PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジープの機能美展2014

過去ネタ消化です。ちょうど一年程前に埼玉県入間市でのイベントに参加してきました。
なお今年、2015年はイベント中止だそうです・・・。

s-写真 2014-06-06 10 12 26

博物館のギャラリーを使って行われた無料の展示会です。
ビンテージ軍用四輪駆動車を中心としたワクワクするイベントでした。
当時は雨が降る中、ジムニーで行ってきました。


s-写真 2014-06-06 10 08 41

「ジープ」といえばこの丸目に縦スリットのフロントマスク。
ジェリカン等と組み合わせて看板になっていました。


s-写真 2014-06-06 10 10 42

アンケート入れは弾薬箱、ペン立てはデスビキャップ。
演出がいちいちニクくてワクワクします><


s-写真 2014-06-06 10 10 55

相田みつを風に書かれたオールド四駆乗り哀愁の詩。
「全治五年 運用二年」「長距離(しゅらば)」など、笑っちゃいますww


s-写真 2014-06-06 10 13 39

スイス軍/スゥエーデン軍の軍用自転車なんてのまで。


s-写真 2014-06-06 10 13 52

いつの年代のものかは分かりませんが、相当古そうです。カッコいいなぁ。


s-写真 2014-06-06 10 14 44

終戦直後、進駐軍の空き缶を使って作られたというブリキのジープ。
戦後日本の玩具製造の先駆けです。こんなに貴重なものまで保存されていたとは・・・。


s-写真 2014-06-06 10 15 09

こちらはトヨタ・ジープBJのハンドメイドモデル。
ギアBOX、トランスファー、デフ、電装品、工具までもが機能を持って再現されてるのだとか!


s-写真 2014-06-06 10 17 15

アメリカンバンタムのプラモデルとその制作資料。
これはかつてジープが開発される際、米軍のコンペで一番初めに名乗りを上げたメーカーなのだとか。ただ零細企業で大量生産には応えられないとウィリスに全データを含め引導を渡してしまった悲劇のジープなのです。現在僅かに現存しておりマニアに保護されている幻の車です。


s-写真 2014-06-06 10 18 05

機能美展のジオラマ。展示内容が違うので別の回の時のものでしょうか?
かなり精巧で、つい見入ってしまいます。


s-写真 2014-06-06 10 18 30

英国の王立戦争博物館所蔵というWWⅡ前後のジープの写真たち。
白黒ながらもたくましくて頼もしい様子が伝わってきます。


s-写真 2014-06-06 10 21 56

さて、いよいよ展示車両の紹介です。
AM General M151A2。1970年頃のものみたいです。


s-写真 2014-06-06 10 21 37

レストア中なのかバラバラ状態です。
写真から見て取れる通り、このジープはラダーフレームでは無くモノコックフレームです!


s-写真 2014-06-06 10 22 27

Steyr-Daimler-Puch HAFLINGER 703AP。
オーストリアのプフによる小型四駆です。こちらも70年代頃?


s-写真 2014-06-06 10 23 56

サイズ的には軽トラのようなものです。
エンジンは空冷650ccというのでひょっとしたら軽登録ワンチャンあり?


s-写真 2014-06-06 10 23 04

ドイツ語のプレートがカッコいい。
調べるとレストア済みの703APは350万円の値段がついていました。


s-写真 2014-06-06 10 25 32

Jeep WILLYS MB 1942。ついに来ました!二次大戦期ウィリス!!


s-写真 2014-06-06 10 27 30

70年以上前の軍用車がこうして残っていることってものすごいことですよね。


s-写真 2014-06-06 10 28 27

シンプルなコクピット。MAX SPEED 40MPH(約64km/h)の文字が泣かす。


s-写真 2014-06-06 10 51 57

オーナーに頼んでエンジンルームを見せてもらうことができました!!
クルマとしての基本的な部分は70年経った現在も変わっていません。


s-写真 2014-06-06 10 52 58

エンジンフードはこんな具合でフロントに立てかけます。
ちなみにワイパーは手動式だったり。かっちょいいなぁ。


s-写真 2014-06-06 10 30 37

こちらは同じウィリスMBの1945年モデル。マスクが大きく変わっています。
ストライクウィッチーズに出てきたのはこの辺りでしょうか(*´Д`)


s-写真 2014-06-06 10 31 40

先程のものに比べるとデカールが少なくよりシンプルな印象。
比較してみると基本的にはそう変わりはない模様ですが。


s-写真 2014-06-06 10 33 18

ウィンカーは後付け?当時物?


s-写真 2014-06-06 10 34 29

シートは鉄パイプに座布団を組み合わせたようで非常にシンプル。


s-写真 2014-06-06 10 35 48

このコーションプレート、とてもカッコ良くてジムニーでも真似したかったなぁ。


s-写真 2014-06-06 11 06 48

こちらもボンネットの中を拝見。
ヘッドライトを回転させてEgルーム内を照らすことができるようになっていたりします。


s-写真 2014-06-06 11 08 41

旧モデルと基本的には同じみたいでしたがこちらには赤いプラグカバーがついていました。
WWⅡジープは死ぬ前に一度くらいは運転してみたいクルマです。


s-写真 2014-06-06 10 36 52

Jeep WILLYS CJ-3A 1951。
戦後の1949年に産まれた民間型ジープです。


s-写真 2014-06-06 10 37 28

三菱によりライセンス生産されたものと同型なんだとか。
ハンドルのセンターカバーがついたりして柔らかい印象に。


s-写真 2014-06-06 10 37 46

軍用型に比べ多少は洗練されていますが、それでもジープらしいカッコよさは濃厚です。
4WHEEL DRIVEのデカールや単眼のテールレンズが旧車的でシブい!


s-写真 2014-06-06 10 38 20

オートジャンクション(四駆旧車を中心としたレストア会社)所蔵の農業発動機。
今で言う汎用エンジンの走りで、戦前に広く使われていたものだそうです。
カルイというメーカーのものでなんと大正時代のものなんだとか!実働らしいです@@;


s-写真 2014-06-06 10 43 20

実用自転車 ゼブラ號。恐らく50-60年代のもの。
保護用紙がついたままのデッドストック新品@@;


s-写真 2014-06-06 10 43 56

リアかごの「痛み止め サロメチール」は1921年から現代に至るまで販売されています。


s-写真 2014-06-06 10 44 12

日本内燃機 くろがね3/4頓積KE3型 1958。
戦後の日本を支えた三輪自動車の一つです!


s-写真 2014-06-06 10 44 24

バーハンドルとタンクを挟む形のコクピット。ほぼバイクですね。
エンジンはなんと縦置きVツインです。


s-写真 2014-06-06 10 45 50

おふざけで張られている排出ガスのパロディステッカーから、普段使いにも使われている雰囲気が漂っています。こんなに古く国産車ながらほとんど情報のない車種なのにすごいです。


s-写真 2014-06-06 10 46 36

最も注目を集めていたのは同メーカー 日本内燃機 九五式小型乗用自動車 「くろがね四起」。
かつて日本軍により使われていた国産四駆で、キューベルワーゲンやジープに先駆けて開発されていたという軍用車です。


s-写真 2014-06-06 10 46 11

今まで世界に3台のみ現存するとされていましたが、これは2013年に京都で発見されたという4台目です。すごい状態ですが、現在コレはクラウドファンディングによりフルレストアが実施されています。こんな状態でも美しいラインを保っているのもすごい。


s-写真 2014-06-06 10 47 22

エンジンはシンプルな空冷Vツイン。冷却水を用いないことにより寒冷地でも信頼性を向上。
BF1943で乗り回していたり、スト魔女に出てきたりこちらも創作では馴染み深いクルマです。


s-写真 2014-06-06 10 49 10

朽ち果てた内装。フルレストア大変だろうなぁ・・・。
それでも歴史的に見て非常に貴重な自動車であることには変わりありません。
カンパはすでに終了しています。再び日本を走れる日を楽しみにしています。


s-写真 2014-06-06 10 54 13

これはオリジナル?レストア品?オートジャンクション所蔵、ウィリスジープの子供用乗り物。


s-写真 2014-06-06 11 25 52

最後は駐車場にいたスズキキャリイのカスタム車。よく見るとマライア・キャリーww

無料のイベントですが非常に濃く、楽しい空間でした。
特に自分にとっては二次大戦期のジープを2台も見れたのがシビレました。
運良くレストア前のくろがね四起を見れたのも幸運でしたねぇ。
来年、再び開催されることを願っています♪
広告

| クルマネタ | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1601-1856865c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT