PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W650 クラッチレバー遊び調整

プレゼンテーション1

クラッチレバーの遊び量(矢印の部分)、わりとすぐ狂っちゃうんですよね。
ここが適正値でないとクラッチが切れづらくなり、結果ギアが入りづらいことがあります。
ガバガバになってたので今回はユーザーマニュアル通りにきっちり調整を行ってみました。
これも非常に基本的な整備の一つですが、ダブロク限定では情報が無かったので紹介。


s-写真 2015-05-06 16 47 51

まずはクラッチレバー根本のゴムカバーを剥がします(自分のは切れちゃってる…)。
そして写真のロックナットを緩めます。プライヤーで掴んでぐいっと。


s-写真 2015-05-06 16 49 06

続いて指でつまんでるアジャストナット、これを回して遊びを調整します。
ゆるめると遊びが少なくなり、締めると遊びが大きくなります。


プレゼンテーション2

ある程度調整したらレバーを指で抵抗を感じる所までかる~く押して、画像の部分の遊び量が適正になるようにします。カワサキのユーザーマニュアルによるとW6は2~3mmが適正値だそうです。調整ができたらロックナットをきっちり締め込んで完了!

これでギアの入りの渋さが改善しない場合は車体側のクラッチワイヤーの締め込み量を調整する必要があります。こちらはW6の場合エンジンケースカバーの中に入っておりアクセスに勇気がいるため今回はノータッチで・・・。もしくは他になにか問題があります((((;゜Д゜)))
広告

| バイク・W650 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1617-7e66308c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT