PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペイシー100 一日インプレッション

s-IMGP2467_Fotor.jpg

代車でホンダ スペイシー100を借りたのでプチインプレしてみます!
原付二種のスクーターですが以前からちょっと気になる車種だったのです。
高校時代にグラウンドの近くの駐輪場に黄色いコレがよく止まっていて、
スタイリッシュでいいなぁ…なんて思ってました。過去の記事でも少し言及しています。
今回はまさにその黄色のスペイシーなのです!!


w6wire.jpg

代車を借りるに至った原因は・・・
W650をオイル交換してもらおうと隣町のバイク屋(片道20km強)を目指していたのですが、
クラッチレバーを引くと「プチッ」という引っかかる感触とハッキリ聞こえる音がしました。
昨日洗車して乗った時にもその現象が起きたので流石に気になってカバーを取ってみると…
おおぉ…ワイヤー切れかけてます。゚(゚´ω`゚)゚。 首の皮一枚で何とか繋がってる状態です。
道半ばで判明したのでこのままバイク屋を目指し、到着した頃には写真のように…。
これこのまま乗って帰るのは流石にマズいよねと整備士さんの判断で代車を急遽借りました。
部品の取り寄せに1、2日かかるためW6を預けて用意してもらった代車で帰ることに。
到着までに完全にプッツンせずに良かったです。ツーリング前に症状が出たのもラッキー。
走行距離は大体20,350kmでこうなりました。


s-IMGP2481_201502041859166a5.jpg

そんなこんなで急遽ではありますが、代車を用意していただけて感謝ですm(_ _)m
しかも気になる存在だったスペイシー!自宅に帰ってから写真を撮りました。
インプレは走行距離2万キロ超えの若干使い込まれた個体のものとなります。


s-IMGP2482_20150204190040394.jpg

当時は新車で20万円を切る、スズキのアドレスV125の対向車種でした。
格安ピンクナンバー原付二種です。2003年から2008年までの製造だそうです。


s-IMGP2483_20150204190255479.jpg

こちらの安さの秘訣は中国工場での生産によるものです。
50ccベーシックモデルのトゥデイなんかと同じですねぇ。
ビビッドなカラーリングが眩しいです(´∀`)♪


s-IMGP2468.jpg

エンジンは空冷4ストSOHC単気筒 102ccで7.1馬力。
スペック面で目を見張るものはありません。質実剛健な雰囲気です。
燃料供給はキャブレターで、始動はセルの他にキックスターターを使用できます。


s-IMGP2469_201502041909212c0.jpg

エンジンはとても静かで滑らかです。アイドリングではブルブルと振動を感じます。
走り出して回転が上がると振動はすぐ収束し、トップスピードまで快適な居住性となります。
30km/hくらいまではトルキーですがそれ以降はフッとマイルドになり、じわじわと必要な分の速度まで伸びていくといった感じです。フルスロットルでも体感では速くは感じませんがよわkm/hまでは出ることを確認しました。一般道を走る上では必要充分な動力性能だと思います。国道の流れにも余裕で乗れるので50ccと比べると段違いです。流石にずっと右車線には居づらいですが追い越しもできます。ツーリングにも使えそうな頼もしさがあります!


s-IMGP2470_20150204191648c70.jpg

フロントブレーキは2ポッドのディスクです!最初ドラムだと思ってた・・・(;´∀`)
レバーの握り心地がカチッとせずドラムっぽい感じだったので。効きはこちらも必要充分。
マスターシリンダーはハンドル上部のカバーに隠れて配置されていました。
リアはドラムで、左レバーを引くと前後同時にブレーキが効くコンビブレーキを採用。
でもちゃんと左右同時にかけたほうが明らかに制動力強いのであくまで補助ですね。
前後サスは程よい硬さで、路面のギャップをいなしてくれます。最高とまでは行かずも充分。


s-IMGP2471.jpg

車体サイズは50ccスクーターより少し大きくなったといった感じです。
カウルはウィンドプロテクション性が良く、足を揃えれば太ももの上を風が弱く掠める程度。
またステップボードが広く、居住性は良好です。停車時はここにヘルメットを置いておけます。


s-IMGP2472_2015020419251133d.jpg

灯油のポリタンク(18L)が置けそうだな…と思ってやってみたら、置けました!
コレが積めるかといった面も原二を選ぶ上での評価点になってるそうなので。
ただコレを足で挟んで運転するのはちょっと不安…紐で縛ったほうが良さそうです。


s-IMGP2473_20150204192752a94.jpg

ウインカーはプッシュキャンセル式です。
ホーンの音はかなりデカいw ナメた運転する車への警告にバッチリです(ぁ
メーターは左右独立したターンシグナルランプと燃料計、燃料警告灯など。
質感はPCXなどといったプレミアムな車種には劣りますが、値段が安いのでそこはいいか。


s-IMGP2475.jpg

キーシリンダーはシャッター付きのもの。
メインキーを挿したままシート開閉、ハンドルロックが行えるのはとても便利です。


s-IMGP2480_20150204193139dd7.jpg

フロントには小物入れがありますが、鍵を挿し直さなければいけないです。
キー付きなのはいいものの容量は500mlペットボトルが入らない中途半端なものです…。
予備のグローブを入れたり充電タップを増設して使う用?ドリンクホルダーは別で欲しいです。
上にあるコンビニフックは地味に便利そうな装備です。


s-IMGP2478_20150204193544931.jpg

メインキーをONとOFFの間にして押し込むとシートを開けることができます。
燃料タンクも兼ねているため、メットインスペースは小さめです。


s-IMGP2479_201502041937102a3.jpg

普段使っているOGKのジェットヘルメットとグローブはこのように収納できました。
しかしフルフェイス(シンプソンSB13)を試した所シートが閉まらなかったです。
クリアランスもキツキツでした。ヘルメット選びは多少注意したほうがいいかもしれません。
外に露出してしまいますが一応シート挟み込み式の簡易メットロックもあります。


s-IMGP2484_201502041939499f0.jpg

サイドスタンドがオプション設定なのか、付いていませんでした…。
押し歩きに難は無いほど軽いため、センタースタンドがけは簡単です。
しかしちょっとした停車の時も一旦降りないといけないのでここは是非欲しい…。


s-IMGP2474_2015020419414010f.jpg

リアキャリアは小ぶりですが、トップケースのベースを取り付けるのには恐らく充分です。
グラブバーを兼ねているためスタンドがけやタンデム乗車時に役立ちます。


s-IMGP2477_20150204194314812.jpg

個人的に好きなフロントフェイス。ミニフュージョンみたいな感じがしないでも無くないですか(ぇ
黄色い色に黒のホイールやステップなどの部品という取り合わせもポップで好きです。


s-IMGP2476_2015020419450799c.jpg

エンジンをかけるとウインカーポジションとなるのもオシャレです。
リアは特に何もならないのですが・・・w ライトの明るさは充分でした。


s-IMGP2489_Fotor.jpg

サイズの比較で50ccのプレスカブと並べてみました。
原二らしくスペイシーのほうが気持ち大ぶりな車体です。
すり抜けは非常にしやすかったです。渋滞もストレスフリーです。


s-IMGP2487_Fotor.jpg

シート高はほぼ同じですが、幅が広いため足つき性はカブに若干劣ります。
でも車体が軽く、小さなホイールでも安定感があるので困る人はあまりいないでしょう。


s-写真 2015-02-04 16 54 03_Fotor

友人を後ろに乗せてタンデム性能を検証してみました。
自分は175cm・55kgで友人は170cm・50kgです。どっちもガリガリ(;´Д`)
男二人ですがリアの居住性も良く、くっつき過ぎずほどよい距離を取ることができました。
ブレーキが若干心もとない感じにはなりますが持ち前のトルクで一人の時とほぼ変わらずグイグイ走れるところはとても感心しました。ちゃんとスピードが出ますしタンデム適正は結構あると思います。W6では怖い怖いという友人も安心して乗れているみたいでしたし。

燃費についてはまだ給油するほど走れていませんし、名目上満タン給油で貸し出される代車(ほんとに満タン入れてるのかよ!と毎回思う)なので計測をしていませんが、半日国道・市街地・山間部と走り回って(何キロか測ってない…)燃料計のFの部分から1/3ほどの減りでした。他の人のインプレを見ると35km/L前後だそうで、結構良いと思います。

低価格、低燃費、低維持費な原2スクは移動手段として非常に合理的だと思います。
スペイシーはアドVのような暴力的加速は無く、趣味の乗り物として機構面の魅力がある訳でもありませんが、アシとして割り切ればとても優秀なものだと思います。もちろんスクーター特有のふわふわした雲の上を滑るような走行感覚はミッション車と違いある意味楽しいですし、そこに楽しさを見出したカスタムや運用ができたら輝く一台になると思います。
現在はカタログ落ちの絶版車となり、より質の高いモデルが売られているため今コレを買うのだとしたら安くて状態の良い中古車を見つけられたら買い、と言えると自分は思います。
中国生産で品質は気になりますが、今日一日乗った感想としてはとても頼れるバイクでした。
広告

| バイクネタ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1536-15ad8d7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT