PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 4日目

今回は徳島-高知です。四国カルストに挑むがしかし・・・

2015年3月14日

s-写真 2015-03-14 7 44 19

道の駅で眠りから覚めると、予報通り雨が降っていました・・・。
しかし二度寝して7時頃に起きるとなんと止んでくれていました!
向かいのコンビニで朝食を摂って出発。


s-IMGP2755.jpg

55号線を走って高知県に入り、オススメスポットの室戸岬へやって来ました。
この道は断崖絶壁をハイスピードで縫うように走れる、気持ちの良い道です。


s-IMGP2754.jpg

なんとなく察した方もいるかもしれませんが、道中で再び降られました・・・。
結構な勢いで降ってたのでヒヤヒヤでした。ここでも降ってます。


s-IMGP2757.jpg

無料の岬の展望台から眺めてます。売店から上に登れる感じです。
売店のおばちゃんが傘を貸してくれました。


s-IMGP2756.jpg

濡れていくバイクと駐車場を眺めて。自分はかなり強力な雨男です。
泊まりを挟むツーリングに出かけると今のところ本当に100%雨が降ります。
今回も例外では無かった…カッパ以外の装備にも防水対策をしてきて本当に良かった。

下の売店に戻ると土日だけ働いているというそこのおばちゃんが「せっかく朝からバイクで来たのに雨で残念だったねぇ」とミルクティーにラスクをご馳走してくれました!道路や観光の情報もいっぱい教えて頂けましたし親切にしてもらって非常にありがたかったです。ゆっくりさせていただいた後、高知のゆるキャラ(カツオの頭が切れた気持ち悪いやつw)ステッカーでヘルメットに貼るのに良いサイズがあったので買わせていただき周辺をぶらり。


s-IMGP2758.jpg

周辺の見どころをおばちゃんが教えてくれたので回ってみます。歩いてスグです。
枝や根がウネウネと波打ち、迫力満点なコレはアコウの木。
台風に対抗するためこのような形になった亜熱帯植物で、天然記念物です。


s-IMGP2761.jpg

海岸周辺を歩いてみました。大陸プレートのズレによって起こる大地の隆起の証を間近に。
1万年前からこうして変化を重ねていった場所なんだとか。壮大な自然が凝縮されてます!


s-IMGP2764.jpg

そんな海を眺めるのはこの地出身の武士、中岡慎太郎の銅像です。


s-IMGP2766.jpg

先ほどの売店兼展望台の場所に戻ると晴れ間が見えていました。
おばちゃんに自分が雨男だと話をすると「あたしは晴れ女だからパワー分けてあげる」なんてやってくれたのですが、それが本当に効いたのかココ以降で雨に降られることはありませんでした・・・!


s-IMGP2770.jpg

55号をゴーゴーして、赤野休憩所へ。この頃にはすっかり晴れました!


s-IMGP2768.jpg

この赤野展望台から見えるのは海。青くて綺麗です。
先ほどの室戸岬もまた晴れた時に訪れてみたいなぁ。



s-IMGP2771.jpg

公園のようになっておりトイレとベンチと駐車場くらいなのですが近年整備されたらしく綺麗。
童謡「雨」の碑があり、歌詞中に出てくる紅緒の切れたカッコと傘の形をしてたのが印象的。
ちなみにココのあたりは事故で警察による車線規制が敷かれており大渋滞でした。
大破した軽が前タイヤを台車に乗せて、ここの駐車場まで運び込まれていました。


s-IMGP2559_2015033122311364a.jpg

55号は時折街中を通り、バイパスも経由して中心部の高知市へ。
路面電車が走っていてテンション上がる!地元の静岡にはありません。
あと独立店舗のヴィレヴァンを初めて見た。大体ショッピングセンターに入ってるのに。


s-IMGP2773.jpg

高知城を訪れる。周りの歩道にバイクや自転車が止まってたのでそこに止めました。
土佐の板垣退助像と共に一枚。


s-IMGP2776.jpg

園内がかなり広く、本丸に行き着くまで結構坂を登ります。疲れた!


s-IMGP2778.jpg

おばちゃんたちに写真を頼まれたので快諾すると、こちらも撮って頂けました。
地元の方なのでしょうか「ハイ、高知~!」と言っていたのがおぉとなりましたw


s-IMGP2780.jpg

時間が押していたので有料の入城はせず、外だけしげしげ眺めてました。
日本のお城って間近で見ると案外ダイナミックな建物です。


s-IMGP2781.jpg

お城のある場所からの眺め。造るのも大変だったんだろうなぁ。


s-IMGP2784.jpg

国宝 高知城の碑はなんと昭和9年のもの。
すごいですがこんなものにも案内板がつくのは時の流れはなんとやらってやつですねぇ。


s-IMGP2785.jpg

こうした門の一つ一つも手厚く保護・修繕がなされています。
別の門が大規模な修繕中だったようで、工事の覆いがされていました。


s-IMGP2789.jpg

展望台のおばちゃんオススメのご飯スポット「ひろめ市場」へやって来ました。
高知城から歩いてすぐの場所にあります。高知城側の道からだと裏側入り口から入る感じ。
地場産品の店を中心に建物内に雑然とたくさんのお店が入っています。
カツオを火で豪快に炙るパフォーマンスをしているお店がいくつかあって楽しい!


s-IMGP2790.jpg

フードコートになっているエリアがあるので「鰹処 ぼっちり」で鰹のタタキ定食を!
高知といえばカツオですよね。色々見て回りましたが定食はここが一番リーズナブルでした。
ニンニクと玉ねぎで頂くプリップリの分厚いタタキは絶品です!パワーの出る昼食でした。


s-IMGP2791.jpg

ひと通り見て回り表口から出ました。店舗ガイドからわかる通り本当にたくさん店があります。
高知県の地の物満載で、高知に来たなら是非寄ることをオススメします。
ただ市場の中は結構混みます。フードコートも相席させてもらいましたが昼時は厳しいかも。
観光客だけでなく修学旅行生のような子たちもたくさんいて、非常に賑わっていました。


s-IMGP2561_20150331230025bcd.jpg

近くの公園で一服ついてルート確認した後はかの有名なツーリングロード、四国カルストへ。
国道440号線を通り地芳峠を抜け、カルストへ行くルートで行きました。田舎なワインディング。


s-IMGP2563_2015033123035017e.jpg

ネットや地図で調べましたが、看板が全く出ないので不安でした。
結構頑張って走って、恐らく地芳峠手前あたりにようやく看板が!嬉しくて撮る。


s-IMGP2564_20150331230600a5b.jpg

しかしここから数十メートル行った所から、なんと冬季閉鎖!!


s-IMGP2565.jpg

引き返して別ルートから行ってみます。田んぼの近くの道です。
しかしここも閉鎖されている・・・こんなのってアリかよorz
もっと手前で告知してくれればいいのに、かなりの距離を無駄にしました。


s-IMGP2566_20150331230927c24.jpg

結局20kmほど山の中を引き返し、交番のおまわりさんに道を聞きました。
天狗高原側の道は規制とは聞いてないし大丈夫じゃないかなということでこちらを攻めます。


s-IMGP2567_2015033123104350f.jpg

山の上の旅館、天狗荘の送迎バンとすれ違ったので確信し進んでいきます。
この道は非常に狭く車同士だとすれ違い困難な箇所が多いです。
畑や林の中をジグザグと登っていくガードレールすらない道で10km程あります。


s-IMGP2568_20150331231243bd5.jpg

山を登りきり、天狗荘を通過して最後の最後のカルストへ入る道で通行止め・・・\(^o^)/
雪が所々積もっており、入り口までどうにか辿り着いてようやく事の次第を理解したのでした。


s-写真 2015-03-14 16 54 20

諦めきれず、ここから先は歩いて見に行くことに。
有名スポットとは思えない細い道の坂を登り、トンネルを抜けます。
基本的に雪や凍結はそこまですごくないのですがトンネル出口はこんなになってました…。


s-IMGP2794.jpg

トンネルを抜けてからも数百メートル歩き、ようやくカルストが見えてきました。


s-IMGP2799.jpg

こんな道を奥のほうまで歩いていきます。山脈が見事にグラデーションになっています。


s-IMGP2800.jpg

牛を飼っているらしき檻やエサかごを時折見かけます。
雪で避難したのでしょうか?しかし牛舎というか建物は付近に一切見当たりませんでした。


s-IMGP2801.jpg

原っぱに岩がゴツゴツ。これがカルスト台地なんですねぇ。
雪のせいで微妙な感じですが、芝の青い時期はまたスゴいんだろうなぁ。


s-IMGP2802.jpg

383号線。ここが四国カルストの道のようです。
こんなに狭くてヘンな所にあるとは思っていませんでしたorz


s-IMGP2805.jpg

冬に行くとこうして痛い目見ます・・・リサーチ不足でした。
でも静まり返った雪のカルストを独り占めできたのはある意味良い経験!?


s-IMGP2808.jpg

積もる所ではかなり雪が積もっていました。


s-IMGP2811.jpg

まっさらな雪が綺麗だったなぁ。まさかこのツーリングでこんなに雪を見るとはw


s-IMGP2812.jpg

トンネル内では排水口から吹き出た水がガッチガチに凍ってスゴいことになってました((((;゜Д゜)))
結局往復3kmほどは歩いたのでしょうか。バイク装備で寒くはなかったですが疲れた・・・。
バイクを止めた場所まで降りて地図をまた見返していると汗が一気に冷えてきました。
こんな山の上で寒いし、道中は長く険しくそして見事に何もありません。時間も遅い。
駆けずり回ったおかげでクタクタだし、走れなかったことによる意気消沈でガックリしてました。


s-写真 2015-03-14 17 47 07

結局「もうゆっくり休んじゃえ!頑張ったよ俺!」とすぐそばの天狗荘に飛び込み宿泊することに。自転車とバイクの人は車庫内に止めさせてもらえました。20台ほどの自転車はどっかの大学の自転車部のツーリング団体とのこと。すげー・・・。


s-写真 2015-03-14 17 51 37

飯のアテも出来てよかった!この宿は高知と愛媛の県境にあるんですねぇ。
ロビーは高知、自分の部屋は愛媛でした。 プランは2食付き学割素泊まり5,000円でした。


s-写真 2015-03-14 17 52 24

奮発しましたが綺麗で居心地の良いお部屋でした。


s-写真 2015-03-14 17 54 40

お部屋からの眺め。夕焼けの山脈がめちゃくちゃ綺麗だった・・・。
そして室内の安心感。帰る所があるのってすごく素晴らしいコトだと思いますよ(ぇ


s-写真 2015-03-14 18 46 41

お風呂は独り占めできました。標高1,485mからの展望浴場。
四万十川の源泉を沸かして使用しているそうです。気持ちよかった~。


s-写真 2015-03-14 19 02 41

夕食は四万十ポークのカツ丼。デフォで大盛りなのが嬉しい。
みそカツラーメンと選ぶことができました。お腹いっぱいになります。


s-写真 2015-03-14 18 58 47

売店には白い恋人のオマージュ「高知の恋人」が・・・(;´∀`)


s-写真 2015-03-14 19 22 45

ロビーにはこの近辺で起きるという、雪塊が斜面を転がってバラの花のようになる「スノーローズ」現象の体験型実物大模型がありました。かなり大きいし雪塊は動かそうとすると重たい!自然っておもしろいよなぁ・・・。
この後、下着は4日分だけだったのでコインランドリーで服と一緒に洗濯しました。
今後のルートを地図見ながら考えつつ、ローカルのテレビを見たりしてから眠りました。


本日の走行距離:320km


続く

広告

| バイク・W650 | 23:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本州から出たことがない自分には想像できないような景色が広がってるんですね(笑)
雪で、通行止めは残念!
しかし途中のアクシデントもまた旅の醍醐味。
いいなぁ〜 旅してぇーな〜
(笑)

| SERIWAZA | 2015/04/01 08:07 | URL |

>SERIWAZAさん
旅たのしいよ!
たしかにアクシデントも少々起きるけど(´;ω;`)

| KEI | 2015/04/01 12:14 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1574-d1147620

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT