで休憩。
ここはまだいわき市です。
ゆのだけ…ムXl ヮ l从ゆのっち!!


s-IMGP1732.jpg

トイレと自販機だけの純粋なパーキングエリアです。
ここのトイレは電気を使わない自動ドアが見どころです。
床のスイッチに体重がかかると、それを利用してドアを開閉するそうです。


s-IMGP1734.jpg

ここからはもうほとんど弾丸走行です。
茨城のSAでとちおとめアイスクリームを食べて休憩した後は、千葉まで日が暮れるまで走りました。
八潮PAの煮干しラーメンが疲れた体に優しく染み渡り、最高でした。


s-IMGP1736.jpg

食後に一服して、そのまま静岡県の実家へ。
走行距離800kmオーバーの旅を終えました。


結構重い気持ちで福島へ行きましたが、しみったれてるのは自分くらいでした。
みんなすごく元気で、はつらつとしていて、希望に満ち溢れていました。
いわきしか回れませんでしたが、ここを見る限りではだいぶ復興をしてきたようです。
とてつもない悲しい出来事がありましたが、それを乗り越えた人たちの強さ、優しさといったら素晴らしかったです。
これならきっと、活力溢れる福島を取り戻せると思います。
事実、もう戻ってきています。
まだ自分はすべてを知ったわけではありませんが、そう思います。

ここは畑の広がる市道、そこで随所入るワインディング、美しい海岸とバイクで走るのに最高の場所でした。
絶対にまた、福島をバイクで走ります!!
広告

| 放浪記 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遠征お疲れ様でした!
被災地はまだまだ完全とは行きませんが、復興が進みつつありますね。
自分も生きてるうちに一度は被災地に手を合わせに行きたいです。
それにしてもこのブログはやはり楽しいですねヽ(・∀・)ノ
更新がいつも楽しみです!
また一緒に遊んでください(笑)

| DERIWAZA | 2013/03/26 20:14 | URL |

>SERIWAZAさん
ありがとー!!
福島の人たちの元気さに驚いた@@;
読んでくれる人がいると嬉しくてよ///
今年も遊ぼうぜ(`・ω・´)
クルマで福島まで行くかww

| KEI | 2013/03/27 00:12 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1432-8181012b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT