PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 12日目後編

今回は中頭郡(なかがみぐん)-読谷村(よみたんそん)です。

2015年3月22日

s-IMGP3344_Fotor.jpg

混みあうルート58を抜けて那覇から中頭郡までやって来ました。
日曜なだけあって結構な渋滞でしたが、街を抜け出ると所々アメリカンな雰囲気で爽快。
広大な米軍基地に混じってアメリカンな飲食店や雑貨屋が点在しています。
値段がドル表記の中古車屋まで見かけました@@; そして着いたはアメリカンビレッジ!


s-IMGP3347_Fotor.jpg

美浜アメリカンビレッジです。ショッピング施設が集まる非常に広大なシティリゾートです。


s-IMGP3345_Fotor.jpg

とりあえず近かったドラゴンパレスに入ってみました。
店内は雑貨屋や服屋などが入り、案外日本的なショッピングモール。


s-IMGP3346_Fotor.jpg

隣のカーニバルパークミハマで、沖縄食堂 アンマー亭へ。
本場で食ってみたかったゴーヤチャンプルーを食す!
程よい苦味のゴーヤと微かに甘いSPAMがとろけあう!

あまり時間がなかったので食べ終わったらすぐ退散。
自分が見れた手前の方には想像よりアメリカンな店はありませんでした。
時間とお金に余裕があれば、広大なモールの眺め自体を観光しつつショッピングに興じるというのが一番の楽しみ方なのでしょう。ビーチが近いしちゃんと見て回れば丸一日かかるかも。


s-IMGP3348_Fotor.jpg

お次は道の駅かでなで休憩です。嘉手納基地のすぐ前にあります。
この近辺の基地に挟まれた58号は流れがよく、ヤシの木がたくさん植えられていて楽しい!


s-IMGP3349_Fotor.jpg

さらにここには無料の展望台があり、嘉手納基地を一望できます!!


s-IMGP3350_Fotor.jpg

沖縄でも屈指の大きさの基地で、ここでアラスカからフィリピンまでカバーできるとか。
ベトナム戦争でもここから出撃した飛行機が戦闘に参加したのだとか。


s-IMGP3351_Fotor.jpg

ほぼ完全に180度の景色が基地です。
輸送機などが動く様子まで見れて得した気分♪


s-IMGP3352_Fotor.jpg

さらにさらに、こちらも無料の学習展示室!鉄柵など演出が気合入ってます!
嘉手納基地を中心にした、ここ嘉手納の歴史の資料を見ることができます。


s-IMGP3353_Fotor.jpg

戦前の嘉手納の街の模型。のどかだ(´∀`*)


s-IMGP3354_Fotor.jpg

子供向けの不発弾への注意喚起のポスターを見かけました。
戦争で使われた爆弾・砲弾……本土戦のあった沖縄では特に顕著なのでしょう。


s-IMGP3355_Fotor.jpg

読谷補助飛行場跡へ。かつての日本軍の飛行場を走れる道路だったそう。
未だマップルに名前が残っていますが、再開発のためもう面影がなくなっていました・・・。
もしかしたら少しかつてを匂わす場所があるかもしれませんが、観光情報が出てこなかった。


s-IMGP3356_Fotor.jpg

もう少し走り、沖縄ベースの兄さんオススメの絶景スポットの残波岬へ。


s-IMGP3357_Fotor.jpg

カルスト台地と南国的植生のハーモニー。


s-写真 2015-03-22 16 13 39_Fotor

近くに潮吹穴が。男の子ならときめいちゃいそうな名前ですね(コラ


s-IMGP3358_Fotor.jpg

金網が敷いてある穴が恐らくそれ。
見ただけでは分かりませんでしたが、本当に潮を吹くのかな?オラッ、イかせてやるぞ(*´Д`)


s-IMGP3360_Fotor.jpg

連なった崖の上。潮風がよく通って気持ちいいです。


s-IMGP3362_Fotor.jpg

反対側には灯台を望みます。


s-IMGP3366_Fotor.jpg

泰期(たいき)の銅像。商売の神様と呼ばれた人物なのだとか。


s-IMGP3367_Fotor.jpg

日本で国際的交易がまだ一般的ではなかった1300年代、中国に幾度も渡った琉球人。
指差すのは中国福建省への方向。荒れた海に立ち向かい続ける夢と希望、いいですねぇ。


s-IMGP3368_Fotor.jpg

灯台があったら上ってみたくなるのが男です(ぇ
入場券200円を購入し上ります。夕方でしたが受付時間ギリギリでした。


s-IMGP3369_Fotor.jpg

沖縄一高い灯台で上るのは一苦労でした。
灯台の上からカルストの浜辺を見下ろします。


s-IMGP3372_Fotor.jpg

綺麗な砂浜のイメージが強い沖縄ですが、こうした荒々しい岩場もあるんですねぇ。


s-IMGP3374_Fotor.jpg

周辺の遊歩道。こうして見ると写真撮るのに結構歩いたな…。


s-IMGP3375_Fotor.jpg

近くには残波岬いこいの広場が。ここの駐車場に停めて岬まで行きました。
駐車場でいろんな人が話しかけてくれたなぁ・・・。


s-IMGP3371_Fotor.jpg

灯台は沖縄返還後の1974年から海を照らし続けています。


s-IMGP3377_Fotor.jpg

下に降り、いこいの広場まで歩いていきます。
ミニパイナップルみたいなの発見!


s-IMGP3378_Fotor.jpg

広場には動物ふれあいコーナーが。ヤギにエサをあげることができます。
また敷地内にはレストラン、BBQ場、サッカー・テニス場などがあります。


s-IMGP3381_Fotor.jpg

向かいの海岸は遺跡のような構造物が並んでいました・・・!


s-IMGP3382_Fotor.jpg

振り向くと残波大獅子が。高さ7mの日本一大きなシーサーなんだとか。


s-IMGP3383_Fotor.jpg

ほんの少しだけ移動して残波ビーチでひとやすみ。
バイクに乗って行ったらハーレーの米兵さんが会釈してくれましたヾ(*´∀`*)ノ
日曜だからかYナンバーのスポーツカーやSSもたくさん走ってました。


s-IMGP3384_Fotor.jpg

浜辺でも米兵さんが多く寛いでいました。
海水浴場としてのビーチでもあり、残念ながらキャンプは禁止。


s-IMGP3389_Fotor.jpg

浜辺キャンプをまたしたくて、北へ適当に走っていて見つけた良さ気な公園。
宇加地近隣公園です。情報が乏しいですが後で調べたらちょうど隠れビーチなんだとか!
芝生が刈られていますが、水道の蛇口が無かったりベンチや屋根が壊れたままの謎公園。
街灯も点かず、でもトイレは流れます。駐車場はロープが張られているのでバイクは歩道へ。


s-IMGP3390_Fotor.jpg

地元住民らしき人たちが数組、釣りをしたり散歩をしたりしていました。
日が暮れるにつれてだんだん人足が遠のき、ついには自分一人に。


s-IMGP3391_Fotor.jpg

小さいですがまさにプライベートビーチ状態!!


s-IMGP3397_Fotor.jpg

水も透き通っていてキレイです。


s-写真 2015-03-22 18 09 57_Fotor

ここで前編で購入した米軍ハンモックを使ってみることに。ハンディサイズ!


s-IMGP3399_Fotor.jpg

テントも設営しちゃって、気分は最高ですヾ(*´∀`*)ノ


s-写真 2015-03-22 18 20 38_Fotor

南国のビーチでキャンプでハンモック。最高に贅沢なひとときを過ごしました。


s-IMGP3401_Fotor.jpg

この日も夕焼けが綺麗だった・・・。
浜辺の岩陰にテントを張ったのですが時間が経つにつれ波が高くなってきました。
よく見ると岩も波で削れてるようだったのでこれはいかんなと思い上の公園に撤収。
読みは当たって翌朝同じ所を見ると見事に濡れていました。水没せず助かった・・・。


s-写真 2015-03-22 18 58 37_Fotor

この公園に寄る前に若干先にある売店で買った食料で夕飯。
カップ沖縄そば、黒糖ポーポー、うっちん茶です。
カップそばはマルちゃんの沖縄限定品。麺はカップうどんのようですが、紅しょうがや具が良くできており、いいダシ出てて非常に美味でした。これお土産にいいかも。ポーポーは薄いホットケーキを巻いたような伝統菓子。優しい味で食べやすく、黒糖の後を引く甘さがウマい!うっちん茶は・・・うこんのお茶なのですがおばあちゃんちみたいな匂いがしました(ぁ

風がすごく強くなってきて火をつけるのに一苦労でした。
飛ばされそうなテントも物陰に移し、地図を読んだりして就寝。


本日の走行距離:74km


続く

広告

| バイク・W650 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1593-c26657bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT