PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドアミラー分解修理

s-IMGP4463.jpg
バモス君の運転席側ドアミラーなのですが、根本の部分が割れてしまっていました。
以前に高速道路を走った時に風圧でここからガタガタと音がして、ミラーがちょっと動きますw
下道を走っている時にもここから異音が出ていたのですが高速でようやく原因特定できました。
こういった走行中の異音はかなり気になるのと、ミラーが危なっかしいので応急手当をしました。
修理といっても接着剤でくっつけただけなのですが…ミラーの構造を紹介するついでにでも。


s-IMGP4466.jpg
まずはドアミラーを取り外します。中央のカバーをマイナスドライバー等でこじって開けます。
パカっと簡単に外れます。中に三本のビスがあるので長めのプラスドライバーで外します。

s-IMGP4467.jpg
これでミラーが取れます。落とすとたぶん割れるので落とさないように慎重に取り外しましょう!
あとミラーは折り畳んだ状態で脱着します。取り付けのときのためにストッパーの位置を記憶。
ここのボルトは10mmだったかな?ソケットレンチなどで取り外せます。

s-IMGP4468.jpg
やわらかいプラスチックのカバーがついているので手でむいてあげます。うーん割れてる。

s-IMGP4471.jpg
カバーを外すとさらに出てくる三本のビスも取り外すと、このプラスチックステーが分割できます。外側の大きい方はミラー本体を支え、内側は車体に取り付けるようになっていました。
外側の部品が所々バキバキになっていたのでここを瞬間接着剤でつけて、しばらく乾燥。
ヤフオクにドアミラーは結構出品されているのですが、自分の個体のトルマリンブルーメタリックのものはほとんど無いんです。でも構造が分かったのでこれで適当な色のものを一個買えばステーだけ交換できると分かりました。とりあえずこれで様子見てまた部品を買うか決めます。

s-IMGP4480.jpg
あとはステーを組み直してミラーつけて、車体に戻せば完了です。
割れによる浮きが直って、ステーのツメもきれいにはまってくれました。

s-IMGP4481.jpg
完了!割れた所に入れた接着剤が垂れてるのでちょっと情けないですね。゚(゚´ω`゚)゚。
写真だとカバーがきっちりはまってませんが、プラハンマーで軽く叩いたらちゃんと入りました。
走行時の異音やミラーが動くのは収まりましたが、割れた所の強度はやはり気になります。
良さそうな中古部品が安く見つかったら交換するつもりです。新品の互換品もありますが。
未塗装のブラックになりますが、アクティのミラーに変えてもイメチェンになりそうかな…。
そうそう、このドアミラーはホビオにアクティバン、現行アクティトラックとも共通みたいです。
新しいものになると助手席ミラーにサイドアンダーミラーが付きますが。実用車イェー!
広告

| クルマ・バモス | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1694-49896642

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT