PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お昼ごはんはMRE

s-IMGP4051_Fotor.jpg
アメリカ軍のレーション「MRE」の入手に成功したため中身をじっくり見つつ食べることに!
いわゆる軍用食で、自衛隊の缶詰(わりと普通)以外にこうした物を口にするのは初めてです。
調べて知りましたがレーションは常食用ではなく作戦行動中の現場でのみ食される物だそう。
けっこう特殊な感じでミリタリー色の塊とも言える食べ物なんですね。(MRE Wikipedia
劣悪な環境でも保存できて食せる究極の携行食、その代表であるMREのお味はいかに!?


s-IMGP4048.jpg
こちらが今回入手したMRE。MENU3のCHICKEN WITH NOODLESです。
チキンとヌードル…?チキンラーメンじゃないよな…少し想像しがたいアメリカ的な献立ですw
MREは米軍の払い下げ品として流通しています。一応食品ですが防疫や食べて何かあったときの責任の問題などがあるためか、食べ物としては扱われず、喫食は自己責任のコレクション用途として販売されています。自分は近所のホビーショップで偶然発見し購入しました。

s-IMGP4049.jpg
コレは最新のレーションだそうで、食べても大丈夫そうだな・・・と思い購入に踏み切りました。
製造は2012-2013年のもので、消費期限は2018-2019年までとのこと。けっこう余裕!
様々な過酷な環境を想定して開発されており、消費期限を数年オーバーしたものでも食べることができると聞いたこともありますが、新しいに越したことはありませんよね。でも食べるのは完全に自己責任で!まぁアダルトグッズがジョークグッズ扱いで売ってるみたいなものでしょう(ぁ

s-IMGP4053.jpg
パッケージのサイズ比較にiPhone5Sを置いてみたところ。厚みもありかさばりそう。
重量は量りませんでしたが片手で持つと多少ずっしりとした重みを感じ、中身に期待。

s-IMGP4052.jpg
「DEPARTMENT OF DEFENSE UNITED STATES OF AMERICA」
アメリカ国防総省のマークです。れっきとしたアメリカの軍装備品なんですねぇ(*´Д`)

s-IMGP4055.jpg
袋の上部の中心を引っ張ると糊がはがれて開封できます。
密封されていたのでプシュっと空気が漏れ出ました。ステーツの空気ですね。

s-IMGP4056.jpg
こちらが袋の中身です。さらにもう一枚の袋で厳重に梱包されています。
さすが過酷な環境に耐えうるように作られているだけあって、普段やったら過剰包装ですw

s-IMGP4057.jpg
もう一枚目の袋を破るとようやく内容物に到達できます。食器はスプーンのみ!
左は加熱用ヒーターやアクセサリーパック、中心の箱と茶色の袋は食糧です。

s-IMGP4060.jpg
アクセサリーパックの中身。左上から・・・
・IODIZED SALT(ヨウ素添加塩)
・SUGAR(砂糖)
・CREAMER(クリーミングパウダー)
・ティッシュ
・Coffee(フリーズドライのインスタントコーヒー)
・MOIST TOWELETTE(ウェットティッシュ)
・ガム
・マッチ

ヨウ素添加塩とは…海外ではヨード欠乏症が多く見られその対策としてヨウ素を混ぜた食塩を世界で広く使っているのだそうです。海藻を食べる文化のある日本人には無縁の代物です。実際日本ではヨウ素は食品添加物として認められておらず、この添加塩は食品として輸入ができないのだそうです。MRIが食品として売られていない理由の一つになってるのかなと思いました。

s-IMGP4065.jpg
さてメインの食べ物です。こちらはWHEAT SNACK BREAD。全粒粉入りスナックパンです。
簡単にですが原材料名と栄養表示も写すようにしました。これは一枚180キロカロリー。

s-IMGP4066.jpg
袋から取り出しました。手のひらサイズ大のしっとりやわらかめの乾パンという印象です。
そのまま食べるとほのかに甘味を感じ全粒粉の粒々感もありますが、謎の薬品臭が強い…。

s-IMGP4070.jpg
ピーナッツバターとストロベリージャム。なんだかやたらと袋が大きいですが、実際かなりの量です。ピーナッツバターは42.5g、ジャムは28gも入っています。これを上の小さなスナックパンに塗って食べます。参考までに給食などでよく見るディスペンパックのジャムは一個13g。

s-IMGP4069.jpg
左はピーナッツバターの成分表。1パックあたり250キロカロリー(!)。
右はストロベリージャムです。こちらは1パック70キロカロリー。

s-IMGP4085.jpg
これらをパンに載せればアメリカ人の大好物、ピーナッツバターアンドジェリーサンドができます。PB&Jなんて略称まであるくらい国民的なメニューらしいです。見ての通り小さなパンに対して過剰なまでの量のトッピングですがw ジャムは少しゆるく、開封時に液が滴りやすいので少しご注意を。袋を揉んでから開けるといい感じらしいです。パンもジャムもおそらく保存料であろう薬品臭が強く、あまりおいしくはありませんでしたがピーナッツバターはかなりウマい!なぜかこれだけ薬品臭がせず、スキッピーの粒なしタイプのような甘さが控えめで舌にねっとりとまとわりつくタイプのもので、大量に載っていたおかげでペロッと食べられちゃいました。しかしこれだけ使ってもまだ袋からちゅーちゅー吸えるくらいのピーナッツバターが余っていました。多すぎィ!

s-IMGP4071.jpg
こちらがメインディッシュのチキンアンドヌードルス ウィズベジタブルインソース。
中のレトルトパックにはほとんど何も書いてありませんでした。一食250キロカロリー。

s-IMGP4072.jpg
外箱の裏面には兵士のレーション補給の重要性を説いた文章が載っていました。
現場では消費するカロリーが多いからコレでしっかり補給しないと大変だよみたいな感じです。
レーションは一食あたり1,250kcal前後、戦地では成人男性なら一日3,000kcalほどの摂取が望ましいそう。ちなみに普通の成人男性の一日あたりの望ましい摂取カロリーは1,700kcalだそうです…。MRE一個あたりが結構重い!日常生活で3食MRI食べたら確実に太りますねw

下のTipsにはレーションを全部食べきれない場合のアドバイスが書いてあります。「栄養バランスをとるために各メニューを少しは食べること、パンやジャムなど炭水化物や糖質の多いものを優先的に食べること、未開封のスナック類は食べやすいのでとっておくこと」といった内容です。

s-IMGP4073.jpg
メインディッシュはこのMREヒーターで温めて食べることができます。
使い捨てカイロのようなものが入っており、水を少し注ぐことで中の物を温めます。
DO NOT OVERFILLの線を超えない程度に水をいれると発熱が始まります。
水道で入れようとするとあっという間に超えるほど、本当に少量の水で済むので注意!

s-IMGP4075.jpg
HOT BEVERAGE BAGに水を入れてヒーターで温めることでコーヒー用のお湯をつくることもできるそうなのでこちらも使ってみました。コーヒーは6オンスのお湯(水でも良いらしいが)が要るので6オンスの水を入れました。これをメインディッシュのレトルトパウチと一緒に温めました。

s-IMGP4076.jpg
温めるものを入れて水を注いだヒーターを、口をたたんでメインディッシュの箱に入れます。
ヒーターがかなりの熱を持つらしく、ネットで見るとみんな新聞紙を敷いているので真似ました。
箱を何かに立てかけておくのは説明書きにも指示がありますが水をこぼさないためでしょうか。


ジュ~とわずかに音がするのが分かるでしょうか?水蒸気が出てるときもありました!
発熱剤のせいなのか、加熱中は鉄っぽい臭いが鼻をつきます。くさかったな…。
これに水を入れすぎたせいなのか、パウチと水入り袋を同時に温めようとしたせいなのかどちらもあまり温まらなかったです…。パウチは指示が書いていないのですが5,6分が目安らしく、水は6分以上加熱しないよう書いてあったので5分ほどで様子をみていたのですが結局パウチは10分ほど温めてやっと熱いかなくらいになり、水はとうとう加熱することができませんでしたorz
次からは温めるときは一品ずつ、またヒーターの水の入れすぎに注意して挑みたいです。

s-IMGP4084.jpg
温めたメインディッシュを皿に開けました。袋は横開きするので現地では袋から食うのでしょう。
これは…パサパサした鶏肉とミックスベジタブル、それに細切れの平打うどんみたいなパスタがとろみのついた煮込みになって入っています。犬缶みたいだななんて思ってしまいましたw
薄味で薬品っぽい独特の臭いもするし微妙でしたが塩とペッパーソースでなんとか食えました。
ペッパーソースは上の方の写真に写っていた民生品のような小袋で、少しとろみのついたタバスコ様のものでした。色が薄くて古いから変色したか?と思いましたが、香りは強く、そしてかなりの辛さでした。MREにはスナックなどに民生品がそのまま入ってることがネットを見ると多いようでしたが、自分のものにはこのペッパーソースくらいしかそういったものはありませんでした。

s-IMGP4062.jpg
こちらがスナック枠のNUT RAISIN MIX。レーズン入りのミックスナッツです。
さらにM&M'sモドキのチョコレートも一緒に入っていました。一袋350kcal。

s-IMGP4063.jpg
これだけじゃ物足りないかなと思っていましたが食後にこれをつまんでいたら腹が膨れました。
ただナッツもなんだか保存料的なケミカル臭がして全部食ったものの美味しくはなかったです。

s-IMGP4074.jpg
トロピカルパンチ味無果汁ジュース。粉ジュースです。130kcal。
これの袋をコップ代わりにできるのが通常らしいですが、今回のコレは小袋…。

s-IMGP4083.jpg
12オンス(360ml)の水に溶かすよう書いてあったので自宅のコップを使いました。
ビバレッジバッグは1つしかないし、熱湯作る前に使うべきだった?それともコーヒーの後?
毒々しい色のこのジュース、ドクターペッパーのようなケミカルフルーティーな香りを漂わせています。味は甘さよりも酸味が強く、メインディッシュを食べながら飲むとサッパリしました。

s-IMGP4088.jpg
コーヒーはナッツも食べ終わったあと、熱湯で入れました。袋の中身は瓶詰めインスタントコーヒーのような顆粒状のもので、量が少なめで普通にいれるとやはり薄めでクセのない味でした。
いやアメリカンコーヒーって薄いし本場でもやっぱりこんな感じがスタンダードなのか(ぇ 
甘い味のものが多かったので砂糖は使わず粉ミルクだけ。アメリカ人って実は甘党多いの?

s-IMGP4091.jpg
最後にアクセサリーのウェットティッシュを使いました。評判通りベッシャベシャでしたw
ちなみに付属のガムはミント味でスーッとするというより甘さ多めのものでした。



総評、MREは進んで食べたくはない味ですが、触れてみて貴重な経験ができたと思いました。
やっぱりマズい、というか全体的に謎の薬品臭がするのがかなり気になりましたねぇ…。
でもそれは過酷な環境でも栄養補給ができるように開発されているからこそなのかなとも。
戦地で数少ない娯楽の食事として、メニューや付属品は豊富ですしかなり楽しかったです。
マニア向けの放出品の輸入モノなので安くはないですが、またトライしてみたいです(`・ω・´)b
広告

| 日常・ネタ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1663-b373f172

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT