PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイクとABS

今日はカブでヒヤリ体験をしました。
確定申告からの帰り道、国道246号線の左車線を走っていたときのことです。
交差点の手前で自分の前を走っている車のさらに前に突然右車線の車が割り込み!
左折を忘れてたのでしょうか、ウインカーすら出さずに入ってきて車間はほぼゼロ状態に。
前の車はそれで急ブレーキ、自分は危うくそれに追突するところでした。
パニックブレーキで前後のタイヤをロックさせながら『あぁこれダメか・・・』なんて考える。
ギリギリでしたが今回はなんとか無事減速し切ることができて九死に一生を得ました(;´Д`)

s-写真 2015-03-05 14 40 32

今までのバイクでABS付きは所有したことがなく、タイヤロックはわりと経験しています。
大きい車種でも何度かやっていて、ロック時のコントロール技術はある程度身につきました。
今回もスライドしつつ歩道側に避けることができて追突は免れることができました。
カブってブレーキ効かないですが、整備のおかげか最近は必要充分に感じ、
またプレスの大型リアブレーキは中々心強い存在ではあります♪
でもやっぱりロックは怖いですし、ABSついてたらもっと短い距離で止まれたのかな…なんて思います。いや50ccでABS付きなんてまだないのですが・・・w
続きは今後、バイクにABSが必須化されるというニュースについてです。


二輪車はABSまたはCBSの装備が義務付けられるようですね(responseより)
CBSは前後ブレーキが同時にかかるコンバインドブレーキシステムの事です。
対象は新車で、新型車は2018年10月から、継続生産車は2021年10月から。
ABSは二輪自動車に、ABSもしくはCBSは51cc-125ccの原付二種に義務となる模様。
「二輪自動車」って表現が曖昧ですが、おそらく126cc以上のすべてのバイクみたいです。
コンバインドブレーキシステムはイマイチ効果がわからないのですが、苦肉の策…?
ABSかCBSか選べるのは小型車のみなので、そういうことなのでしょう。
50ccの原付一種については特に何もないそうですが乗じてCBS付き車が増えそうな予感。

今はバイク用のABSって値段が高く、装備車も限られる、バイクではまだ新しい技術です。
安定性に欠けるバイクでタイヤロックを防げるのはとても意義のあることだと思います。
バイクとしてのシンプルさ(機構、重量、値段、乗り味など)は多少犠牲になるそうですが、事故して死んだら元も子もないため、安全装備の義務付けは必要だろうなと自分は思います。義務の始まる3年後にはABSはより高性能で安価な装備となるでしょう。

スポーツ走行主体のバイクでは賛否両論ありますが現時点でもABSはかなり頼れる装備のようで、自分もABSが用意されてる車両を買うとしたら是非ABS付きを選びたいとも考えています。
ただこれでSR400やエストレヤなど昔から長く生産されてる車両の息の根が止まるんじゃないかという心配が大きいです・・・。かつての排ガス規制ではFI化でなんとか乗り切りましたが。
FI化に対応できなかったその他多くのバイクは生産中止に追い込まれてしまいました。
今回も同じようにまた多くのバイクがそうなってしまうんじゃないかと少し不安です。
・・・諸行無常ですねぇ。
広告

| バイクネタ | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1564-bee42c1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT