PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リアゲートラッチ清掃

s-写真 2016-01-04 14 23 15
バモスの室内灯は前中後で三箇所あり、リアゲートを開いたときには後ろが連動するようになっています。しかし、ここも接触不良を起こしているのかトランクを使った際にランプが点灯しなかったり逆に閉めていても点灯することがありました。気になるので清掃をすることにしました。


s-写真 2016-01-04 14 26 11
そう、リアゲートはここのラッチがカーテシスイッチの役割を果たしているのだとか。
ボルトを三本外せば内部が見えます。しかし、構造が謎で取り外しができませんでした・・・。
カプラーオンになっているわけでもなく金具が穴より大きいため、ここまで動かすのが限界。

s-写真 2016-01-04 14 29 10
ひょっとしたらゲートの内張りを剥がせばなんとかなるかもと考え、内張り剥がしにも挑戦。
プラスチックリベット(ねじ)がたくさんついているので、プラスドライバーで回して取り外します。
中心のねじが抜けたらリベットは内張り剥がしでこじれば簡単に取り去ることができました。

s-写真 2016-01-04 14 37 30
ここはペラペラのベニヤ板でした・・・!これでリアゲートの機関部にアクセスできます。
ん~、ラッチはドアハンドルにつながっていますが肝心な部分が奥まっていて取れないorz

s-写真 2016-01-04 14 38 45
ハンドルも外せば取れるかな?と思いましたがラッチの内側の金具が穴を阻んでいます。
いわゆる知恵の輪状態なんです。交換が必要になったら素直にディーラーに頼もう・・・。

s-写真 2016-01-04 14 40 22
仕方がないのでラッチの機関部を清掃しておくことに。指で金具を抑えながら洗浄します。
黒い汚れが堆積していたのでパーツクリーナーで落とし、接点復活剤を吹いておきました。

s-写真 2016-01-04 15 03 15
これで一応はドアの開閉に合わせてしっかりと室内灯が点滅するようになりました。
それから未確認ですがドアを閉めたのにランプが点くのはアース不良の恐れもあるとか。
どこかの配線が傷ついてボディに触れたりするとアース不良になります。もしアース不良でまた勝手にランプがついていたりしたら最悪バッテリー上がりで恐ろしいのでランプスイッチはOFFにしておきました。使う都度手動でON/OFFすればここが壊れていても無問題なんですよね。
でもやっぱり少し気になります・・・ バッテリー上がり対策に室内灯をLED化でもありかw
広告

| クルマ・バモス | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1698-c4243494

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT