PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 6日目

今回は大分-福岡-佐賀-長崎です。
福岡と言えばひだまりスケッチの宮ちゃんの出身地ですねぇムXl ヮ l从

2015年3月16日

s-写真 2015-03-16 7 47 57

鉄輪ゲストハウスでの目覚め。
ご覧の通りかなりアットホームな宿です。大きめの家って感じです。
優しいマスターを中心にみんながここでご飯食べたり団らんしていました。
(寝室は別に用意されています)


s-写真 2015-03-16 8 41 10

この時旅人は自分を合わせて9人くらいはいたとおもいます。
東京から自走で来た高校生チャリダーがすごかったΣ(゚Д゚)
みんなとお別れをして出発。天気は霧がかった曇りでした。


s-写真 2015-03-16 9 54 38

大分県の残り区間を高速でちょろっと通過し、国道10号で福岡入りを果たしました。
宮ちゃん俺だー!!結婚してくれえぇぇぇぇぇぇ!!
10号は広くて走りやすい道ですが、ここを過ぎてしばらくすると1車線になり混みだしました。
写真は休憩した道の駅 しんよしとみ遺跡前にて。わかりづらいですが遺跡跡らしい。


s-写真 2015-03-16 10 42 30

混みだした場所から地図をみて気になってた「みやこ町」に寄り道することに。
宮子!!イン!!福岡!!!(黙
観光まちづくり協会がありましたが残念ながら定休日でした。
一旦間違えて入っちゃったら中でミーティングをしていて、外に出たら観光パンフレットをいっぱい持ってきてくれました。


s-写真 2015-03-16 10 51 56

みやこ町はざっと見た感じ特に何もない田舎の小さな町といった感じでした。
パンフレットによると城跡や古墳、お祭り、桜や菖蒲の花、猪肉などが有名だそう。
写真は八景山自然公園前にあった詳細不明の天平の塔。公園は古墳があるとか。
いつかまた天気が良くて時間のある時にじっくり散策したいです。

ここからまた国道を走り下道行軍です。走りやすい国道を抜けて門司港レトロへ。
途中うしろにくくったウェストバッグが落ちかけてて、後ろの車がクラクションとジェスチャーで教えてくれましたm(_ _)m なお福岡はみんな運転マナーが良くてビックリしました。車線変更などでウィンカー出すタイミングがかなり早いです。バイクなので助かります。


s-IMGP2858.jpg

下関が近い福岡の北九州、門司港レトロです。
明治時代初期に開港し日本の玄関口となっていた非常に歴史ある港です。
ここは明治-大正期の建物が多く残り、観光スポットとなっていました。


s-IMGP2859.jpg

港だけあってすぐそばは海です。オシャンティー!


s-IMGP2860.jpg

バイクを停めた隣の旧門司税関にまずは入ってみました。
明治45年に建てられた門司港のアイコン的建物で資料館になっています。


s-IMGP2863.jpg

入場は無料です。エントランスは吹き抜けで広々としています。


s-IMGP2864.jpg

税関の展示コーナー。
現代の税関で取り締まられた密輸品の例が並んでいます。


s-IMGP2865.jpg

なんかどれもやたらとリアルで作り物には見えません。もしかして本物?((((;゜Д゜)))
他に偽ブランド品から洋書をくり貫いて隠匿された拳銃なんてのまで生々しかったですw


s-IMGP2869.jpg

二階へ上がってみました。
古いこの建物と現代芸術「てんとうむしのベンチ」の組み合わせがなんか良い感じ。


s-IMGP2870.jpg

流石に古いだけあって近代改修はなされていますが、古い部分も所々残っています。


s-IMGP2871.jpg

時を重ねて風合いの良い、古いほうのレンガ壁。


s-IMGP2873.jpg

写真が多すぎてやりませんが、画像加工したらいい感じの絵になりそうです(ぇ


s-IMGP2875.jpg

二次大戦前の昭和初期、ここが税関庁舎として使われていた頃の飾り柵。


s-IMGP2876.jpg

ショーケースの光が写り込んでしまいましたが・・・orz
貴重な戦前期の資料たちです。
絵葉書は写真がまだ珍しかった当時、旅行した証として人気だったそう。


s-IMGP2878.jpg

昭和初期の写真たちもありました。


s-IMGP2877.jpg

s-IMGP2881.jpg

s-IMGP2879.jpg

意外とクルマが走っていたことに驚きました。
門司は一次大戦の大戦景気に湧いて当時はかなり栄えていたみたいですしねぇ。


s-IMGP2880.jpg

門司港絵図。


s-IMGP2882.jpg

当時の鉄骨の製鉄所ロゴが未だに残っています!!


s-IMGP2885_201504232218417ab.jpg

向かいにあった国際友好記念図書館に寄ってみることに。
ここは門司港と交流が盛んだった中国の大連との友好都市締結を記念した建物です。
1902年に大連で建造された東清鉄道汽船事務所を近年になってここに複製建築したとか。


s-IMGP2886.jpg

一階は中華料理屋でした。二階の図書館は定休日orz
しかし階段前に放出図書が無料で配られていました。ほとんど中国語の本でした!
中国語を勉強してる学生の方や中国好きの人は是非行ってみてください。


s-IMGP2888.jpg

北九州水道100周年記念碑。当時の水道を模したものです。
記念碑ながらもちゃんと水道として使えます!


s-IMGP2889.jpg

古い建物は密集というよりエリア内に点在しているという感じです。
新しい建物もいっぱいあります。しかしこんな壁の跡にも歴史を感じられるのはここならでは。


s-IMGP2891.jpg

海峡プラザはお土産屋さんやお食事処がいっぱいでした。


s-IMGP2892.jpg

周辺をぶらぶら歩いてみました。
海上保険の元祖ロイズの代理店とホームリンガー商会(海運)。
共に1800年代から存在する非常に歴史のある企業です。
ホームリンガーはホルムリンガーとして昭和2年の機密書類に名前があったり。


s-IMGP2898.jpg

旧門司三井倶楽部。三井物産の社交クラブとして作られた建物です。
アインシュタインが来日した際に宿泊をしており、彼はここをかなり気に入ったのだとか。
その泊まった部屋は未だに残されており、中で見学ができるみたいでした。


s-IMGP2900.jpg

周辺には近年の町おこしでブームを作っている「焼きカレー」の店がどこにでもあります。
しかし新しい料理より福岡なら豚骨ラーメンだ!と思いさらに歩いて栄町銀天街へ。
一応すぐそばにも1軒ありましたが外国人観光客向けの店でした。


s-IMGP2903.jpg

往時は一番栄えていた商店街とのことですが、今やかなり寂れています。
アーケードの下は暗くて静かで、でも歩いていてどこか落ち着ける雰囲気でした。
脇に見える路地も一々味があって楽しいですw


s-写真 2015-03-16 12 56 11

アーケードを抜けて少しのところにある、太平山 門司港本店へ。
この辺りでは一番評価の高い、昔からあるけど今でも大人気のラーメン屋なんだとか。
ラーメンはとんこつ醤油でした。博多ラーメンと違いますね。
あっさり系で口当たりが良くスープまでグビグビ飲める、美味しいラーメンでした。


s-写真 2015-03-16 13 14 02

せっかくなので焼きカレー分も・・・。
商店街で先に見つけていたパン屋の焼きカレードーナツですww
甘いんだけどスパイシーな香り。そしてほんのり焼いたチーズのようなお味も…。
しっかり甘いので中々カオスな組み合わせですが、意外にイケますよ!お土産に是非。


s-IMGP2904.jpg

大通りを渡って港に戻ります。ここの街並みも所々レトロです。


s-写真 2015-03-16 13 22 22

途中、民家の前に「バナナの叩き売り発祥の地」の碑を発見。
今やマンガ的イメージなバナナ叩き売りですが、へぇーココだったのか・・・と感心。
知っているには知っていますが、自分は実際に見たことはありません。


s-IMGP2905_Fotor.jpg

門司港レトロハイマートとガス灯。ガス灯は夜には実際に点灯するらしいです。
レトロハイマートはタワーマンション(ヘリパッド付き!)で展望台は一般開放だとか。


s-IMGP2907_Fotor.jpg

そろそろ行かねば。さらば門司港!!
ここからはのどかでワインディングも挟む495号線を通って福岡市を目指します。


s-IMGP2911_Fotor.jpg

ツーリングマップルでは「海が見えるよ!」と書いてありましたが、林と田んぼばかりで何も見えませんでしたw いい道でしたけどねぇ。しばらく走ると街にさしかかり海水浴場が見えたのでそこで休憩。宮地浜海水浴場です。


s-IMGP2918.jpg

玄界灘です!走り疲れてもう限界やだ!(黙れ


s-IMGP2915.jpg

浜辺をちょろっと散策して遊んでいました。青々とした海藻がたくさん打ち上げられていました。
バイクに戻るとおばあちゃんとその孫が「バイクすごいねぇ~」ってやってくれてましたw
天気が良かったので父母の代わりに孫と一緒に散歩に来ていたそうです。
お父さんがバイク好きで後ろに子供を乗せるのでこうしてバイクが好きな子になりつつあるのですが、お母さんは危ないからと許せないらしくたまに言い合ってるのよ~なんて話してくれましたw ナンバープレートと満載の荷物についても聞かれたので旅のことを少しお話したら応援していただけましたm(_ _)m
旅って名前すら知らない人間とこうして楽しいコミュニケーションができるからいいですよね。


s-IMGP2585.jpg

福岡市通過。福岡の真ん中の街に一度寄ってみたかったのです。
大都会で夕方の幹線道路は激混み。人もたくさん歩いてます。渋滞でノロノロ進みました。
写真はちょうど中心部。晴れてきた上、都会の熱気で冬装備だとかなり暑かったです。
服は脱げばいいですがグローブは冬用しか持ってきておらず憎かった…w


s-写真 2015-03-16 17 07 49

1時間ほどかかったでしょうか、ようやく中心部を抜けて少しはずれのところに。
とんこつラーメン屋は結構ありましたがここでようやくちょうどいい位の時間に。
福岡にいるからには博多とんこつを食おうと夕飯もラーメンにすることに。一心亭 本店です。


s-写真 2015-03-16 17 11 08

長浜ラーメンとライス大。ライスを頼むと漬物コーナーの漬物が食べ放題です。
ラーメンはキング・オブ・豚骨といった感じ。本場でホンモノを食えて幸せです。
細麺にクリーミーなスープがよく絡みます。強い豚骨の香りがしますが味は思いの外アッサリ。
ツーリングで疲れた体に優しく染みこんできます。替え玉はもちろんバリカタで!

店主さんがバイク乗りでハーレーに乗るらしく、食べ終えると色々お話をしてくれてなんと替え玉代サービスしてくれました!福岡の人たち本当にみんな優しくて嬉しいです(´∀`*)
おすすめツーリングスポットを教えてもらったり、地域版マップルを買おうと書店の位置を聞くとあとで駐車場まで追っかけてきてくれてわざわざスマホの地図で詳しい道を教えてくれたりしました。本当にありがたい!


s-IMGP2919.jpg

国道をいくつか経由して佐賀入り。店主さんオススメの虹の松原です。
マップルでもオススメされており、福岡の人たちにはプチツースポットなんだとか。
江戸時代初期に防風林として5kmに渡って植えられた松の中を駆け抜けていく道です。
もう暗くなりだしていましたが、幻想的なこの道を楽しむことができました。


s-IMGP2923.jpg

なんと昭和4年の観光案内板がそのまま現役で使われていました!!
こんなの初めて見ました・・・。昔からの観光スポットなんですね。


s-IMGP2924.jpg

案内板のところから松原をちょろっと歩いてみました。
見渡す限りの松原ですねぇ。


s-IMGP2925.jpg

歩くと体が傾いてしまうという場所。たしかに感覚狂ってきそうですw
時間のある方は「松原七不思議」を探して楽しむのもいいかもしれません。


s-IMGP2927.jpg

松原を抜けきり、唐津街道の大橋。
このすぐそばのコンビニでコーヒー買って飲みつつ今後どうするか決めました。
佐賀での野宿も考えましたが明後日には雨という予報が心配だったので歩を進めることに。


s-IMGP2928_Fotor.jpg

佐賀県が松原だけだと悲しいので唐津城で写真を撮りました。
駐車場・駐輪場はあるのですがバイクは禁止らしい…なんで!
もうどちらも閉まっていたので関係ありませんでしたがw
ここから50km、佐世保のライハまで最後の一息で頑張りました。


s-写真 2015-03-16 21 09 21

夜にちょろっとだけになってしまいましたが佐賀県をコンプリートし長崎県へ。
今朝のゲストハウスでライダーの旅人と店主さんの間で話題になってた場所へ。
キャンピングカーを改装したライダーハウス佐世保です。隣の民宿でチェックインして案内されました。


s-写真 2015-03-16 20 58 59

店主さん自らの改造によって作られたオリジナルハウスはバイク雑誌に取りあげられたことも。
かなりおもしろい空間です。残念ながらこの日は自分一人だけでしたが・・・。
トイレや水道、風呂は民宿のものをいつでも使わせてもらえます。
民宿の駐車場内にキャンピングカーが設置されてる形なので安心です。


s-写真 2015-03-16 20 59 05

旅ノートに記入し、ゆっくりプラン立てや荷物整理をしてから休みました。
この日の佐世保は星空でした。でも下手なのでカメラで星が全然撮れないんだなぁ。
ちなみにこの日は出発してから2,000km突破日でした。


本日の走行距離:328km


続く


追伸:
写真いっぱい&書きたいことたくさんでいつも更新にかなりの時間がかかってしまいます><
読みやすさやネタの上質化を視野に入れて次回から前編・後編に分けるかも・・・。
広告

| バイク・W650 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1578-03aa877d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT