PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Nostalgic 2days 2016 後編

s-IMGP4937.jpg
横浜の旧車イベント後編です!早速検索で来られている方もいるので続けて書いちゃいます。
前編はこちらから。日本最大級の旧車トレードショーとだけあって沢山写真を撮ってきました。


s-IMGP4870.jpg
レーシングエンジンメーカーOS技研のブース。ブルーバード用?新エンジンTC16-C1です。
1973年に独力で開発した4気筒DOHC4バルブエンジン、TC-16の現代強化版のようです。

s-IMGP4871.jpg
こちらも最新復刻エンジンのTC24-B1Z。L28改の6気筒でなんと420PSもの大出力です!
TC16もこれもカムギアトレインです。こんなコンプリートエンジンを旧車に積んだらたまらん!

s-IMGP4872.jpg
上記のTC24-B1Zを搭載したS30Zです。デモカーも非常に綺麗で見ていて楽しいです。
ダイレクトイグニッションに新造ヘッドカバーで見た目はモダン。最高回転数10,000rpm!

s-IMGP4874.jpg
こちらも同社の同じエンジンを搭載したハコスカR。トータルで見てもモダンクラシックなカーメイキングです。ヘラフラッシュな足回りに太いマフラーが只者ではないと伝えてきます((((;゜Д゜)))

s-IMGP4873.jpg
ブース名は失念してしまいましたが・・・マツダコスモスポーツです!これも希少な車です。
世界初のロータリーEgを搭載した市販車でコンパクトなエンジンが美しいボディを生みました。

s-IMGP4875.jpg
Classic Car NagoyaのセリカXX。こんな新車のようなコンディションのセリカは果たして今どれだけ残ってるのか・・・。 この型のセリカは漫画「よろしくメカドック」に出ていたイメージです。

s-IMGP4876.jpg
ロータリー専門ショップ、トータルセブンのサバンナRX-7カブリオレ(FC3C)。レアですねぇ。
頭文字DでFCを知ったくちですが、すでにFCも道路で見かける機会が少なくなってきました。

s-IMGP4877.jpg
お隣のFC3Sは運良くエンジンルームを見ることができました。とても程度の良さそうな13B。
ロータリーエンジンもオーナーでない限りは中々見る機会が無いのでじっくり見れて嬉しい!

s-IMGP4878.jpg
マニアックな車を得意とするカーショップ、ユーティリタスの日産スカイラインRS。通称鉄仮面。
エンジン等のOHや絶版純正パーツをふんだんに使って仕上げた珠玉の逸品。価格もすごい。

s-IMGP4879.jpg
アンリミテッドの初代ソアラ(Z10)。このようにコンパニオンのチャンネーがいる所もありました。
このショップは他には縦目ベンツに2JZをスワップしたり、中々ぶっ飛んでいるお店みたいです。

s-IMGP4880.jpg
日産F31レパード専門店というウルトラマニアックなショップ!かなりの台数を展示してました。
走ってるの見た覚えがないよ…ここはカーショップフレンドといい、映画『さらば あぶない刑事』
に登場した車両のようで、テーマ曲が流れ赤色灯が置かれ劇中の衣装の展示がありました。

s-IMGP4881.jpg
オートサークルのマツダポーターバン360デラックス。プレリュードと縦目ベンツは売約済みに。
あまり展示はありませんでしたが、この360cc時代の軽自動車は最近自分の中でアツい存在。

s-IMGP4882.jpg
SPEED FORMEのS30Z。鮮烈なオレンジのペイントとエアロを纏ったレストモッド的な一台。
アメリカ風でSTANCE NATION辺りに載っていても違和感なさそう。ショップの詳細は不明。

s-IMGP4884.jpg
こちらはスターロードのZ。ボディーワークもさることながらプロジェクターライトがインパクト大!
東京オートサロンで受賞するも今回のイベントのためにさらにカスタムを加えたのだそうです。

s-IMGP4883.jpg
サスペンションメーカーのTEINでは1995年のサファリラリーで日本人初の総合優勝を遂げた
セリカGT-FOUR(ST185H)が展示されていました!激しい戦いを勝ち抜いた風格があります。

s-IMGP4885.jpg
これもどのブースか失念してしまいましたが、ほぼオリジナル状態のハコスカRがありました。
純正と思しきスチールホイールがまぶしいです。別の車両でサーキット走行している動画も。

s-IMGP4886.jpg
多摩川スピードウェイ80周年記念写真展の様子です。これはアジアで初めて作られた今なき
常設サーキットやそれ以前の日本のモータースポーツを撮った貴重な写真が展示されてます。

s-IMGP4887.jpg
常設サーキットである多摩川スピードウェイが出来る以前は埋立地や練兵場でレースをしてい
ました。周を重ねるごとに路面はボコボコの酷い状態になり、サーキット建設が望まれたそう。

s-IMGP4888.jpg
当時レースに助手として出場していた若き日の本田宗一郎とカーチス号の写真もありました。
1936年に多摩川スピードウェイは完成します。今から実に80年も前のことだったのです・・・。

s-IMGP4889.jpg
当時のパノラマ写真を元に再現された、多摩川スピードウェイでのレースの様子のイラスト。
新聞社の協力のかいあって、興行としても成功して非常に賑やかだったそうです(*´Д`)

s-IMGP4890.jpg
この頃の日本のレーシングカーはオープントップでボートテールの古典的なマシンでした。
大金持ちも出てましたが、中古パーツをかき集めて組み立てたスピードマニアも出てたとか。

s-IMGP4891.jpg
後年は太平洋戦争が近づいてレースを報じる新聞記事すらプロパガンダ的なものとなって、
レースも開催されなくなってしまいました。それまでの短い黄金期は稀少で魅力的な歴史です。

s-IMGP4929.jpg
上の写真展を開催した多摩川スピードウェイ保存会の会長さんのトークショーも催されました。
実はこれを一番見たかった…!貴重な写真や映像と共に戦前の国内レース事情を知れました。
多摩川SWは跡地のメインスタンドを中心とした僅かな形跡が河原に残るのみとなっています。
しかしメインスタンドがほぼそのままの形で現存しているサーキットは世界的に見てもほとんど
存在しない貴重なものなのだそうです。日本の自動車技術発展の大きな土台となった、この
サーキットは歴史的に見ても価値の高いもので、近々大きな保存活動が始まるのだそうです。
記念碑や当時のレーシングマシンの展示などを行う予定で、自分も全力で応援したいです!!

s-IMGP4893.jpg
いすゞ専門のISUZU SPORTSブースのベレットGT。もう国内では乗用車を作っていないメーカーですがこうした熱狂的なマニアに支えられて今も愛されているってとても素敵なことです。

s-IMGP4894.jpg
ハンドメイド時代の117クーペも。美しいボディのクーペで自分もこの丸目はかなり好きです。
ベレットはレストアして6年間日常使用をしている非売品で、117クーペ二台は販売中でした。

s-IMGP4896.jpg
竹口自動車の日産チェリークーペのレーサー。今でもバリバリ現役でレースに使うそうです。
当時モノの看板もシブいぜ…!チェリーは70年代には先進的だった横置きエンジンのFFです。

s-IMGP4897.jpg
ピットハウスのR30スカイライン。有名な西部警察仕様です!さすがに機銃はありませんがw
出展者さんに声をかけると車に乗り込むことができて、乗った人はみな頬を緩ませていました。

s-IMGP4899.jpg
日産に統合される前に存在していたメーカー、プリンスの専門店 プリンスガレージかとりです。
スカイラインS54Bとハコスカ2000GT-Xです。スカイラインは元々プリンスだったんだなぁ。

s-IMGP4901.jpg
ツチノコ自動車とバラクーダの550cc時代の軽トラたち。手前からスズキスーパーキャリイ、
ベッドフォードラスカル(キャリイの海外OEM)、ハイゼットジャンボです。550は新鮮ですね!

s-IMGP4903.jpg
ラスカルなんて初めてみました。国内モノのキャリイに海外パーツをつけて再現したそうです。
黄色のスーパーキャリイのほうも実はイギリス向け仕様の再現でした。USDMならぬEUDM?

s-IMGP4904.jpg
フルハートのソアラ。ガルパン劇場版に出てきたZ20型ですね~!この値段なら買いたい…。
ツチヤさんがドリフトさせてるシーンを見てからこのソアラもかなり気になる存在になりましたw

s-IMGP4900.jpg
このイベントの目玉展示である、カミオンの一番星号とジョナサン号。トラック野郎のアレです!
一番星号はなんと劇中で使用した実機、ジョナサン号は実車が失われたためレプリカでした。

s-IMGP4905.jpg
70年代に社会現象を巻き起こすまでの大人気になったあの映画シリーズのデコトラなのです。
トラック野郎はうちの母でも知っているくらいです。ファンたちの人だかりが絶えませんでした。

s-IMGP4939.jpg
トップ画にもしていますが、イルミネーション点灯の際には近寄れないほどの人だかりでした。
主人公の一番星号は所有者が転々と変わり放置された時期もあり現在レストア中なのだそう。

s-IMGP4906.jpg
ノスヒロ・ハチマルヒーロー両紙で公募した中から選ばれた、一般オーナーの選ばれし10台。
手前の三菱スタリオンGSR-VRはミントコンディション。グロリアロイヤルリムジンも稀少車!

s-IMGP4907.jpg
カローラⅡ3ドアの1.5SRもまるで新車のようで、とても大切にされていることが分かります。
この車両はハチマルヒーローVol.27に掲載されたものです。1985年製で今やレア車です。

s-IMGP4908.jpg
ダイハツフェローバギーはこのイベントのためにレストアされた一台。特殊なタイプの車なので
実車を見たのは初めてです。360軽!奥のセリカリフトバックSTはノスヒロVol.162掲載車両。

s-IMGP4910.jpg
写真でも後ろは見たことがなかったので回りこんで撮ってみました。こんな風なんですねぇ。
軽商用車のフェローピックアップがベースとなっているだけあってこちらも商用車登録でした。

s-IMGP4912.jpg
66年式トヨタスポーツ800はいい感じのやれ具合。オリジナルコンディション的な雰囲気です。
シートはバケットシートに変更されており、現在もスポーツ走行で楽しんでいる様子でした。

s-IMGP4911.jpg
ヨタハチの2Uエンジン。水平対向2気筒の空冷OHVで790ccとまるでバイクEgなシンプルさ。
大衆車パブリカのユニットで、これを軽量な車体に搭載したライトウェイトスポーツの先駆け。

s-IMGP4913.jpg
水上自動車のGT-R仕様ケンメリ。ケンメリRはたった197台しか生産されなかった幻のRです。
自分はForza6で最近DLCで追加されて知りましたが、分かる人にはたまらない仕様でしょう。

s-IMGP4914.jpg
VINTAGE 宮田自動車のシボレーコルベットスティングレーオープンと初代プリンスグロリア。
どちらも60年代前半のクルマです(*´Д`) グロリアなんて公道ではまず見れないでしょう。

s-IMGP4915.jpg
ハコスカRもありました。リアスポイラーがつくことが多いですがこれはそれも無しのフル純正!
こんなに貴重なハコスカRとはまず巡り会えないと思います。レストア済みでピカピカでした。

s-IMGP4917.jpg
コスモメタルのマツダカペラロータリーのレーサー。心臓部はもちろんロータリーエンジンです。
元車がどんなのかも分からない希少車のさらにレーシングカーとはなんて贅沢なのでしょう。

s-IMGP4918.jpg
カスタムCARとゆかいな仲間たちのブース。1963年式のセドリックをなんとフルカスタム!?
フレームまで手を入れて着地させてしまっています。これはあまりにも強烈すぎる一台だ・・・。

s-IMGP4919.jpg
ハイドロがインストールされているようで、トランクルームにそれっぽいものが鎮座していました。
60年代のアメ車ではローライダーとして定番カスタムですが、それを激レア国産旧車でとは…。

s-IMGP4922.jpg
写真がブレてしまいましたがインテリアもかなり手が入っていて、アンプが綺麗に光ってます。
観音開きのリアドアが泣かせます。ちなみに奥の66年式クラウンは世田谷ベース登場車です。

s-IMGP4920.jpg
ここのブースはかなりぶっ飛んでいて、日産エクサキャノピーに4Lモンキーを積載してたりも。
80年代カーでもこうしたギラギラのカスタムが不思議と似合っています。隣のNSXは極上車。

s-IMGP4924.jpg
エアブラシ塗装を行うWestのデモカー。スズキカプチーノEA11R。自分も乗ってたやつだ!
ボンネットにエンジンルームが見事なペイントで描かれています。エアブラシってすごいよなぁ。

s-IMGP4936.jpg
R31HOUSE & MACTOOLSのスカイライン。手前はなんとワゴン、それにRB26スワップ!
クラクラしてくるようなR31愛を感じます。レパードと同じくこうした偏愛はめっちゃ素敵です。

s-IMGP4932.jpg
Nostalgic Hero、ハチマルヒーロー、Nostalgic SPEED三誌の表紙を飾ったクルマたち。
ヨタハチとコスモ。コスモは代表的存在で今回のイベントのチケットやポスターにも登場です。

s-IMGP4933.jpg
71マークⅡ、20ソアラ、Z31など。ソアラはガルパンと同じツートンですよ奥さん!!(ぁ
ステージ近くの一番いいところに飾られているだけあってどれも表紙で納得のコンディション。

s-IMGP4940.jpg
会場で買ったおみやげ達。1937年のカリフォルニアナンバープレート(本物!!)と60-70年代のデッドストックらしいSTPステッカー、そしてi-VTEC insideのカッティングステッカーです。
さらに普段はトヨタ博物館で売られている「昭和の日本自動車見聞録」という戦前日本のクルマ写真集も購入しました。ナンバープレートについてはまた個別で記事を書きたいと思います。
チケットに500円分の金券がついてくるのでちょっとお得でした。出店も多くて楽しかったです!

最後に、当日は血迷ってクルマで来場したのですがパシフィコ横浜の駐車場はどこも満車。
他の人についていって近くの万○倶楽部の駐車場に停めたのですが、ここは土日は上限無し
料金のためイベントから帰路につく頃には4,200円もとられました。リサーチするべきだった…。
駅から近いので普通に電車でいくべきでしたね。天気のいい横浜の街を走れたからいいか…。
広告

| クルマネタ | 19:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

画像投稿ありがとうございます☆

ノスタルジック2daysにてオレンジのS30Zを展示させて頂いておりました、SPEED FORMEです♪

かっこよく撮影していただいてとっても嬉しいです!!

ありがとうございます!

| SPEED FORME | 2016/03/08 12:41 | URL |

>SPEED FORMEさん
こちらこそ、わざわざコメントしていただいてありがとうございますm(_ _)m
当日はとても楽しませていただきました!
ブースの人に声を掛けなかったのと検索の仕方がわるかったので詳細不明と書いてしまい大変失礼しました。

| KEI | 2016/03/08 17:50 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1737-bd092643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT