PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キイロビンで窓をキレイに

s-写真 2016-01-22 16 28 18
バモスの大きなリアウィンドウですが、これが水アカやウロコで非常に見苦しくなっていました。
洗車ではきれいにならず、メラミンスポンジでこすってみても研磨はできませんでしたorz
水アカが落ちない!と母にボヤいてみると倉庫に眠っていたキイロビンを渡されました。
かなり古いものみたいでしたがこれを使って水アカ落としに挑戦してみることにしました。
ちなみにこの最初のガラスの写真は、これでも水拭きをして乾拭きまでした後です(;´Д`)


s-写真 2016-01-22 16 26 50
これがそのキイロビン。もう40年近く日本で売られ続けている自動車の窓用クリーナーです。
公式サイトによると中々落ちない油膜・被膜を液剤の化学反応で落とすことができるそうです。
自動車用ということでゴム部品などに悪影響が少ないように作られた専用クリーナーだそう。
パッケージや中のハガキを見るとどうやら手元のこれは10年以上前のものっぽい感じです。
母が昔ちょっと使ったものらしい・・・。大丈夫かわかりませんが使っちゃうことにしました。

s-写真 2016-01-22 16 32 03
ガラスを軽く水拭きした後、少し濡らした付属のスポンジに薬剤を出して窓を磨いていきます。
細かい磨き方は手元のこれには書かれていなかったのですが、10cm四方単位で強めに磨いて徐々に研磨範囲を広げていくのが良いみたいです。これはコンパウンド成分も入っています。

s-写真 2016-01-22 16 43 20
最後は綺麗な濡れタオル(汚いとタオルから油膜がついちゃいます)で拭きとって完成です!
すごくキレイになりました!!水アカが落ちてどの角度から見ても新品ガラスのようでした。
ウロコ汚れは除去できないとされていますが、自分のバモスではそれも落ちてくれました。
ウロコはガラス自体が劣化して生まれるそうで、進行度合いによって異なるのかもしれません。
簡単にキレイにできました。他にもヘッドライトの黄ばみ取りに使っている人もいるみたいです。
とりあえず気になっていたリアだけやりましたが、フロントやサイドもやってみるかなぁ~。

 
息の長いキイロビンですがもちろん今も新品で買えます。効果あってこその伝統なんでしょう。
研磨後はガラス表面が裸になるので解氷ガラコでコーティングをしておきました。これは凍りついた窓を溶かすのにも使えるのですが、撥水効果もバッチリでした。ガラコをやっておくと再凍結しにくいというのも今の時期に良いところです(施工は一週間以上前で降雪もありましたが今のところまだ凍っていません!)。冬季も安全に運転するためにぜひガラス掃除をしましょう!
広告

| クルマ・バモス | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1718-c4a167d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT