PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fuji Helion R 2016年モデル

s-IMGP6120_Fotor.jpg
 フジの自転車ってなんとなくカッコいいなぁと憧れがあったのです。今回はデザインやカラーでビビッときたドロップハンドルのミニベロが、丁度ネットショップのセールでかなりお安く売られていたのでこれはチャンスと衝動買いしてしまいました!ライジングサンカラーのヘリオンRです♪


s-IMGP6103_Fotor.jpg
 FUJI BIKESとはなんとアメリカのブランドです。かつては日本で誕生し、戦前に日本初のスポーツ車フェザー号を発売した「日米富士自転車」という名前でした。合併や倒産などの複雑な生い立ちを経て今はアメリカなのですが、ここに至るまでは100年以上の歴史を誇っています。日本発祥でアメリカで企画・開発されているってなんだかUSDMな雰囲気を漂わせています。

s-IMGP6112_Fotor.jpg
 そんなフジのスポーツミニベロ、ヘリオンRの素晴らしい所はなんといっても細身で直線的なクロモリフレームを採用している所です。アイコニックで近代的なカラーリング・装備を纏っているものの、すらっと一直線に立ったフロントフォークや無骨なハンドルステムなど、デザインの各所からはどこか古き良きビンテージ自転車の面影を感じることができます。シンプルな美学!

s-IMGP6111_Fotor.jpg
s-IMGP6118_Fotor.jpg
s-IMGP6110_Fotor.jpg
 フォークからヘッドチューブにかけてレッドを纏い、その他のフレームはホワイトという奇抜なカラーリング。Rという名前の共通点も含めてどことなくホンダのType-Rのクルマみたいだなぁと思ってます。Fujiのロゴは今らしさ満点のシンプルなブロック体で書かれており、そこにビンテージデザインの芋っぽいエンブレムを合わせてくる所にヤラれました。カッコよすぎます(*´Д`)

s-IMGP6104_Fotor.jpg
 自転車に関する知識はまだ乏しいのでぼんやりとご紹介ですが、ディレーラー、シフターにはシマノ クラリスがおごられています。これによって8段×2の16段変速を実現しており細やかなパワーの使い分けをすることができます。小さな車体でも中身はロードバイク的です(´∀`)♪

s-IMGP6113_Fotor.jpg
 ドロップハンドル車を所有するのは初めてで、その前傾姿勢のキツさにビックリしました。セパハンのバイクのがまだラクなレベルです。もちろん上部の突起部を掴んだりシート高を下げれば快適性は高まります。去年のモデルには上部に補助ブレーキがあったのだそうですが今年のモデルでは廃止されています。街乗りに使うなら補助ブレーキはオプションで欲しい所です。

s-IMGP6115_Fotor.jpg
 シフターも自分には慣れていない形式で、シフトアップはブレーキレバーのすぐそばにある小さなパドルをクリック、シフトダウンはなんとブレーキレバーを内側に倒すような感じで操作します。初めはシフトダウンがどうしても分からなくてネットで調べましたw 段数が多くて咬み合いが難しいのか、走行中によくガシャガシャとチェーンが何かに当たっている音がしますがこんなものなのでしょうか。一応最終調整して販売しているという所のですが…アフターサービスのことを考えると多少高くても実店舗で買うほうがよかったかもしれません。わりとよくあるケースのようでサイクルベースあさひのページでは調整方法が紹介されてたりするのでヒマを見てとりあえず自分で調整してみようと思っています。

s-IMGP6116_Fotor.jpg
 シンプルなシート。股関節まわりを手術して足があまり良くないのでガンガン走りこんだりはできませんが、自転車専用道をスイスイと走った限りでは固さを感じるものの痛みなどは出てこないため、結構な距離を走れるかもしれません。ただ路面の荒れている所では頭蓋骨に電気あんまを当てたような酷い振動が伝わってきますが・・・しっかり舗装された町中を走るためのバイクですね。道路を走るのは怖いので今後も自転車はサイクリングロード専用になると思います。

 重いギアを使うとかなり速度が出るので走行はすごく気持ち良いです♪ ポケGOを楽にやりたいからという下心もあったのですがそっちのけで楽しんでしまいました。というかドロップハンドル車でちょい乗りはあまり向かないな・・・と実感。がっつり自転車を楽しみたい時にオススメです。
 小径車なので車体を安定させて走るのには少し気を使いますが、素性が良いおかげなのか坂道でもグイグイと進んでいけるのにはビックリしました。いい自転車はやっぱり違います。
 
s-IMGP6108_Fotor.jpg
 そういえばいくつかすでにパーツをつけていたということを忘れていました。
AKI WORLD(アキワールド) D-CAGE BLACK OT-GU-010
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-520-OS] オーバーサイズ
ヴォイジャー+マーズクリックコンボセット ブラック 3BB-VY/MS-CLK

 サイクル用品が結構進化していることに驚きました。スポーツボトルにもペットボトルにも対応できるドリンクホルダー、ケースをつけて大きくなったスマホ用の取付部品が付いたり壊れやすかった場所が金属製になったりしてバイクで使っていた頃よりも格段に良くなったミノウラのスマホステー、ライト部分をクリックすると点灯できる超小型ライト…サイクロコンピュータもそのうち。

 あとスタンドがついてなかったのは完全に予想外でした。CBAの適当なサイドスタンドをつけてもらいましたが簡素なものなので、不安定でダメダメでした。早速自転車倒したしorz 自分はスタンドは絶対に欲しいのでまた何か買わないと…。「ある」ものだと思い込んでたのがいけなかったです。

s-IMGP6128_Fotor.jpg
 積載性テスト。バモスでは二列目を倒す必要もなくすんなりと収めることができました。自転車の方もミニベロだったらタイヤの脱着などは不要でした。コーダーブルーム Rail20(学生時代に買ったミニベロです。弟に貸して最近帰ってきたらボロボロになっていてガッカリしました…)でも同様に斜め置きでどかっと積めます。軽箱って本当に便利で手放せない存在だなぁ・・・。

s-IMGP6144_Fotor.jpg
ではシビックではどうなるでしょうか・・・・・・


s-IMGP6129_Fotor.jpg
 はいっ、積めました!これだからミニベロはやめられない!(ぇ サドルだけ外していけました。
前輪のクイックリリースは使わないとダメだろうなぁと思っていましたが床下収納が効きました。リアゲート・ガラスとの干渉もありません。ただし軽箱と比べるとやっぱり開口部は狭いため少し神経を使いました。また、サイドスタンドによっては多少変わるかも。スタンド無しのままなら寝かせて入りそうでした。シートチューブと天井はギリギリだったので靴下でも被せておくと車にキズがつかずに良いと思います。入口付近もタオルなどで養生することを忘れずに!タイダウンフックがついているので縛り付けるのはバモスよりもラクでした。遠出して自転車も使いたい時にはコレいいなと思います。ただ、内装を傷つける可能性は高いのでクルマが綺麗な今のうちはまだ気楽にはできません・・・w 

s-IMGP6141_Fotor.jpg
 なんだか自転車屋みたいになってきました。左のRail20はこちらのブログでは紹介していなかったので気が向いたら紹介するかもしれません。スイスアーミーバイクは今でもとびきりのお気に入りで、眺める度に心を癒やしてくれる存在ですw ヘリオンRはそんな二台の中間で、乗ってよし、眺めてよしな一台だと思います。まだまだ怪我の痛みは抜けていませんがリハビリを兼ねてちょこちょこ乗っていけたらいいなと思います。今日の日中にヘリオンで探索した街が結構面白かったので後日別の記事で紹介する予定です。
広告

| 自転車 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1814-03dce29c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT