PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車高調装着!

s-写真 2016-09-08 11 15 16_Fotor
 もう今月のはじめになりますが、ホイールと一緒に注文したTEINの車高調が届いたため取り付けてもらいました!クルマ好きとしては一度は買ってみたかった憧れパーツのひとつです♪ 賛否両論のストリートフレックス、いわゆるドレスアップ向け車高調です。意外と安かった…!


s-IMGP6369_Fotor.jpg
車が汚くて申し訳ないですが上がノーマル、下がローダウンの比較です。フロント。

s-IMGP6370_Fotor.jpg
リア。ちなみにダウン量は前後とも車種別推奨値の-25mmです。

s-IMGP6374_Fotor.jpg
サイド。元々低めの車両なので違いは微々たるものですが全体的に引き締まりました♪

s-IMGP6384_Fotor.jpg
フロント出ヅラ。8.5Jのオフセット47でキワキワでしたがこれで大丈夫かな・・・?

s-IMGP6385_Fotor.jpg
 リアは余裕な感じです。キャンバーシムでキャンバー角さらにつけてスペーサー入れたいかも。今回のFN2用STREET FLEX DAMPERですがフロントはピロボールアッパーマウントのためキャンバー角の調整が可能です。しかしリアはトーションビームのためシムをかませないと調整できないです。スタッドレスの時期が終わったら履き替えついでに手を付けようかと思います。

s-IMGP6395_Fotor.jpg
 現状では純正同様ほんのりネガキャン気味な感じです。これでも結構カッコいいんですけどね!腰高感の強かったリアが特に抑えられたのは満足です。見た目はよりスポーティーに♪

s-IMGP6386_Fotor.jpg
 タイヤハウスの隙間がほとんど無くなったことにより、覗き込まないと拝むことのできないテインの緑バネ。防錆処理がしっかりしているため積雪地帯のこちらでも安心して使うことができそうです。降雪があるから思い切って下げられないという事情もあるんですけどねぇ…(´・ω・`)

s-IMGP6388_Fotor.jpg
 減衰力調整ダイヤル。リア側はトランクルームから直接触ることができます。ストリートフレックス取り付けに当たってFN2ではリアサスサービスホールキャップの取り外しか穴あけ加工が必要となりますが、取り付けをお願いしたグランドスラムさんでは標準で穴あけしてくれました。

s-IMGP6389_Fotor.jpg
 フロントはこちらもキャップに阻まれており、メカニックの方いわく結構めんどくさいらしいです。今は最も硬い設定からダイヤル5戻しの設定にしていますが、慣らしが終わったら触ってみることにします。天候・体調不良が重なり半月ほど経ちまだ500kmも乗れていませんが。゚(゚´ω`゚)゚。
車内から減衰力調整できるOP装置、EDFCはFNシビックの場合後付不可らしいので注意。

※追伸 フロントのキャップはマイナスドライバでこじるだけで外れました。簡単ですよ!

s-IMGP6380_Fotor.jpg
 乗り心地に関しては巷で言われる通り、純正のザックス製ダンパー比でむしろ良くなります。ちょっとした段差なら難なくいなせるという性格はTEINのこちらが勝っています。サスが馴染めばまた印象が変わるかもしれませんが、車高調らしい硬さはあるもののタイプRサスと比べるとだいぶ柔らかくステアリングのシャープさが弱まり、車体のロールが強くなります。スポーツ走行なら許容範囲のもののサーキットを走られる方には評判通りオススメできません。峠くらいなら今のところ満足ですが動力性能重視の場合は純正ダンパーを活かしてダウンサスかオプションの無限スポーツサスペンション、予算が許せばハイクラスのスポーツ車高調が良いでしょう。

s-IMGP6381_Fotor.jpg
 ただ操作に対して過敏な味付けだった純正と比べるとその辺りがマイルドになるため、個人的には飛ばす時に意図しない挙動の発生が抑えられて運転がしやすくなったのが嬉しい誤算でした。車両の挙動の変化も掴みやすくなり、スポーツ走行初心者には案外これくらいでちょうど良いのかもしれません。あぁ・・・ただでさえ“ユーロ”なのがよりタイプRから遠ざかっていく・・・w
 複筒式の構造上仕方ないもののようですがギャップを超える時にキシュッと作動音がするのもちょっとだけ気になりましたがまぁこの辺はトレードオフですね。マニュアルにもちゃんと記載があります。乗り込む時にギコギコ言う持病の純正ダンパーに比べればまだ納得がいきますw

s-IMGP6394_Fotor.jpg
 サスが馴染めば車高も若干落ちるそうなのでとりあえずセッティングはこのままでしばらく走ってみます。もうちょっとベッタリさせてみたい気持ちはありますが…車高が下がったことにより坂道での出入りなどが心配でしたがこの程度ではまだ困るようなことは起きていません。車高調キットには取説やレンチの他、エンブレムとカッティングステッカー(白黒各二枚づつ)が付属しており結構お得感があります。本体価格8万円程+取り付けアライメント調整費で実際安い!


☆おまけ☆
s-IMGP6390_Fotor.jpg
s-IMGP6391_Fotor.jpg
 車高調取り付け前後で地味に変わっていた部分に気づいた方はおられますでしょうか・・・。フロントにナンバーしゃくりをつけていましたw 古い汎用品をタダでもらってきたのでシャシブラで適当に塗装して取り付けてみました。この車だとせいぜいこのくらいの角度が限界なので大きな変化はありませんが、ビターンと貼り付けただけのようだった純正状態に比べるとスラントして結構かっこよくなった気がします。あ、可倒ステーは車検NGなのでそこだけご注意ください・・・。
広告

| クルマ・シビックタイプRユーロ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1829-8cf06dc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT