PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本田宗一郎記念館に行ってきた

s-IMGP2579_Fotor.jpg

バイクサークルのツーリングで、本田宗一郎ものづくり伝承館へ行ってきました!
宗一郎はクルマやバイクでお馴染みの本田技研の創立者で数々のエピソードを残しています。
ここは彼の故郷である浜松にあり、ゆかりのある物やバイク、写真などが展示されています。


s-IMGP2546.jpg

神社と寺が近くにある、住宅街のはずれに当館があります。
NPOが運営しているようで、入場無料でした。


s-IMGP2545.jpg

入り口で出迎えてくれたのはホンダC型(1949年)。
エンジン・車体ともにホンダが設計した初のオートバイだとか。
ホンダがバイクエンジンの主流とする4ストにはまだなっておらず、2スト96ccです。
サビや塗装の剥がれがある所から、当時から実際に使われていたものでしょうか。
リヤカー用のタイヤを流用していた個体もあったという点から、C型の頃はまだ戦後の物資不足の影響があったそうです。ほぼ自転車みたいな車体がシブい!ガーターフォークが萌える!


s-IMGP2548.jpg

壁には宗一郎のエピソードを記したパネルがあります。写真や映像もありました。
これは飛行帽を被った幼少期の宗一郎と、彼が見ていた当時の飛行ショー。
彼は飛行機を見て空を飛ぶ夢を抱いてからメカニックを志した人なんですよね。
ショーの写真はなんと飛行機と自動車が競争しているものだそうです!
戦前からそんなことやってたんだなぁ・・・。今でも似たようなことしますよねw


s-IMGP2549.jpg

これは二俣町(かつての天竜市、現浜松市)で撮影された自動車の写真。
飛行機と同様に宗一郎に機械への憧れをもたせたものだとしたらこれも大正初期?
珍しかったのでしょうが、1910年代にはもう日本では普通にクルマが走ってたんですねぇ。


s-IMGP2553.jpg

ドリームCB72 スーパースポーツ(1960年)。
展示車のエンジンはタイプ1だったかな?250cc 2気筒で24ps/9,000rpmです。
今となっては味のあるビンテージバイクですが、当時はこれが最新鋭レーサーレプリカでした。
浅間火山レースやマン島TTレースで名声を得て行った性能がつぎ込まれています。
世界中に今もなお沢山のファンを持つ、名車中の名車です!やっぱカッチョいいなぁ!


s-IMGP2551.jpg

向かいにあった、ヤマハ スポーツ250S YDS-1(1959年)。
なんでヤマハ?と思ったら当時のCB72のライバルだったとか。
4ストのCBに代わってこちらは2スト250cc2気筒、20psです。
ヤマハらしい垢抜けたスタイルとカラーリングがイカしてます。


s-IMGP2550.jpg

こちらも同じ理由で置かれていたスズキ 250 T20(1965年)。
国産車初の6速ミッション搭載です。2スト250cc 2気筒で25ps。
エンブレムの書体やチェッカー柄のニーパッドがカッコいいです。


s-IMGP2556.jpg

日本のバイク黎明期を彩った三台の名車たち。
メーカーは違えどもホンダ、ヤマハ、スズキは浜松発祥だったりするんです。
ものづくり伝承館ということもありますが、ちゃんとY、Sも紹介してるのは嬉しいですね。
ちなみに展示車の殆どはホンダコレクションホールのプレートが車体についていました。
もしかしたら全部実働車!?T20はマフラーに吐いたオイルがついていました。


s-IMGP2554.jpg

モンキーZ50A(1969年)。国内市販車モンキーでは二代目です。
この前のモデルのCZ100が初代みたいです。
Z50Aでは現代のモンキーの形がかなり出来上がっていますね。
これといいカブといいこれからもホンダには伝統バイクを守り続けてほしい・・・。


s-IMGP2555.jpg

本田技研の前身となるアート商会の写真。撮影は1936年。
グラサンのちょびヒゲが当時の宗一郎だそうです。探してみてくださいw
ちなみに調べてみたらアート商会はまだ浜松で営業を続けているとか!
スーパーカブ中心生活? ホンダの聖地?「アート商会」はここだ!~浜松市内にて より。


s-IMGP2557.jpg

ホンダ初の商品、カブF型(1952年)。自転車用アシストエンジンです。
搭載位置を後輪付近に移し、乗り手へのオイル飛散防止&整備性向上を実現。
かなり画期的だった商品で、これのヒットによってホンダの礎が作られていきます。
そしてスーパーカブの開発・大ヒットに繋がっていくのです。


s-IMGP2558.jpg

「Cub」の赤いエンヂン。小さくてかわいい!これでは写ってませんが白いタンクも特徴です。
これの開発秘話で、宗一郎の奥さんが自転車の買い出しで大変そうにしていたので、日本軍が使っていた発電用エンジンのお古を流用してアシストエンジンを作ったことが始まりなんだとか。


s-IMGP2559.jpg

ヤマハ、スズキ同様にこちらも他メーカーですが、なんとライラックです。
メーカーは丸正自動車製造といい、これはライラック スポーツ LS38(1959年)。
調べると丸正はアート商会浜松支店の社員が独立して起こした会社なんだとか!
浜松に存在したバイクメーカーというだけでなく、そんな関係もあったとは。


s-IMGP2560.jpg

以前に紹介したものの色違いですね。
非常に特徴的な縦置きVツイン+シャフトドライブです。
このメカにより見た目も非常に洗練されており、素敵です。


s-IMGP2561.jpg

ご存知スーパーカブ。初代のC100型(1958年)です。
マルエムブルーのイメージがありますが、こんな茶色もあったんですね。
様子を見るからにノンレストア車といった感じです。それでも綺麗すぎますが…。


s-IMGP2562.jpg

おおお、きっちりC100ミラーついてますね!
今でも新品の純正部品が格安で買える、カブの定番パーツです。
自分のカブにも取り付けてあります。新品でも歴史の重みのある逸品です。


s-IMGP2563.jpg

そういえば写真では伝わりづらいですが、C100って意外と小さくて細い!
今まで残るスーパーカブの基本設計を確立した初代ではありますが、OHVの初代だと要所要所を見ると結構色々と違います。この辺は自分でカブを所有し始めてから敏感になりましたw


s-IMGP2564.jpg

クルマの実物展示はこのCVCCエンジン(1973年)のみでした。
1978年製造のプレリュードに搭載されていたもののカットモデルです。
クリア不能と言われたアメリカの新排ガス規制をクリアし、四輪でのホンダの名声を世界に広めたエンジンです。機械遺産認定だとか@@; ボタンを押すと当該箇所が光りました。


s-IMGP2566.jpg

一階での展示をひと通り見終わり、二階へ。
これは鍛冶屋を営んでいた宗一郎の父、儀平の使っていた道具です。
ものづくりスピリットは遺伝性!?宗一郎の息子もすごいですもんね。


s-IMGP2567.jpg

宗一郎の愛用していたドラフター(製図台)。
製図の他、晩年にはこれを使って絵を描いていたとか。
台に展示されている写真の宗一郎からは“技術者”だったことがハッキリ分かります。


s-IMGP2568.jpg

使っていた絵の道具と絵葉書。結構好きな趣味だったらしいです。
絵葉書はけっこうかわいいw


s-IMGP2569.jpg

こちらも自筆の絵。力作!


s-IMGP2570.jpg

将棋を指す宗一郎。笑顔が素敵でこっちまで幸せになりそうです。
先生から名誉五段を貰ったものの、腕はよくなかったらしいですw


s-IMGP2573.jpg

戦前の浜松の写真。結構家が多い!
こういったものも貴重な歴史資料ですね。


s-IMGP2574.jpg

大人から子供まで様々な人が宗一郎の似顔絵を描いた「えがいてみよう絵画展」。
この記事ではあまり詳細は語れていませんが、人間的魅力の大きかった宗一郎ならでは。


s-IMGP2575.jpg

部屋の片隅に置かれていたこれは、宗一郎が戦後間もなくの頃に酒の代用品として飲んでいた医療用アルコールのドラム缶ですww 呑んべぇだったんですね。これで酒盛りやったとか。


s-IMGP2571.jpg

他には地元高校の制作物の展示や・・・


s-IMGP2572.jpg

NPOの人たちによる手作りの木製小物や家具の販売がありました。


s-IMGP2576.jpg

一階に戻り売店を見ていきました。ホンダグッズが結構豊富です。
そしてバイクのイラストカードが安い!!絵葉書を二枚買っちゃいました。


s-IMGP2577.jpg

受付の人に許可を頂き、建物の前にバイクを並べて写真撮影。
今回は自分のW650の他、TMAX、CBR250R、Z250で走りました。
撮影を快諾してくれ、昼飯のおすすめなど快く教えてくれた親切な受付の人たちありがとう!


s-IMGP2580.jpg

この後は浜松の走りスポット、オレンジロードや新城の山々を走りました。
途中で寄った浜松餃子の店「ごんべい」は店主の夫婦がファンキーで面白かったですw
特におじちゃん、あのテンションの高さに終始笑わされました(゚∀゚)
野菜、肉、そしてニンニクぎっしりの餃子定食はツーリングで食えて良かった一品です。
焼き加減・ボリューム共に絶妙で本当に美味しい浜松餃子でした。
帰り際にしぼりたての浜名湖みかんのジュースをサービスしてくれたのも嬉しかった!
偶然入ったものの大当たりのまた行きたいお店でした。

夜は先輩の家で泊まって酒盛りして一泊してから帰りました。
夕飯に食った先輩イチオシのラーメン屋のラーメンもウマかったです。
しかし泊まりがけのツーリングすると絶対に雨が降る自分、今回も降りました…。
いつから自分は雨男になったんだ…w でも楽しかったからいいか!


gs

ちなみにこちらは伝承館で買ったポストカードとバッジ。全部でちょうど600円。
カードはC100カブとCB72です。たくさん車種があって迷いました…。
バッジは天竜産桧の間伐材をリサイクルしたものです。デザインが気に入ったので!

広告

| バイク・W650 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1554-b1d305d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT