PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 7日目前編

今回から長くなるものを前後編に分けていきたいと思います。
前編は長崎周遊です。

2015年3月17日

s-写真 2015-03-17 7 51 01

佐世保ライダーハウスにて朝を迎えました。ライハ泊ならぬキャンピングカー泊!?
コイン式エアコンがついていて9時間分は無料サービスでしたし居心地良かったです。
隣の猫バスはたしか女性専用車両だったような。マスターがジブリ好きらしい。


s-写真 2015-03-17 7 51 12

ここがライハ受付、兼ライダー以外の人向けの民宿。
マスターが周辺のことや熊本への渡り方などご親切に色々教えてくれました。
お世話になりました!!ありがとうございましたm(_ _)m


s-IMGP2588_20150425233213891.jpg

佐世保に来たからには佐世保バーガーを食べるのもアリでしたが、朝が早く店が開いていなさそうなのと時間が押しているのとで今回はそのまま通過し長崎市へ。ライハから国道を走って約1時間弱でした。


s-IMGP2930.jpg

平和公園に到着。裏手にバイクを駐輪してすぐのところに平和祈念像がありました。
個人的意見ですがこの像は長崎県のアイコンの一つだと思います。


s-IMGP2931.jpg

原爆ドームで有名な広島市と同じように、かつてここも原爆の爆心地となった場所でした。
恐ろしい原爆・戦争の脅威を後世に伝え、平和を祈るために作られました。


s-IMGP2932.jpg

像は1955年に著名な彫刻家によって造られた巨大なもので、非常にダイナミックです。
モーションの一つ一つに意味が込められていてとても興味深いです(詳しくはWikipediaへ)。


s-IMGP2935.jpg

爆心地のここは刑務所があった場所で、収容者や職員は原爆炸裂時に為す術もなく全員が亡くなったとか。その刑務所の壁の跡が遺構として残っています。


s-IMGP2936.jpg

きれいな園内にはまた、世界各国から寄せられた平和祈念像がたくさん置かれていました。
日本は世界で唯一核兵器による攻撃を受けた国です。とても考えさせられます。


s-IMGP2940_Fotor.jpg

これはたしかイタリアからの像。とても安らかでいい笑顔をしてました。
こうして笑って生きていけるのがどこでも当たり前の世界にしていきたいですね。


s-IMGP2939.jpg

原爆で体の中まで焼けただれ、水を求めてさまよい亡くなっていった人たちへ手向けた噴水。
碑文が非常に生々しいです。これほど残酷なことはもう二度と繰り返してはならないことです。


s-IMGP2937.jpg

虹が架かっていました。


s-IMGP2944.jpg

平和祈念公園からほど近い場所にある長崎水辺の森公園へ移動しました。
ここにバイクを停めて、歩いて長崎市内を散策します。駐輪場がぎっしり!


s-IMGP2943.jpg

名前の通りすぐそばは海です。ちなみにここはかつて出島だった場所です。
鎖国時代の唯一の海外への玄関口をこうして眺めることができました。


s-写真 2015-03-17 10 35 24

ちょっと歩いてグラバー園周辺の観光ストリートへ。


s-IMGP2949.jpg

ひと通りお土産屋さんなどを見て、入り口に近いとこの角煮まんをチョイス。
舌でとろける角煮とほんのり甘いバンズがもんんんんのすごく美味しかった!!
他に比べ値段も安いようだったので、ココの角煮まんはマストバイです。


s-IMGP2945.jpg

どの店もカステラの試食があるのでつまみ食いもしつつ通りを上っていきます。
通りを抜けた上のほうに観光スポットがあります。これは大浦天主堂。日本最古の現存教会。


s-IMGP2946.jpg

ほど近くにグラバー園入り口が。長崎といえばココも有名ですよね。
1800年代に異国の商人たちが構えた屋敷が集まる、日本の国際化の歴史の始まりの地。
ただ歩いて回るのに40分以上かかるとかでフェリーの時間が危ういので泣く泣くパス。


s-IMGP2947.jpg

観光ストリートで見つけたスズキセピア。原付ご当地ナンバーが出島の扇型!
イエロー、ピンクもこの形状でした。シンプルですがおもしろいデザインです。


s-IMGP2950.jpg

坂を降りきったところにある中華料理屋「四海樓」。
角煮まんの店のおばちゃんが教えてくれたのですが、長崎ちゃんぽん発祥の店なんだとか!
まぁただ有名なので昼は激混みになるそうです・・・。


s-IMGP2951.jpg

長崎の路面電車。1914年から運行されている由緒ある民営の交通機関です。
調べると新型車両も運行されているそうですが、この一つ目は大正時代の初代からの伝統のようです。形状は変われどこの現行車両は昭和後期の旧型ボギー車の雰囲気を色濃く残しています。長崎の街並みにとてもマッチしています。鉄道は専門外ですが調べるとおもしろいな…!


s-IMGP2952.jpg

オランダ坂の方までまた別の通りを歩いて行きます。


s-IMGP2970.jpg

この建物は旧長崎英国領事館です。1907年に建てられ創建当時のまま保存されてます!
すごいことですよねぇ。もちろん重要文化財です。レンガ造りってハイカラでこれまた良い。


s-写真 2015-03-17 11 38 01

創業81周年なんてバイク屋がありました!!
日本では最古の部類に入るのでは・・・?


s-IMGP2954.jpg

またベタですが、オランダ坂へやって来ました。
グラバー園などはわんさかしてましたがここは観光客が少なかったです。
というのも後で知ったのですが、有名だけど「ただの坂」なんです!


s-IMGP2955.jpg

東山手十二番館。1868年に建築された明治の初期洋風建築です。
ロシア領事館に始まり用途は転々としており1941年に女学院の所有になります。
戦後の70年代に市に寄贈され、現在は無料の観光施設となっています。


s-IMGP2957.jpg

アメリカ領事館として使われていた時期もあるので恐らくそれを再現した部屋。
年季の入った革製のソファーは実際に座ることができます。


s-IMGP2956.jpg

時計やカメラ、ミニカーなど。当時のモノなのでしょうか。
こういうビンテージもの、自分の部屋にも欲しいです…。


s-IMGP2958.jpg

資料コーナー。


s-IMGP2959.jpg

廊下。


s-IMGP2964.jpg

暖炉。


s-IMGP2962.jpg

往時の雰囲気を感じることができる部屋。


s-IMGP2965.jpg

オランダ坂の入場できる観光施設といえばここくらいしかありませんでしたが、歴史を感じられるここはかなりオススメです。あとは周りに点在する古い建物の雰囲気を味わうというのがオランダ坂の楽しみ方でしょうか。


s-IMGP2966.jpg

あとは病院や女子大などがありました。


s-IMGP2971.jpg

公園に戻ると三菱重工業 長崎造船所が見えました!あれは軍艦!?
ちなみにここの港からは軍艦島行きの船が出ていました。いつか行ってみたい。


続く
広告

| バイク・W650 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1580-958d64c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT