PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東北一周ツーリング 8/4

s-IMGP0741.jpg

8月4日から11日にかけてWで東北一周してきました。
バイトをやめ、実家に戻ってヒマなので今更ですがまとめてみます。


s-IMGP0721.jpg

初日です。まずは東名を使って実家から埼玉県の鷲宮神社へ。
150kmほどの距離があり何度もツーリングに挑んでいますが、今回はノンストップで到着。
休憩せずにここまで辿りつけたのは初めてです。大型バイクさすが。


s-IMGP0712_201410082027013d3.jpg

平日だけあって境内には人が少なく穏やかです。
トイレ前の喫煙所で休憩しているとカブに乗った地元民のおじさんが話しかけてくれました。
鷲宮の神様への感謝と旅の安全を祈願し、ちょっとだけ散策です。


s-IMGP0715.jpg

絵馬は相変わらず濃ゆい!!
らき☆すたは未だに大好きなアニメです。


s-IMGP0723.jpg

午前10時をまわっていましたが、大酉茶屋は準備中のようでした。


s-IMGP0726.jpg

門前通りを一往復しましたが商店はすべてシャッターが降りており、ちょっともの寂しかったです。


s-IMGP0736.jpg

お守り代わりに買ったステッカーをサイドカバーに貼り付け、いざ出発。


s-IMGP0743.jpg

下道で約1時間半、栃木に寄ってみたいところがあったのでそこを目指します。
道の駅もてぎでお昼ごはんにゆずしおラーメンを食べました。
爽やかな柚子の香りが食欲をそそります。


s-IMGP0747.jpg

鯉のぼりならぬ鮎のぼり&鰻のぼり。


s-IMGP0837_20141008204732543.jpg

ここに来てみたかった・・・!
ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールです。


s-IMGP0835_201410082048146d3.jpg

エントランスがきれい!
受付のチャンネーが親切でした。


s-IMGP0749.jpg

本田宗一郎がアート商会にいた時代に制作したレーシングマシン、カーチス号。
HONDAの原点とも言えるこのマシンはなんと1924年製!!


s-IMGP0752.jpg

もう終わりだったのでちゃんと写せませんでしたが、ちょうどASIMOのデモンストレーションが行われていました。
ひょこひょこ歩いててかわいい。思ったよりも小柄なんですね。
印象的には小学生くらいの大きさでした。


s-IMGP0753.jpg

エントランスで出迎えてくれたホンダマシンたち。
S600と初代スーパーカブ。


s-IMGP0754.jpg

60年代頃のGPレーサーとF1。


s-IMGP0760.jpg

エントランス奥にある未来技術展示コーナーにはFCXコンセプトが。
クラリティが発表されたのは割りと最近だったと思っていましたが、ヘッドライトレンズが黄ばんでいます…。


s-IMGP0767.jpg

燃料電池車。ロゴベースっぽく見えますが実物がなんだかデカい!
幅、高さともにちょっとしたSUV並でした。確実に3ナンバーサイズ。


s-IMGP0768.jpg

階段からエントランスを見下ろしながら二階展示室へ。


s-IMGP0769.jpg

F1挑戦の奇跡というコーナーが。


s-IMGP0770.jpg

二階は主にバイクが展示されていました。
ホンダのバイクを語るのには欠かせないスーパーカブとCB750Four。


s-IMGP0771.jpg

ホンダが生まれて間もない1946年に販売していた自転車補助用エンジン。
文字通りの原動機付自転車です。


s-IMGP0772.jpg

当初は軍用無線の発電機エンジンのお下がりを流用していたとか。
メカがきゅっと凝縮されていてなんだかワクワクします。


s-IMGP0773.jpg

白いタンクに赤いエンヂン、これが初めの”カブ”です。
このオリジナルの補助用エンジンが初のヒット作です。


s-IMGP0774.jpg

50年代のドリーム号たち。
この頃はまだ海外産の模倣が多かったそうですが、それにしても美しい・・・。


s-IMGP0776.jpg

こちらも50年代。スクーターのジュノオ✖・◡・✖
商業的な成功は収められなかったですが、この時代に全天候型スクーターってコンセプトがすごい!
他にもグリップがガングリップ型だったりと観察していて驚く点が多かったです。


s-IMGP0777.jpg

You meet the nicest people on a HONDA.
輸出用スーパーカブのシリーズ。


s-IMGP0778.jpg

自分の初バイクとして想い出深いベンリィシリーズ。


s-IMGP0779.jpg

当時のスーパースポーツだったドリームCBシリーズ。


s-IMGP0780.jpg

クジラタンクのドリームCB450。
英国ツインなんか450ccあれば充分チギれるぜ!という心意気で作られたフラッグシップマシン。


s-IMGP0781.jpg

モンキー、ゴリラ、ダックス、モトラといったレジャーバイクたち。
はじめはモンキーって遊園地の乗り物として作られてたみたいですねぇ。


s-IMGP0782.jpg

CB-Fourシリーズ。
一番有名なのは手前のヨンフォアでしょうか。
自分は最近550Fourがわりとマジで欲しいです…。


s-IMGP0783.jpg

初代ゴールドウィング。ネイキッドバイクだったんですねぇ。
ホンダ初のリッターバイクで、シャフトドライブや水平対向エンジンの採用も初だったとか。


s-IMGP0784.jpg

ホンダいちばんのレア市販車!?
NRです。1992年に520万という価格で売られていました。


s-IMGP0785.jpg

NR一番の見どころ、楕円ピストンエンジンのカットモデルまで用意されていました。
レースにおいてホンダお得意の4ストで2ストに勝つため、レギュレーションの4気筒を守りつつも楕円形のピストンを使って8気筒並みの性能を出そうとしていたそうです。


s-IMGP0787_20141008213558bfc.jpg

ほぼフラットトラックレーサーまんまだったFTR250。
元223乗りだった自分にとっては未だに雲の上の存在です。


s-IMGP0788_201410082137135ad.jpg

CBXと・・・カワサキやスズキも混じってますw


s-IMGP0789_20141008213748070.jpg

ヤマハRZ250。このように他社バイクでも展示がありご親切に説明プレートまで用意されていました。
当時はHY戦争の幕開け時代。ホンダにとっては大きなライバルだったんだろうなぁ・・・。


s-IMGP0790_20141008213903da3.jpg

CX500TURBO。
ターボバイクの市販車ってこの後中々出ないですねぇ。


s-IMGP0791_2014100821400392e.jpg

4気筒のCB750Fと、6気筒のCBX1000。
CBXは動画を見るとチェイサーみたいな快音させてます。


s-IMGP0792_20141008214249bfa.jpg

神社仏閣スタイルのベンリィ。うーん、やっぱりカッコいい。


s-IMGP0793_20141008214407d0b.jpg

隣の四輪展示室へ。


s-IMGP0795_20141008214448c81.jpg

ホンダ初の四輪自動車、T360。軽トラですね。
当時の軽自動車にしてDOHCエンジンを搭載させ俊足を誇ったのはバイクメーカーならでは。


s-IMGP0794_2014100821462984f.jpg

S500。コンパクトで美しい!!


s-IMGP0796_20141008214657168.jpg

水中メガネのZ。ポップなカラーバリエーションが今見ても斬新。
母曰く「若い頃よく走ってて、なんかキモいイメージだった」そうですw


s-IMGP0797_20141008214838c7d.jpg

S600。見切れていますが隣にはクーペもありました。


s-IMGP0799_2014100821492797a.jpg
s-IMGP0800_20141008214946946.jpg

N360。カッコ可愛い!
60年代のホンダの360cc軽自動車はいつか手に入れたいです。


s-IMGP0798_20141008215052929.jpg

N360のエンジン。
CB450のものをベースにしていたとか。


s-IMGP0801_20141008215219798.jpg

手前から1300セダン、1300クーペ、初代シビックです。


s-IMGP0803_2014100821535842d.jpg
s-IMGP0805_20141008215418c52.jpg

1300をセダンもクーペも拝めるとは!!
ビンテージホンダの中ではかなり好きな車種です。


s-IMGP0802.jpg

宗一郎の頑固さが押し通され、結果として商業的に失敗した1300の空冷エンジン。
後継の145では水冷エンジンになりました。この1300はものすごく”ホンダ”らしいと思います。


s-IMGP0806_20141008215640927.jpg

セダン・クーペ共にデザインも大好きです。
ただ今手に入れようと思うとタマは無く残る情報も少なく、かなり厳しそうです。


s-IMGP0808_20141008215846f56.jpg

80年代ホンダ車たち。今になってはどれもほとんど見かけることのないリアビューです。


s-IMGP0809_201410082159530da.jpg

プレリュードがデートカーとしてもてはやされた一因に、運転席側から助手席を押し倒すことができたからという逸話がありますが本当にそれっぽいレバーがついてて笑っちゃいましたw


s-IMGP0810_201410082201219dc.jpg

シティ。手前はカブリオレ。
今見てもなかなかオシャレです。モトコンポもいるよ。


s-IMGP0811_201410082202170b0.jpg

某掲示板で人気のトゥデイ。丸目がかわいいですが、この丸目550って今は本当に希少です。


s-IMGP0812_201410082203137f2.jpg

ビート。カプチーノを買う時に迷ったなぁ。
こっちでも相当おもしろかったと思います。S660が楽しみです。


s-IMGP0813.jpg

シビック、インテグラ、NSXのタイプRたち。
カラーはもちろんチャンピオンシップホワイト!


s-IMGP0814_20141008220454bb3.jpg

一部車種のカタログ展示もありました。
古いクルマにハマっている自分にとっては眼福でした。


s-IMGP0815_201410082205419a0.jpg

3階展示室へ。こちらではレース車両を中心とした展示がありました。
ベンリィやMVアグスタといったビンテージレーサーたち。


s-IMGP0816_20141008220650300.jpg

1959年にホンダが初めて作ったDOHC4気筒のRC160。
カムシャフトはベベルギア駆動!W乗りの自分はちょっと嬉しい。


s-IMGP0817_20141008220843e8c.jpg

GPレーサーたち。このカラーリングはカスタムでも人気ですよね。


s-IMGP0819_20141008221035014.jpg

アメリカのダートラでハーレーを打ち破るために作られたRS750D。
FTRのご先祖様ですね。これは100PSオーバー!


s-IMGP0820_20141008221309420.jpg

フラットトラックレーサーってカッコいいですねぇ(*´Д`)


s-IMGP0821_20141008221410ed7.jpg

ハブステアの謎レーサー。変態的!(褒め言葉)


s-IMGP0822_201410082214489d9.jpg

2ストレーサーのNSRがズラリ。


s-IMGP0823.jpg

こちらもNSRコーナー。熱い時代を築きあげた名レーサーです。


s-IMGP0824_201410082216483e4.jpg

ラリーレイドマシン。凶悪な風貌です!!


s-IMGP0825_20141008221722922.jpg

ラリーでもスーパートラップは使われていたんですねぇ。
EXP-2は2ストマシン。


s-IMGP0827_201410082218306b1.jpg

バイクで使われるホンダロゴの由来。
なんだかものすごく意外な成り立ちでしたw


s-IMGP0828_20141008221949359.jpg

市販レーサーたち。
カフェレーサーライクです。


s-IMGP0829_20141008222446f4e.jpg

四輪コーナー。
ワンダーシビックとS600。


s-IMGP0830_201410082225481e2.jpg

F1がずらり。モータースポーツには疎いですが、圧巻です。


s-IMGP0831_20141008222630ef5.jpg

NSXたちとツーリングカーのアコード。


s-IMGP0832_201410082227261d8.jpg

70年代F1の顔はなんだかナマズみたい。


s-IMGP0834_20141008222928a8b.jpg

一階書庫には自動車・バイク関連の書籍や当時のポスターがいっぱいでした。
お土産を買ってコレクションホールを出ます。


s-IMGP0843_2014100822302402b.jpg

せっかく入場料を払っているのでちょっと歩いてサーキットのほうにも行ってみました。


s-IMGP0840.jpg

何種類かカートがあり、大人向けの本格的カートまでありました。
植え込みのヒマワリが綺麗です。


s-IMGP0844_20141008223205e77.jpg

テーマパーク内は基本的に子ども向けのアトラクションや展示ばかりですが、
その中にレーサーレプリカ展示が!!こりゃ見るしかないだろう。


s-IMGP0846.jpg

エントランスにVFR400とNSR250Rが。


s-IMGP0847.jpg

NSRとCBR。
中々ハートに響く展示物もw


s-IMGP0848.jpg

歴代NSR50が勢揃い!


s-IMGP0849.jpg

このコーナーではレーレプに実際にまたがることができました。
NSR二台にZXR250、TZR250Rまでありました。


s-IMGP0850.jpg

もちろん全部跨ってきましたw
中古車を使っているみたいで各部ヤレてたりステッカーが貼ってあったりしますがそれがなんだか良い。


s-IMGP0851_20141008223718242.jpg

ハングオン体験コーナー。なぜかFZRとGAGが犠牲になってますww
流石にこれは恥ずかしかったので体験せず…基本が子供向け展示なので自分はちょっと場違い感ありました。


s-IMGP0852_20141008223918c3b.jpg

名誉のために言っておくと他にもレーレプに夢中のオジサマたちはたくさんいました(ぁ
なかなか粋な展示ですよねぇ。ちょうどこの時に来れて良かったです。


s-IMGP0853.jpg

NSR250R SE。今ではプレミアバイクです。
最近バイクを盗まれてヤフオクに出品されてしまったのを持ち主が執念で落札して犯人が逮捕された事件がありましたが、そのバイクもこれと同じものでした。


s-IMGP0854.jpg

CBR400F。
なぜか暴走族に大人気でノーマルってほとんど無いのでは?
自分はノーマルは生まれて初めて見ました・・・。


s-IMGP0855_2014100822445043d.jpg

レーサーレプリカ、今でも魅力的で多くの人を惹きつけ続ける夢のあるジャンルです。


s-IMGP0858_20141008224637c51.jpg

茂木を出て、下道でひたすら東北を目指します。
なんとなく綺麗だった川で写真を撮りました。


s-IMGP0859_2014100822473733e.jpg

一眼レフを買って旅の写真撮影に使っていますが、一度走りだしてしまうと中々停まって写真を撮ることができませんねぇ。時間に余裕のある旅ならば別かもしれませんが。難しい。


s-IMGP0860_20141008224853475.jpg

福島入りを果たし、道の駅はなわの裏側にて。どろ祭りをするそうです。
この辺りは国道でもずっと一車線の山道で、道の駅の他は何もありません。


s-IMGP0863_20141008225058737.jpg

ひたすら進み、辺りが暗くなった頃に朝日ドライブインにて食事。
地図を見るとこの辺りに大きな公園があったのですが、店員さんに聞いてみるとそこはキャンプができないそうだったので、しばらく走ってみましたが街中に出てしまい野宿に都合のいい場所はなく、もう真っ暗になってしまっていたので高速に乗ってSA野営することに。
一年ぶりに張ったテントはなんだか臭かったw


s-IMGP0867.jpg

国見SAです。
三脚を持ってきていたので夜景撮影の練習をし、喫煙所の旅ノートに一筆記し、明日のルートを決めて眠りました。
裏側の山から定期的にパーン!と謎の音が聞こえたのがちょっと怖かったですw


つづく



広告

| バイク・W650 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1475-70ecdbd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT