PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国・九州・沖縄ツー 16日目後編

今回は香川県-京都府です。
香川のうどんを食べ、徳島のドイツ館を見学し、帰路につきます。

2015年3月26日

s-IMGP3588_Fotor.jpg

金毘羅さんの参道沿いにある、イチオシのうどん屋へやってきました。
白い壁の建物が2店並んでいますが寄ったのは奥のこんぴらうどん本店です。
元旅館で築100年以上の登録有形文化財である非常に古い建物を利用しています。
手前の店の建物も恐らく同じくらい古いです。すごくいい雰囲気だったのでパチリ。


s-IMGP3590_Fotor.jpg

こちらがこんぴらうどん本店。人気店で昼時だったので多少並びました。


s-IMGP3592_Fotor.jpg

なんと、アニメちびまる子ちゃんの聖地らしいです!詳細はお店のHPで。


s-IMGP3595_Fotor.jpg

列がはけてきました。いよいよ入店です。


s-IMGP3596_Fotor.jpg

店内。ちなみにこんぴらさんの麓に店を構えて65年という老舗です。


s-IMGP3597_Fotor.jpg

一番シンプルなかけうどんを注文。熱々のかけ汁ですが麺はしっとりもっちり食感、かつ非常に強いコシをずっと失わずに保ち続けており、優しい小麦の甘味が後を引きました。シンプルな料理なのにここまでウマくなるの!?と心の底からビックリしました。香川のうどんはマジですね。


s-IMGP3599_Fotor.jpg

食後にとなりの本家とらやの写真を撮る。うどんと蕎麦の店です。
こちらも元旅館で、皇室御用達だったのだとか@@;


s-IMGP3600_Fotor.jpg

向かいの別館にその名残が残っています。江戸時代から続く由緒ある旅館だったそう。
こうしたものがメインの観光地とはまた別で残ってそこにあるのは素敵だなと思いました。


s-IMGP2599_Fotor.jpg

そのまま国道をひた走り、県庁所在地の高松市へ。結構都会で交通量多し。


s-IMGP3601_Fotor.jpg

四国在住の方にオススメされたサンポート高松です。港を中心とした再開発地区です。
綺麗な港には豪華客船「にっぽん丸」が寄港していました。かっちょいいなぁ。


s-IMGP3602_Fotor.jpg

振り返ればシンボルタワー(右の高層ビル)が見えます。この港にほど近いところに、
無料の駐輪場があります。しかし大変狭い上混雑していたので路駐してしまいました。


s-IMGP3605_Fotor.jpg

シンボルタワーは四国一高いビルで、30階建てで151mの高さを誇るそうです。
最上階に展望台があるのでエレベーターで上ってみます。


s-IMGP3606_Fotor.jpg

屋外展望台です。港を一望できて良い眺め!!無料なのも嬉しいです。
しかし、大丈夫か!?と思うくらい展望台や周辺はひと気が無くて静かでした・・・。


s-IMGP3607_Fotor.jpg

シンボルタワーの裏手(本来は表?)に出ると高松駅がありました。隣にはスーパーが。


s-IMGP3609_Fotor.jpg

真新しいビルがひしめいています。勢いのある街だなぁ。人は少なめですが…(ぁ


s-IMGP3614_Fotor.jpg

シンボルタワーに戻り、一階にある四国ショップ88へ。四国土産の総合ショップです。


s-IMGP3613_Fotor.jpg

各県の特産品、ゆるキャラグッズなどかいっぱいあってかなり長い時間見ていられます。


s-IMGP3612_Fotor.jpg


その中でも目を引いたのは萌え系展示・グッズの多さ。中々かわいいもの揃い!
徳島でもそうでしたが四国は萌えおこしに寛容なのでしょうか?楽しげでいいですね(´∀`*)


s-写真 2015-03-26 14 07 45_Fotor

こんなものまで…「ゆるうどん 缶バッジこれくしょん」。うどんの缶バッジって誰得!?
いや香川県民得なのか…高松市のゆるキャラからも見て取れる通りうどんへの情熱は異常w


s-写真 2015-03-26 14 33 01_Fotor

近くに美味しそうなジェラート屋があったのでおやつに。香川産のキウイ&和三盆味をチョイス。
名物をジェラートで食べれるって嬉しい。キュッと甘酸っぱいキウイに優しい甘味の和三盆。


s-IMGP3615_Fotor.jpg

ゆっくりしたあとは徳島県の玄関口、鳴門市まで移動。
鳴門の渦潮を見られるスポットは非常に微妙な所にあったので、
個人的に気になっていた鳴門市ドイツ館を見学していくことに。


s-IMGP3616_Fotor.jpg

第一次大戦の頃、ドイツ兵の捕虜を一部を鳴門市の収容所に入れていたのだそうです。ここは所長やスタッフがいい人でドイツ兵の人権を尊重し自主的で自由度の高い生活を提供したため、地元住民との異文化交流も生まれ、その結果ドイツと日本の友好の架け橋的な場所になったのだそうです。そんなWW1時代に使用されていた服や日用品の展示や、当時していた事やエピソードの展示を見ることができます。展示室は撮影禁止だったので写真を撮っていませんが、当時の楽しげな雰囲気がそこかしこで感じられ非常に見応えのある施設でした。当時の机と椅子に座ることができるなんて展示もありました。ドイツ好きには特にオススメです。


s-IMGP3622_Fotor.jpg

なおここで当時ドイツ兵の有志たちで結成されたオーケストラによるベートーヴェン「交響曲第九番」の国内初演があったため「第九のふるさと」とも呼ばれています。外に銅像が。


s-写真 2015-03-26 17 17 08_Fotor

見終えた頃には暗くなり始めていたのでそろそろ四国を立つことに。
偶然道沿いに八十八ヶ所巡礼の一番札所「霊山寺」を発見。


s-写真 2015-03-26 17 17 13_Fotor

ちらっとしか見れませんでしたが・・・。四国はほんとにお遍路さん多かったな。
礼所は結局一つもまともに寄りませんでした。次はお遍路ツーリングもありか!?


s-IMGP3623_Fotor.jpg

高速に乗って淡路島を通過、淡路ハイウェイオアシスより明石海峡大橋を臨む。


s-写真 2015-03-26 18 36 12_Fotor

折角なので兵庫名物を夕飯に、ということでそのままSAの食堂の淡路牛コロッケカレー。
素朴ですがカレーって元気が湧いてきます。疲れた体に鞭を打ってもうひと頑張りだ。


s-写真 2015-03-26 20 52 36_Fotor

大阪府の吹田SAにて。王将がありましたが「おなか吹田市」ではなかったw
途中環状線付近で渋滞があり、暗くなってしまったこともあって疲れました。
ちょっと休憩して京都府まで距離を伸ばし桂川PAで野宿することにしました。


本日の走行距離:525km


続く
広告

| バイク・W650 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1607-1fbd52f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT