PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東北ツーリング3日目

s-IMGP2138.jpg

アパートタイプのビジネスホテル、マイルーム石巻での目覚め。
今日は女川町を見学し、帰路につきます。

1日目 2日目



s-IMGP2137.jpg

自分たちが泊まったのは202号室でした。
ひだまりスケッチの宮子ちゃんの部屋と同じですね(*´Д`)


s-IMGP2140.jpg

アパートタイプのホテルは個人的には珍しく、楽しめました。
ひだまり萌えですしおすし


s-IMGP2139.jpg

荷物をカルタスワゴンに積み込み、出発。


s-IMGP2142.jpg

女川町は石巻市の隣町。
そう時間はかかりませんでした。


s-IMGP2143.jpg

漁港の見える、綺麗な海沿いの道を走ります。


s-IMGP2144.jpg

細い道の反対車線には復興市場が。


s-IMGP2145.jpg

自己表現を控えるようにかすんだ看板に書かれた「女川原子力PRセンター 20KM」の文字。
女川にも原発があるそうです。
昭和59年に稼働開始、3・11を踏まえ、高台に電源装置を移してあるとか。


s-IMGP2148.jpg

道の脇が建物の土台跡になってきました。


s-IMGP2149.jpg

s-IMGP2150.jpg

写真ではわかりづらいですが、辺り一面、街一つごと更地になっています。
これが中心部に壊滅的な被害を受けた女川町です。


s-IMGP2151.jpg

s-IMGP2157.jpg

割れた皿が落ちていました。


s-IMGP2158.jpg

まだまだ復興の真っ最中。
本当に辺り一面何も残っていません。
いくつか倒壊したビルが残されています。


s-IMGP2159.jpg

岸壁復旧。かかる費用は10億円以上。


s-IMGP2161.jpg

港では船の往来が。


s-IMGP2160.jpg

礎ごとひっくり返ったビル。


s-IMGP2162.jpg

s-IMGP2163.jpg

このように倒れたビルのいくつかの在りし日を写した看板が。
これらの倒れたビルを保存する動きもあるようです。


s-IMGP2164.jpg


s-IMGP2165.jpg

s-IMGP2166.jpg

s-IMGP2167.jpg

s-IMGP2169.jpg

s-IMGP2172.jpg

s-IMGP2173.jpg

s-IMGP2174.jpg

s-IMGP2175.jpg

s-IMGP2176.jpg

s-IMGP2178.jpg

s-IMGP2179.jpg

ビルをも倒し、街を消し去った津波の威力を身をもって感じました。


s-IMGP2177.jpg

献花台には水をあげるためのペットボトルが。
七十七銀行女川支店では屋上に避難指示を受けた行員たちが命を落としたそうです。
原因究明並びにこのようなことを二度と起こさないため、被災者家族会がこちらより署名を受け付けています。


s-IMGP2168.jpg

遠くには漁港が。海鳥たちが大勢で旋回していました。


s-IMGP2170.jpg

復興後イメージ。
長い歳月がかかりそうですが、全力で応援します。


s-IMGP2171.jpg

復興市場リビルドショップ。
ここでおみやげに復興支援ステッカー、昆布、さんまかりんとう、被災時写真集を購入。
さんまかりんとうは絶品です。さんまの脂っぽさと香りがほのかに甘い生地にあり、ハマってしまいました。


s-IMGP2180.jpg

自分が立っているのは、コンビニのあった場所でしょうか。


s-IMGP2182.jpg

風呂場か何かのあと。
視界を遮るものが何も無いまでに建物が一掃されてしまったこの街でも、このように確実に人の営みがあったことを思い起こさせる場所がいくつもありました。


s-IMGP2181.jpg

がれきの下から生えたタンポポが咲き誇っていました。
絶対に負けない東北の人たちを思い起こさせ、自分にまで勇気をくれました。
がんばろう東北!!


s-IMGP2185.jpg

女川をあとにし、帰路につくことに。
帰りは内陸側を通りました。
仮設住宅が立ち並んでいました。


s-IMGP2188.jpg

ただただまっすぐに続く道を飛ばします。


s-IMGP2189.jpg

山と田園ののどかな風景。


s-IMGP2190.jpg

大きな川。


s-IMGP2191.jpg

東北はとてもいい所でした。
これからも足を運ぼうと思います。
大震災の爪痕は想像以上でしたが、いつかみんなが再び笑顔になれますように!


s-IMGP2192.jpg

さよなら東北!!


s-IMGP2193.jpg

と、その前に食べ忘れたものがあるのでサービスエリアで遅めの昼食を。


s-IMGP2195.jpg

仙台といえば牛タン!!
東北は景色もよくて人も温かいだけでなく、食べ物もウマいんです。
ここで最後に買ったおみやげはお菓子ばっかりになってしまいましたw


s-IMGP2197.jpg

帰りの高速はお約束の渋滞。
千葉の八潮PAで夕飯をとるまでほぼノンストップ巡航でした。
静岡についたころにはもう夜の9時ごろ。
自分はそこからそのままバイトでしたorz
以上、1500kmの旅です。


今回の東北巡礼は自分にとってかなり意味のあるものでした。
バイクで一度訪れたいわき市だけでは分からなかった被災地の現状を目の当たりにし、考えを改めることができました。
実際に被災地に立つことで感じ取れたものは、筆のヘタな自分には書き表しきれません。
復興はまだまだ終わっていません。それでも素晴らしい場所がたくさんあります。
東北地方の雄大な景観の素晴らしさは純粋に満喫することができました。
特にドライブには最高です。みんな、東北に遊びに行ってお金を使ってください。
そのお金で、復興がきっと進むことでしょう。
自分のまわった場所はこれでもまだ一部です。
撮影は自ずと被災した場所ばかりになってしまいました。
これらの写真を自分で永遠に保管し、また他の人とも共有したかったからですが…。
記事を読んでくれた方が、何かを考えるきっかけになってくれればな、と微力ながらも思います。



1日目 2日目
広告

| 放浪記 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1451-a226e386

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT