PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

箱根ドライブ with BMW E92

bmw.jpg
先輩がBMW 320iクーペ(E92)を購入され、その記念で一緒に箱根へドライブしてきました!
天候にも恵まれ、素晴らしい道と景色を二台で堪能することができました。写真でご紹介です!


s-IMGP5997_Fotor.jpg
遠方から家まで早朝に来ていただいたのに二度寝(四度寝?)でスタートを遅らせてしまいまし
た…orz プジョーで来ていただいた時と同様に、東名高速 大井松田IC→小田原厚木道路で
MAZDAターンパイク料金所までアクセス。ターンパイクは上りの方が絶対に楽しいので…!!

s-IMGP5999_Fotor.jpg
時刻は朝の8時30分に差し掛かるくらい。日曜日というだけあってツーリングのバイクやドライブ
のファミリー、スポーツカー、スーパーカーまで、すでに様々な乗り物が集まっていました。丁度
シビックタイプR(FD2)が停まっていたので衝動的に横付けw まるでサーキットのような光景。

s-IMGP6004_Fotor.jpg
s-IMGP6012_Fotor.jpg
例によって走行中の写真はありませんが、今回はちょこちょことビューポイントに停車して写真
撮影することができました。ハンズフリー通話でコミュニケーションをとりながらってイイですね!

s-IMGP6013_Fotor.jpg
E92クーペ、めちゃくちゃカッコいいです(*´﹃`*) 業者オークションで年式が新しく距離も浅い
ものをビックリするほどのお手頃価格で探してもらったそうです。この車、超絶お買い得です!
Mスポーツのノーマル車をベースに輸入物のフロントリップ、ホイール塗装などを納車時に実施
してM3を思わせる上質なスポーティーさを醸し出してます。クーペって贅沢なクルマですねぇ。

s-IMGP6016_Fotor.jpg
s-IMGP6017_Fotor.jpg
片やドイツのミュンヘン生まれ、片やイギリスのスウィンドン生まれ、ユーロな面子です(´∀`*)
学生時代はお互いバイクだったのが今や欧州車です。あ、イギリスはユーロじゃないのか…?
改めて見るとどちらも20代前半のチョイスらしくないシブいクルマですw そういえばバイクも
ある意味両者とも若者らしくない選択(?)をしてましたし(先輩がTMAX530、自分がW650)
車の選択もバイクのように、お互いに周りに流されない妥協のない選択ができたんだなぁ…と。

s-IMGP6018_Fotor.jpg
s-IMGP6020_Fotor.jpg
日本のニュルブルクリンクとも称されるターンパイクを軽快に駆け抜けて、頂上のスカイラウンジ
で休憩です。毎回出ていた霧も今日は全く出ず、駐車場からも富士山を臨むことができました♪

s-IMGP6025_Fotor.jpg
s-IMGP6024_Fotor.jpg
食堂の蕎麦屋(箱根の水を使っておりとてもおいしく、自分たちのお気に入りです)で朝食を!
まだ早いせいか店内は人こそ多いものの席についている人達は少なく、窓側の特等席を確保
できました。快晴の富士山と芦ノ湖の絶景を見ながらウマい食事を…朝から贅沢なひと時です。

s-IMGP6028_Fotor.jpg
s-IMGP6029_Fotor.jpg
歩道橋からの景色も今日はもちろんクッキリと見ることができました。道沿いの展望駐車場には
往々にしてスーパーカー軍団が集まっているというイメージですが今日もそんな雰囲気でポル
シェ軍団が集まってました。最近のケイマンとボクスターが中心です。総額いくらくらいだ…?w

s-IMGP6030_Fotor.jpg
歩道橋を渡って大観山展望台からの景色です。車両進入禁止でクルマは完全に入れないので
すが、バイクは押して歩いていけるようで愛車と写真撮影をしているライダーの方もいました。ア
ニメばくおん!!OPに出てくる夕焼けの富士山をバックにしたカットの聖地はどうやらココらしい。

s-IMGP6032_Fotor.jpg
s-IMGP6021_Fotor.jpg
s-IMGP6034_Fotor.jpg
走るためだけに存在しているような観光道路なので駐車場はおもしろいクルマでいっぱいです。
特に目についたのはケーターハム Seven160(チューンドカプチーノエンジンで軽自動車登録
のセブン)。458万円からと超高価な車ですがライセンスフレームやステッカーで堂々とスズキ
アピールをしているのがめっちゃ通です@@; サイドマフラーのS800も色々ぶっ飛んでます。

s-IMGP6037_Fotor.jpg
s-IMGP6042_Fotor.jpg
ポルシェ軍団が出発していったのを見計らって、大観山展望台の駐車場を速攻で場所取りw
展望台のように完全に開けているわけではありませんが、この景色をバックに愛車を撮れたの
は奇跡的なタイミングでした。スーパーカー軍団御用達だけあって最高のビューポイントです!

s-IMGP6045_Fotor.jpg
s-IMGP6054_Fotor.jpg
s-IMGP6057_Fotor.jpg
芦ノ湖に降りてみましたが混雑で車を停めることができなかったので次は芦ノ湖スカイライン
へ。レストハウス フジビューやヘリコプター遊覧飛行場のある駐車ポイントからは下界の街を
一望することができました!ここ芦ノ湖スカイラインは道幅こそマツダ箱根ターンパイクと比べる
と狭くツイスティなものの景観が良く、通過時に音楽が流れる道路「メロディベープ」も見所です。

s-IMGP6059_Fotor.jpg
s-IMGP6064_Fotor.jpg
フジビューから出てすぐのところにある「レストハウス レイクビュー」にも景色が良さそうなのに
釣られて入ってみました。丘を登って(およそ三分のプチ登山です。段差がヒザの丈くらいまで
ある箇所もあるため、松葉杖をついている方は攻略不可です)見晴らしの良い場所に出ました。
電波があまり良くなかったですがポケモンGOのストップが1つあり、結構ポケモン湧いてますw

s-IMGP6065_Fotor.jpg
下の方にある売店にはなんと、看板ヤギがいました@@; 放し飼いのようでウロウロしてます。
毛並みがとても綺麗で、さらに人馴れしているようで大人気でした。お店の裏手の扉に入って
いったところを目撃したので、もしかしたら店内にいることもあるのかも。ここでカメラの電池が切
れてしまい予備も尽きてたので電池を探していると店員さんが親切に教えてくれて買えました。

s-IMGP6066_Fotor.jpg
レイクビューというだけあってこちらは芦ノ湖側。お店の裏手から芦ノ湖を一望できます。あまり
標高は高くないようで、高くも低くもない所から芦ノ湖を見れたのがとても新鮮でした。ついでに
高原牛乳ソフトクリームでツーリング気分なリフレッシュ。ここの休憩ポイントは超オススメです!
そういえば駐車場でなんとチョンマゲ生やしたNSX-R GTが近くに停まってくれました@@;
カメラのバッテリー切れが重なり写真は撮れなかったのですが、そんなラッキーもありました。

s-IMGP6068_Fotor.jpg
さらに進んで三国峠展望台へ。突き抜けるような青空と夏らしい雲が富士山を彩っている景色
を見ることができました。朝から暑い一日で、後日首の日焼けで苦しむことになりますが・・・w

s-IMGP6078_Fotor.jpg
本日の個人的ベストショットです♪ 駐車場は空いてはいませんでしたがタイミングを見てここに
クルマを配置し、短時間で撮影することができました。先輩もカメラを持ってきており撮影データ
を共有しましたが「とにかく動いて様々な角度から沢山の写真を撮る」という、写真のうまい人の
やり方を徹底されているなぁと感心しました。これは最近知ったコツなのですが分かっていても
まだ自分は身につけられていません…。デジイチですから臆することなくバシバシいきたい…!

s-IMGP6080_Fotor.jpg
s-IMGP6082_Fotor.jpg
芦ノ湖スカイラインから箱根スカイライン、さらに長尾峠を抜けて麓の街、御殿場に出ました。
お昼を食べてから東名ICのすぐそばにある仏舎利塔平和祈念公園へ訪れました。ちょうど
富士山が雲に隠れてしまって景色の良い写真は撮れませんでしたが(ここも富士山展望の良
スポットです)園内の狛犬通りや庭園の散策をしつつポケGOを楽しむことができました。ジムが
2つあって奪取合戦をしたり、ストップ巡りをしたり・・・ポケモンもよく湧いていましたよ(´∀`*)

s-IMGP6087_Fotor.jpg
先輩のE92はもっとじっくり写真を撮って、助手席同乗なんかもして単体で記事を書けるくらい
のインプレッションをしたいところだったのですが、なんと先輩のお父様が倒れて救急車で運ば
れたということで(腸炎だったようです…命に別状なく良かったです)最後は少し急ぎ足でした。

s-IMGP6083_Fotor.jpg
s-IMGP6084_Fotor.jpg
機能的でモダンなデザインのインテリア。BMWの車内ってBMW独特の匂いがしますよねぇ。
6速オートマチックにはマニュアルモードがついており、FRの素直な挙動と相まってドライブが
非常に楽しいクルマとなっているそうです。電動シートはランバーサポートやサイドサポートの
調整にまで対応しています!流麗なデザインのクーペながら後席の居住性も広々としてます。

s-IMGP6085_Fotor.jpg
同じボディで直6、V8の搭載車もある中で320iは直4エンジンを採用しています。そのためEg
ルームには結構な余裕があるのですがここはさすがBMWで、最小排気量のグレードでも抜か
りのない作りです。エンジンは車両中央に寄せるようにして搭載されたフロントミッドシップです。
ひょっとしたら320iは重量バランスがシリーズ中一番最適…なのかも!?傾斜したシリンダー
やインマニもかなりカッチョいいです。フロントのカバーは空いた空間を埋めるために配置されて
いるとのことでしたが同時にフレッシュエアの取り入れ口としても機能しており、キドニーグリル
にダクトが接続されています。加速時にはめちゃくちゃいい音させてますし大好きになりました♡
造り,デザインの知性だけでなくスポーツ性も兼ね備えたこういう近代的な大人のクーペは今や
もうほぼ存在しません。2Lクラスは本当にコレだけなのでは!?これからも大切にしてください!
広告

| クルマ・シビックタイプRユーロ | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1812-7a4e3d47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT