PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 15日目

今回は鹿児島県-愛媛県です。

2015年3月25日

s-写真 2015-03-25 9 19 17_Fotor

朝九時前に鹿児島新港にフェリーで到着。沖縄からの長い船旅が終わりました。
しかし程なくして約3km離れた桜島フェリーターミナルに移動し、再び乗船します。
今回はせっかくの鹿児島を、桜島に渡って周遊して楽しんでいこうと思います。


s-IMGP3528_Fotor.jpg

鹿児島を象徴する桜島。噴火活動が活発なことで有名ですね。
現在は島ではなく地続きなのですが、鹿児島市内からはフェリーで効率よく渡れます。
およそ15分間、125-750ccのバイクの航送費と大人の運賃合わせて片道490円です♪


s-写真 2015-03-25 9 47 44_Fotor

精算は桜島港の料金所での後払いでした。
港を出てすぐの所に道の駅「桜島」 火の島めぐみ館がありました。
桜島大根を販売しているせいか、外がめっちゃ大根臭い・・・w


s-写真 2015-03-25 9 49 55_Fotor

店内には・・・白い恋人パロディ再び。「鹿児島の恋人」ですw 
高知県にも似たようなのがありました。ひょっとしたら全国にあるのかも・・・?


s-写真 2015-03-25 9 54 57_Fotor

せっかくなので名産を食べようと思い、午前のおやつに桜島小みかんソフトクリームを。
桜島の火山灰土壌で生産されている、ギネス認定されている世界一小さいみかんを使用。
ほどよく甘酸っぱく、硬めのソフトでおかわりしたいくらいウマかったです。オススメ!


s-IMGP3529_Fotor.jpg

一旦狭い26号線に入り、ツイスティなワインディングを抜けて湯之平展望所へ。
ワインディングは楽しいですが、火山灰が所々積もっているため加速は注意。


s-IMGP3532_Fotor.jpg

展望台・展示施設は全て無料です。おみやげ屋さんもありました。


s-IMGP3533_Fotor.jpg

鹿児島市街と桜島を往復するフェリーを臨む。
見終えて帰る頃、ツーリンググループや観光バスがいっぱい来ていました。


s-IMGP3535_Fotor.jpg

国道224号線、桜島溶岩道路に戻って東のほうへ走っていきます。
このようにときたま避難壕や溶岩壁があります。


s-IMGP3536_Fotor.jpg

しかし民家や商店も多く、マップルに乗っていたような開けた道路という感じはありませんでした。
この辺ではもう火山は見えません。展望所から降りて途中から接続したのがいけなかったか?


s-IMGP3537_Fotor.jpg

しばらく進むと海越しに火山がよく見える場所が。道の駅たるみずの近くです。


s-IMGP3540_Fotor.jpg

そのまま道の駅で休憩。これは全長60mと日本最長クラスの足湯。
桜島を眺めながら浸かることができます。


s-IMGP3541_Fotor.jpg

売店は地場産品やお弁当が豊富。カツとじ弁当と地元のお茶を購入。
裏手には堤防沿いにベンチがあるので、桜島を眺めながらお昼ごはんを食べられました。


s-写真 2015-03-25 11 12 36_Fotor

この「ハイ!どうぞ」の缶詰はレジで100円で売られていて友人へのお土産に衝動買い。
桜島の火山灰が詰まっているだけというユニーク缶詰です。


s-IMGP3544_Fotor.jpg

s-IMGP3545_Fotor.jpg

s-IMGP3546_Fotor.jpg

お弁当を食べ終わって引き返そうとした時、なんと偶然噴火しました!!
モワモワ~と噴煙が上がっています。桜島に来て生噴火を見れたって運が良くないですか!?


s-IMGP3547_Fotor.jpg

しばらく220号を走ってからマップルのおすすめルート、479号の峠道へ。
結構クネクネですが交通量が少なく走りやすい道でした。
写真は撮りそびれましたが麓近くの公園や林の合間からは桜島を臨めます。


s-IMGP3548_Fotor.jpg

沖縄と比べて寒波の影響か、本土は少し寒さを感じつつ走ります。
国道10号線で淡々と宮崎方面へ。道の駅すえよしの向かいのセブンで休憩。
ここのセブンはなんと鹿児島一号店のうちの一つなんだとか。


s-写真 2015-03-25 13 09 51_Fotor

宮崎入りをしてから高速道路に入ります。写真は宮崎PAにて。
このあたりのSA,PAはやはり小規模なものが多く、ここは「宮崎」ながらもトイレしかないです。
高速は全線開通したばかりのようで、ナビの指示に従ってしまうと度々降ろされてしまいます。
開通区間は無料だったのが救いでしたが・・・。それにしても宮崎県は広い・・・。


s-写真 2015-03-25 14 56 16_Fotor

一旦高速を降りて、道の駅 北川はゆまで休憩。周辺は綺麗な田園風景!
隣の三台の自転車は後から来た元気な小学生トリオの愛車。道の駅に遊びに来るんだなぁ…。
おみやげコーナーでは宮崎県人のチキン南蛮への情熱を垣間見ることにw
真空パックのものから、チキン南蛮専用ビールなんてものまで売っていました。


s-写真 2015-03-25 14 57 10_Fotor

おやつに宮崎銘菓 チーズ饅頭をぱくり。
想像以上にしょっぱいチーズの風味が強く、好みが分かれそう。自分は好きな味だな!


s-写真 2015-03-25 15 46 48_Fotor

再び高速へ。しかしスタンドも無くガス欠寸前で降りたICは何もない山道で、数十キロ走ってやっとこさフルサービスの小さなスタンドを見つけて給油しました。おばあちゃんが働いており、荷物満載のバイクを見て色々喋りかけてくれました。本当に何もないところでしたがのんびりとした時間の流れる場所で、給油後はなんだか優しい気持ちで走れました。


s-写真 2015-03-25 16 43 03_Fotor

再度高速に復帰して、そのまま大分県の道の駅さがのせきまでワープ。
今日中に四国に渡りたかったためちょっと急ぎ足で来ました。


s-写真 2015-03-25 16 51 56_Fotor

フェリー乗船まで多少の余裕が生まれたため、道の駅で夕飯を買って裏の海で食べることに。
売店の営業時間は17時までと短いので注意を。
う~ん、しかし本土の海も綺麗だ。ここの道の駅には展望台もあります。


s-写真 2015-03-25 16 54 19_Fotor

ちょうど閉店間際だったので売店の惣菜のほとんどに半額シールが!早めの晩餐に。
とりめし、あじコロッケ、いも天。これら全てをなんと210円で購入。ホクホクな夕飯でした。


s-写真 2015-03-25 17 34 23_Fotor

佐賀関港 フェリー乗り場へ。手早く乗船手続きを済ませて乗船。
今回の旅でフェリーは効率がよく敷居もそんなに高くないものだと気づけました。


s-写真 2015-03-25 18 11 01_Fotor

さらば九州!!


s-写真 2015-03-25 18 16 11_Fotor

この後は愛媛県佐田岬に到着。メロディーラインを通って道の駅伊方きらら館へ。
距離を伸ばそうと思っていましたがもうすでに周囲は暗く、泊まれそうな場所もない。
地図を見てるとキャンピングカーのオジサマが話しかけてきてくれました。
曰く「ここは静かだしいいよ、泊まってきなよ!」とチキンラーメンを作ってくれました。
折角なのでこの道の駅でキャンプすることに。とても広い軒先にテントを設営しました。
奥の方には同じことしてるリトルカブの旅人もいました。なんか安心(´∀`*)
オジサマとは何度も話し、名刺を頂いてしまいました。なんととある会社の社主さんで、現役を退いてから奥さんとキャンピングカーで日本中を旅して回っているのだとか。いいなぁ。

夜は静かで、月と星が綺麗でした。
しかし後ほどアイドリングしたまま寝るトラックや騒ぐ地元DQNが出入りしてましたorz
「なんかあったら助けるから呼ぶんだよ!」と言うオジサマが心強かった・・・。


本日の走行距離:374km


続く

広告

| バイク・W650 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1603-504118bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT