PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御殿場駅の展示SL D52

s-写真 2016-02-06 12 11 23
鉄道はあまり興味がなく今まで避けていましたが、実は戦前モノということで見に行きましたw
御殿場駅の富士山口にあるポッポ広場に静態保存されている国鉄D52形蒸気機関車です。
5年程前に同じ街にある公園で30年以上展示されていたものがこちらに移ってきたものです。


s-写真 2016-02-06 12 12 43
以前に横須賀へ行った時の電車待ちの時間に寄りました。駅での時間潰しにうってつけです。
この個体は昭和19年(1944年)に製造され、昭和30年(1955年)に一度改修を受けたそう。
D52はかの有名なD51の戦中改修型で鉄の使用を抑えたため耐久性が良くなかったらしい。

s-写真 2016-02-06 12 15 12
改修のお陰なのか、鉄の代わりに木材を多用したといっても鉄の塊感が強く圧倒されます。
サイズも今の電車よりも大きく、いかめしく感じます。これだけ間近に見れるのも良いですね。
プレートによるとこの車両が生まれた頃は山陽線や東海道線で貨物車を引いていましたが、
1954年から国府津機関区で客車を引くようになり1968年に引退するまでの747,554kmを
この富士の麓を拠点に1540馬力で駆け抜けたのだそうです。がんばったね・・・(´;ω;`)

s-写真 2016-02-06 12 13 21
階段を登ると機関室を見ることができます。柵があるので中に入ることはできませんでした。
後ろの貨車は石炭を入れていたみたいで、そこからボイラーにじゃんじゃか突っ込んでたの
でしょう。メーター類はしっかり文字盤も残っていますがこれは改修後のもののようでした。

s-写真 2016-02-06 12 14 41
運転手気分で!?こうしてみると機関車はサイズのみならず、高さもかなりあるんですねぇ。
もうもうと煙を吐いて走るSLは、電車に取って代わられた現在ではノスタルジーの象徴です。
今のところ大井川鐵道のような観光線くらいでしか実働の汽車に乗ることは叶いませんが、
こうして静態保存車のみとは限らない今のうちに動く汽車を体験してみたいなぁと思いました。


☆おまけ☆
s-写真 2016-02-06 14 22 45
横須賀行きの乗り換えの際に降りた逗子駅で遊んだ図ですw ずしの濁点を隠してすし!
バイク乗りの意地(謎)で電車は毛嫌いしてましたが電車旅もたまには案外いいもんです。
広告

| 戦前のモノ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1728-56ff2e77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT