PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オープンカー初めにVR初め!

s-C1JdHxSVEAAjTlR_Fotor.jpg
 元旦に初めてなにかに挑戦すると年神様に嫌われてしまうため、新しいことをするのは1月2日からが良い!なんて説が見受けられますがこの日はコペンに初めて試乗&VRゲームの初体験をさせてもらいました!どちらも新鮮だったので簡単にですが紹介したいと思います。


s-C1JdHwmUAAAqSAI_Fotor.jpg
 コペンは先輩方の集まりに参加させてもらった際にてくろさんの所有するものをドライブさせてもらいました。軽のオープンカーは初めての四輪愛車だったカプチーノ以来です。こちらは吸排気、ECU、オイルクーラーなどなど結構なチューニングが施されておりとても貴重な体験です。

s-C1JX0JPVEAEJC02_Fotor.jpg
 走り出すと軽自動車とは思えない力強さと痺れるターボサウンドに一瞬にして魅了されました。さすがに色々されているだけあって加速がとにかく速かったです!ブーストのかかるシュイィィ…という音やブローオフのシュルル、パシューンという音が吊るしの市販車ではありえないほど良く聞こえ、ターボ車ならではの魅力がひしひしと伝わってきます。コレはNA車には絶対に無理な要素ですからねぇ…羨ましい限りです。四気筒エンジンということでエンジンサウンドもよく、MTでもとても乗りやすかったですしこの代のコペンってやっぱり名車だと思わされました。運転していてとにかく楽しいです。そして屋根を開けた状態でも乗らせてもらいましたがオープンカーはやっぱり爽快です!またオープンカーを絶対に所有したいと改めて思わされました。

sC1KaK87UUA.jpg
 所変わってgrapen先輩のところでは運良く抽選に当たって手に入れたというPSVRを体験させてもらいました。これはPS4の周辺機器扱いで、ゴーグルのピントを合わせ、イヤホンをつけてテレビの前に座ってプレイします。バイオハザード体験版とドライブクラブVRをやらせていただいたのですが、VRゲームの「画面の中の世界にいる感」は想像以上で驚きました。とくに後者のレースゲームでは車内視点がまるで本当に実車のシートに座って走っているような感覚で、クルマ好きは是非やってみるべきだと思いました。車種選択画面のクルマもそこにあるような臨場感でワクワクでした。バイオは…こわかった…(´;ω;`) ただゴーグル内の解像度はTVモニターに比べて劣っていたり、プレイ中は周りが完全に見えなかったりと(コントローラー等も手探りなので都度導いてもらいながらやっていましたw)いう特有の問題点もありました。そして自分はゲーム酔いなど10年はしていなかったので自信があったのですが、両タイトルともあまりにも酔い過ぎて15分のプレイが限界でした。これ以上やっていたら確実に吐いていたと思います…。先輩曰く「VRの相性には個人差があるのと、ゲーム機の設定の合う合わないもあるから実際に所有してからだと慣れるかもね」とのことで、まさにその通りだと思いました。せっかくやらせていただいたのにすぐダウンしてしまい本当に申し訳ありませんでしたが、VRは想像以上に没入感があるというのを実体験できたのは収穫でした。かなり面白いのでもう少し普及しだしたら自分も持ってみたいなと思います。ゲームの進化もついにここまできたかという感じでした!
広告

| 日常・ネタ | 21:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

左のお姉さんがきれいな感じがして
気になります、、、

| | 2017/01/05 18:04 | URL |














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1880-25741477

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT