PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 10日目前編

今回は沖縄北部編。

2015年3月20日

s-IMGP2595.jpg

晴れない天気に最後まで目的地を迷いつつ、とりあえず北端を目指す。
沖縄本島をグルっと一周していきます。


s-IMGP3021.jpg

宿泊先「ボーダー」のバルコニーからは熱帯植物や沖縄らしい家屋が見えました。


s-写真 2015-03-20 8 03 43

朝食は沖縄ローカル、ぐしけんパンの復刻ピーナツパンとさんぴん茶。
さんぴん茶は沖縄のジャスミンティーで、本当にどこにでも売っています。


s-写真 2015-03-20 8 56 55

ワルミ大橋を通り、イチオシツーリングスポットの古宇利大橋へ!


s-IMGP3023_Fotor.jpg

島へ一直線に伸びていく橋は全長およそ2kmで大迫力!


s-IMGP3028_Fotor.jpg

島へ渡ってすぐの所にある古宇利ふれあい広場の海岸から。
突き抜けて青い海と真っ白な砂浜に大興奮。


s-IMGP3034_Fotor.jpg

日本離れした南国的美しさの海で、いよいよ沖縄へ来た実感が強くなってきました。


s-IMGP3036.jpg

ふれあい広場の風景。休憩所の屋根が沖縄らしい瓦製。


s-IMGP3037.jpg

ここは道の駅的施設も兼ねており、売店やトイレ、コインシャワー等が使えます。


s-IMGP3038_Fotor.jpg

島はすぐ一周できるというので一周してきました。本当にすぐでした。
畑が多い小さな島です。時間があれば徒歩で散策するのもアリかも。


s-IMGP3040_Fotor.jpg

ここからルート58(国道58号線)に乗って北を目指します。
レンズにゴミがついちゃってますね・・・orz フォトショがあれば消せるのに・・・。


s-IMGP3042_Fotor.jpg

ちょっとそれてやんばる(沖縄北部)の大自然スポット、ター滝へ。
一応看板がありますが道が狭くて分かりづらいです。行き過ぎたら通行止めでした。


s-IMGP3043_Fotor.jpg

路肩に砂利道の駐車帯が設けられているのでそこにバイクを停めて。
熱帯植物の生い茂る森の中の川をザブザブと進んでいきます。


s-IMGP3044_Fotor.jpg

ズボンをまくってサンダルで進んでいたのですが、途中のここで腰まで水位あるぞ!?
ということでこの地点で探索終了。滝まで行き着くには海パン必須と分かりました。


s-IMGP3045_Fotor.jpg

一度岩の苔ですっ転んで携帯と一眼を水没させましたが、それぞれ防水仕様で助かった…。
涼しい森の中の程よく冷たい川を散歩できるリフレッシュコースでした。


s-IMGP3047.jpg

58号線に戻り、道の駅 ゆいゆい国頭で休憩。
沖縄のクルマはみんなすごくのんびりしてます!9割の人はたとえ大きな国道だろうと制限速度の看板の数字をピッタリ守って安全運転しています。これは沖縄本島全域でそうでした。


s-IMGP3048.jpg

お土産が豊富で楽しいです。大きなヤンバルクイナのぬいぐるみもいました。
ここでI♥OKINAWAステッカーを購入し風防に貼り付けました。


CAgWSzJVIAAFtO1.jpg

サーターアンダギーとさんぴん茶!サーターアンダギーは一つ100円。
わりと色んな所で安価で購入できるボール状のドーナツです。食べごたえあって美味!


s-IMGP3049_Fotor.jpg

北の方のルート58はわりと辺鄙なシーサイドラインとなっています。


s-IMGP3051.jpg

ここで後ろを振り向くと白バイの大編隊が!!道を譲りました。


s-IMGP3053_Fotor.jpg

道の向かいには古い沖縄家屋が並んでいました。
漫画みたいに赤い屋根が並ぶ光景は結局目にすることができなかったなぁ…。


s-IMGP3058_Fotor.jpg

沖縄最北端、辺戸岬までやって来ました。


s-IMGP3059_Fotor.jpg

駐車場はこんな感じ。軽食屋もありました。


s-IMGP3060_Fotor.jpg

さっきの白バイ編隊だ!みんなの写真撮影に応じていました。
辺戸岬はツーリングスポットとして有名所なので、もしかしてみんなでツーリング…?w


s-IMGP3061_Fotor.jpg

歩いて周辺を見て回ることができます。何気にカルストだ!


s-IMGP3062_Fotor.jpg

地面を這うように枝を張っていた植物。


s-IMGP3063_Fotor.jpg

強そうな仏像(?)が海を背に睨みを効かせていました。


s-IMGP3064_Fotor.jpg

雄大な自然を感じて。


s-IMGP3065_Fotor.jpg

盛り上がった岩々が大迫力です。


s-IMGP3066_Fotor.jpg

琉球鐘鬼門の碑。
埋め込まれた水晶から風水的な何か?という推測があるだけで素性不明です。


s-IMGP3067_Fotor.jpg

地形の変化もさることながら、色んな物が設置されていて探索がおもしろいです。


s-IMGP3069_Fotor.jpg

祖国復帰闘争碑。
1970年代までアメリカ領でしたもんねぇ…。


s-IMGP3068_Fotor.jpg

石碑の所から見た海。


s-IMGP3072_Fotor.jpg

ここの駐車場で京都からクロスカブで来た旅人と知り合い、後に行動を共にすることに…。


s-IMGP3073_Fotor.jpg

駐車場から出てすぐの所の景色も中々です!


s-IMGP3074_Fotor.jpg

W6で突っ込む勇気はありませんが、オフ車だと楽しそうな脇道たちも。


s-IMGP3076_Fotor.jpg

ヤンバルクイナのとびだし注意看板が!


s-写真 2015-03-20 12 19 47

ヤンバルクイナの「ロードキル」というワードは所々で目にします。
絶滅危惧種として保護されているヤンバルクイナが轢かれるのは大きな損失だそう。


s-IMGP3077_Fotor.jpg

奥共同売店へ。共同売店は日用品を食料から釣具まで広く扱う商店です。
沖縄中に点在しておりローカルな雰囲気を楽しむことが出来ます。


s-IMGP3078_Fotor.jpg

食料品は缶詰やインスタントなどが中心でした。虫除けスプレーを買って昼飯を食べれる場所は無いか聞くと、歩いてすぐの向かいにある「奥交流館 ヤンバルの里」をオススメされそこへ。


s-IMGP3079_Fotor.jpg

民具資料館が中心で、レストランが併設されています。
このレストランのテラスから見えたのはパークゴルフ場でした。


s-IMGP3080_Fotor.jpg

いのぶたそば(700円)を注文。イノシシと豚の交雑種の肉を使った沖縄そばです。
野菜炒めがこんもり乗っておりボリューム満点、そして濃い味でウマい!さらに小鉢と漬物付き。コーレーグス(泡盛に島とうがらしをつけた辛味調味料)をちょろっとかければ芳醇な香りになり、二度楽しめます。沖縄そばにコーレーグスは必須!と言い切れるくらいにハマってしまいました。酔うほどアルコールは入っていませんし、絶対に試しましょう。


s-IMGP3082_Fotor.jpg

近所の住宅街もいい雰囲気。塀にはドラえもんやトトロが・・・w
共同売店はガソリンスタンドも兼ねていたので給油をして出発。この辺りから58号→70号に。
沖縄最長の県道ながら信号が1つしかない、やんばるの大自然ロードに挑みます。


続く
広告

| バイク・W650 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1587-e4fa0c86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT