PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

120年前の民家 三保の家

s-IMGP4784.jpg
三保ダムによる人工湖の丹沢湖は自分のお気に入りスポットです。行く度に発見があります。
今日は湖に沈んだ世附地区から移築復元されたという江戸時代末期の「三保の家」の見学へ。
ここは無料で入場することができ、貴重な古き良き日本の家をゆっくりと見ることができます。



場所は三保ダムの永歳橋近くです。丹沢湖記念館の隣に位置しています。
車やバイクでアクセスの際は記念館やダムの駐車場(無料)に停めることができます。
休館日や営業時間の情報は山北町のサイトをご参照ください。冬季は水曜定休です。

s-IMGP4813.jpg
こちらがその三保の家です。かやぶき屋根でいかにも古い日本家屋といった出で立ち。

s-IMGP4790.jpg
旧渡辺家住宅とも言うそうです。元は江戸時代末期に建てられ1973年頃まで使われたそう。
ダム湖に沈む前の70年代に移築復元されて、かながわの建築物100選に選ばれています。

s-IMGP4791.jpg
敷居を乗り越えて家の中にお邪魔します。出入り口は全て開放されていました。土間が広い!

s-IMGP4793.jpg
パネルでは湖底に沈む前の村の様子の写真が展示されています。移築展示といってもすでに
40年ほど経過しているためどれも色あせています。記念館内でもっと綺麗な写真を見れます。

s-IMGP4792.jpg
当時使用されていた日用品も豊富に展示されています。アイロンや枕、氷かき器などなど…。

s-IMGP4794.jpg
蓄音機なんてナウい(?)ものまで置いてあります。山奥の集落でも使ってたんだなぁ…。
正確にいつ頃のものかは分かりませんが、当時はきっと高くて貴重なものだったのでしょう。

s-IMGP4796.jpg
奥にはかまどが置いてありました。炊事は今よりも手間がかかって大変だったんだろうなぁ。

s-IMGP4826.jpg
ハシゴが外されていますが昔は二階も使えたみたいです。屋根裏部屋にあたる所になります。

s-IMGP4805.jpg
家が立派なだけあって天井が高いです!上で養蚕を行えるよう、かぶと造りなのだそうです。

s-IMGP4806.jpg
土間から部屋にあがる段差は収納になっています。いいアイデア!靴を入れたのでしょうか?

s-IMGP4795.jpg
この写真は村が沈む前の在りし日の三保の家。この景色はもう二度と見ることができません。

s-IMGP4827.jpg
入口の方を見て。開口部からは優しく日差しが入ってきて、薄暗いながらも心地よい感じです。

s-IMGP4797.jpg
スリッパが用意されており、なんと部屋に上がり込むことができます。無料でこれは嬉しい!

s-IMGP4798.jpg
囲炉裏のある部屋から上がってみました。この魚は火事よけのお守り。いい雰囲気(´∀`*)

s-IMGP4799.jpg
隣の軒先側の部屋には大きな木製の火鉢が設置されていました。寒い所ですからねぇ。

s-IMGP4807.jpg
ふすまが開いていると日本家屋はオープンな作りです。母屋は土間を除いて5部屋もあります。

s-IMGP4800.jpg
どの部屋も程よく大きくて住みやすそうです。立派な家だからこそ選ばれ移築されたのでしょう。

s-IMGP4828.jpg
縁側はポカポカしていて気持ちいいです。ここでお茶と団子なんかで一服できたら…(*´Д`)

s-IMGP4801.jpg
土間から一番奥に当たる部屋は亭主の部屋でしょうか。床の間や机があって立派です。

s-IMGP4803.jpg
壁際にはいくつかタンスがありました。そういえばウチの倉庫にもこんな箪笥あったな…。

s-IMGP4789.jpg
また外に出てみました。玄関付近に置かれていた酒壺は右から書いてるし戦前のものかな?

s-IMGP4785.jpg
大八車は長くて沢山ものが積めそうです。移動手段が少ない昔は大切なものだったのでしょう。

s-IMGP4808.jpg
軒先から茅葺き屋根を見上げてみると、その厚さに驚かされました。中々迫力があります。

s-IMGP4819.jpg
表面に苔むしている所が。裏にはトタンのようなもので塞いでいる箇所もあり維持が大変そう。

s-IMGP4815.jpg
離れに農機具小屋がありました。こちらは居住に使わないためかまた違った屋根なんですね。

s-IMGP4786.jpg
雑然と農機具が置かれてます。暗くて案内板も無いのでどれが何かはいまいち分かりません。

s-IMGP4787.jpg
しかし明治や大正の文字が書かれた物があり、これらがとても古い物ということは分かります。

s-IMGP4788.jpg
裏手には湖が綺麗に見えました。かつてこの家のあった場所が湖底にあると考えると寂しい…。

s-IMGP4812.jpg
もう一つの離れに観光用に整備されたらしき厠がありましたが現在は使えなくなっていました。

s-IMGP4811.jpg
庭に願いの鐘なるものが。ツリー短冊を購入して願い事を書いて吊るすこともできるみたい。
平日だけあって他の人がほとんど誰もいないため、ゆっくりと色々観察しながら過ごせました。
観光客が途中2組だけ来ましたが一方はなんとドイツ語を喋っている外国人ファミリーでした。
ここはマイナーなスポットだと思いますが、日本的で静かで良い所なので穴場なのか!?

s-IMGP4783.jpg
かつての故郷が湖底に沈んで消えてしまうというのは想像を絶する悲しさなのでしょう。
幸い自分はそのような経験がないので想像でしかありませんが。しかしこうした貴重な家屋が
移築復元という形で残されたのはとても良いことだと思います。今はもう決して立ち入ることの
できない、湖の底にかつてあった日常に想いを馳せながら浪漫のあるひと時を過ごせました。

s-IMGP4829.jpg
ちなみに隣の丹沢湖記念館では、かつての村にあった大正時代の発電所の部品などの展示が
ありました。遺跡があり出土した石器や化石なんかもあります。おみやげコーナーや休憩所も
あり、囲碁や将棋セットもなぜか置いてありますw 無料で遊べるので是非行ってみてください。
広告

| 戦前のモノ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1734-a5e15c07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT