PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Ride デモ版をプレイ

s-Screenshot-Original2_20160331211723ad6.jpg
だいぶ前に騒いでいた市販車バイクレースゲーム、Rideのデモ版を今さらプレイしました。
結論から言うとかなりビミョ~な代物でしたが、触ってみて感じたことを自分なりに綴ります。


s-Screenshot-Original4.jpg
本作はインターグローから発売されたレースゲームです。クルマで市販車を操れるゲームは
数知れずなのですが二輪車だとそうでもなくバイク好きとしては久々にオッとなるタイトルです。
以前に紹介した通りマルチプラットフォームで、主要据え置き機では一通り出ているのも特徴。
国内外のスポーツバイクが多数登場しカスタムにも対応、世界中のコースを走行できます。
デモ版はXB1だと容量がたしか5GB程で、クイックモードで1コースのみのレースができます。
車種はホンダCBR600RR、カワサキZX-10R、トライアンフストリートトリプルRを選択可能。

s-Screenshot-Original3_2016033122133277a.jpg
カスタムも一通り体験できます。インターフェイスがなんだかForzaにそっくりです・・・(;´Д`)
結構実銘柄・実物のパーツが登場し、マフラーなんか車種によって選ぶのかなり楽しいです。
肝心のレース画面についてはハイスピードなので撮ることができませんでしたが、バイクや
ライダーのモデルはとても綺麗です。しかしそれ以外の背景や路面のグラフィックが追いついて
おらず、その辺りは一世代前のように感じます。マルチプラットフォームの宿命なのかなぁ・・・。
肝心のエンジン音が完全に電子合成音でこれはPS1とかそのレベルだろ!という点も残念。
折角の新世代機でプレイできるゲームとしてはこうした所でかなり魅力を削がれてしまいます。
操作性に関しては自分だけかもしれませんが初めにロクダボを選ぶとゴールすらできませんw
他の扱いやすいバイクで走りこんでいくと、コツが掴めて段々と面白くなってきます。慣れです。
LTのフロントブレーキの他、Aボタンがリアブレーキです。これだけは覚えておいたほうが楽しめ
ると思います。コーナーで不用意にスロットルを開ければスリップダウンしますし、ジャダーが出
て車体が揺さぶられドキドキしたり臨場感はあります。走りの疾走感も負けてないと思います。
失敗=転倒と、ミスが許されないバイクならではのスリルはクルマには無い感覚です(`・ω・´)
まぁでもこの操作の難しさとか諸々を補うためにリワインド機能もあるのでそこはご安心をw
一番気になるのはロードの多さ、長さです。レース開始前なんて1分くらいは待たされるのでは
ないでしょうか…読み込みで固まる箇所も多いですし、この辺りはかなりの弱点だと思います。
走行時にライダーが密集したりすると画面がガクつくようなシーンもありました。うーん、残念…。
題材はとても良いと思うのですが、ツメがかなり甘かったように感じられる作品と感じました。
ライダーやバイクモデルだけでなく、コースやBGM、さらにはロード時間削減や基本機能を
ブラッシュアップした次作に期待です。売れてないみたいなのでどうなるかは不明ですが…。
愛車が登場する方は買ってみてもいいかもしれません。ちなみにツナギはRev'itも出ますよ!
(最後の一文はレブイット愛好家の先輩への当て付けですw Happy Birthday I先輩♡)
広告

| XBOX One | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1762-67c11e11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT