PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トライアンフ TR7

以前に富士のスーパーオートバックスでお買い物をしたとき、別棟でくじ引きを引けるということ
でそちらの中古車販売棟に行ってみると珍しいクルマのオンパレードでビックリさせられました。
s-写真 2016-01-24 16 58 04
このラインナップの中で一番のレア車、トライアンフTR7を紹介します。イギリス製のスポーツ
クーペです。今はバイクで有名なトライアンフですが過去にはこうした車を作っていたのです。
TR7は1974年から81年にかけてアメリカ向け車両として開発・販売をされていた1台です。
前後の大きなバンパーや左ハンドルからもそういった背景をうかがい知ることができますね。
2L SOHCのエンジンを搭載し、コンベンショナルなFR駆動。米国仕様で90psとパワーこそ控
えめなものの、軽い車重とシャーシの素性の良さによって抜群のハンドリングを誇ったらしい。

s-写真 2016-01-24 16 58 37
フルオープンモデルもありますがこちらの個体は大きなキャンバストップを備えたモデルです。
よく見るとリアウィンドウに当時の正規ディーラーステッカーが貼られています。国内における
外車の旧車では、この正規ディーラー車というのがとても価値の高いものになるのだそうです。
ラインの入ったペイントワークやホイールなど、恐らくほとんど当時モノのノーマルコンディション
で、ただでさえ見かけない珍しいクルマの完璧な状態ということでものすごくレアな中古車です。
ナンバーが二桁なのでもしかしたらワンオーナーで大切にされてきた1台なのかもしれません。
恐らくもう売約済みになっているかと思われますが、また道路で出会えたらいいなと思います。

他にはマセラティクワトロポルテやかなり状態の良いBNR32などマニアックな車を見れました。
旧車も憧れますがオープンカーってやっぱり良いよなぁとここ最近思っています。父が自分の
物心がついた頃から欠かさずオープンカーが好きで乗り続けているので、その辺りの感性が
遺伝したのかもしれませんw 事情が許すならMR-SとかMGBとか買っちゃいたいなぁなんて。
広告

| クルマネタ | 21:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

茨城県神栖市

突然のメール大変失礼いたします
貴社におきましてはTR7関係をてがけているようですので
相談なのですが当方TR7の部品取り車両
マニアルミツションを所有なのですが貴社での購入などは
行つておりますでしょうかエンジンはオーバーホール済みです
連絡頂けましたら幸いです
突然すみませんがよろしくお願いいたします
小林

| 小林忠信 | 2016/09/03 10:19 | URL |

>小林忠信さん
申し訳ございません、当方は車屋ではありません…。

| KEI | 2016/09/04 21:40 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1746-35faf3c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT