PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トヨタ博物館 その1

s-IMGP7401_Fotor.jpg
 かねてより行きたいと思っていたトヨタ博物館に行ってきました!国内外のクラシックカーをはじめとした多数の名車が展示されており、100年以上続く自動車史の原点に立ち返って触れることのできる素晴らしい場所でした。今年はリニューアルオープンの年で、頑張って展示されていた全てのクルマを撮ってきたので複数回に分けて紹介します。。カメラの調子がここ最近かなり悪く(オートフォーカスや露出が不安定)微妙な写真もありますがご容赦ください・・・!


s-IMGP7406.jpg
エントランス。6月25日までネットでプリントした優待券を持っていくと入場料200円引きです♪

s-IMGP7407.jpg
s-IMGP7410.jpg
s-IMGP7411.jpg
1963 トヨタ ボンネットバス FB80型
屋外に展示されているノスタルジックなこのバスは、乗り込んで車内を見学できました。

s-IMGP7412_Fotor.jpg
s-IMGP7416_Fotor.jpg
1937 MG ミジェット タイプTA
まず出迎えてくれたのはこの二台。戦前MGを早速見られるとは嬉しいです(´∀`*)

s-IMGP7415.jpg
s-IMGP7418.jpg
1967 トヨタ 2000GT
お隣は希少な2000GT。前期型でなんと左ハンドルの個体でした!

s-IMGP7420.jpg
s-IMGP7423.jpg
s-IMGP7421.jpg
s-IMGP7422.jpg
1936 トヨダ AA型乗用車(レプリカ)
現在のトヨタの礎となった、戦前に作られた初の量産乗用車です。

s-IMGP7424.jpg
s-IMGP7425.jpg
1886 ベンツ パテント モトールヴァーゲン(レプリカ)
世界初のガソリン自動車です。水冷エンジンで、写真のフライホイールを手回しで始動します。

s-IMGP7427.jpg
s-IMGP7428.jpg
1894 ベンツ ヴェロ
三輪車の後から登場した四輪自動車。ヘッドランプがローソクで文字通りのランプです@@;

s-IMGP7431.jpg
s-IMGP7455.jpg
1898 ド ディオン ブートン 1 3/4HP
自転車ベースでカッコいいトライクですが、これもまだ19世紀の乗り物だというので驚きです。

s-IMGP7433.jpg
1909 スタンレー スチーマー モデルE2
ガソリンエンジンが発展途上だったこの頃、蒸気機関や電気モーターも盛んに使われたそう。

s-IMGP7437.jpg
1902 ベイカー エレクトリック
こちらの電気自動車は最高時速40キロ、航続可能距離80キロと今見てもかなり高性能です。

s-IMGP7442.jpg
s-IMGP7444.jpg
1901 パナール ルヴァッソール B2
駆動方式がFRという面で世界初の自動車がこちら。配管の放熱フィンが禍々しい・・・!

s-IMGP7445.jpg
1902 オールズモビル カーブドダッシュ
フォードT型に先駆けて大量生産を実現したアメリカの自動車。見た目はまさに馬なし馬車。

s-IMGP7448.jpg
1904 ランチェスター

s-IMGP7450.jpg
明治後期 人力車
Meanwhile in Japan…日本の自動車産業は比較的後発で、この頃は未だ人力車でした。

s-IMGP7451.jpg
1898 パナール ルヴァッソール(模型)
日本に初めてやってきた頃の自動車の現存車両から模型を作ったそう。模型展示も豊富です。

s-IMGP7452.jpg
1904 山羽式蒸気自動車(模型)
史上初の日本車はこの蒸気自動車でした。ちなみにヤマハではなくヤマバです。

s-IMGP7453.jpg
1907 国産吉田式 タクリー号
初のガソリン車はこちら。谷保天満宮に実車のレプリカが展示されていますね♪

s-IMGP7454.jpg
1918 T.G.E.トラック A型(模型)
これは初の国産軍用車なのだそう。

s-IMGP7458.jpg
1909 フォード モデルT
画期的な大量生産システムで世界を変えた、自動車史の王様的存在です。

s-IMGP7467.jpg
こちらはモデルTの雑誌広告とユーザーマニュアルの一部。貴重ですね~!

s-IMGP7456.jpg
1918 シボレー シリーズ490
後発のシボレーはロングセラーのフォードを脅かす存在となり、現代でも未だ闘ってますねw

s-IMGP7464.jpg
1923 エセックス コーチ
キャビンボディが採用され、自動車が馬車からよりクルマらしくなっていったのがこの頃でした。

s-IMGP7460.jpg
s-IMGP7463.jpg
1910 ロールスロイス 40/50HP シルバーゴースト
銀色の試作車が幽霊のように静かに走ったことから名前がついた、巨大で荘厳な高級車です。

s-IMGP7466.jpg
1911 ドゥローニー ベルビユ タイプHB6L

s-IMGP7468.jpg
s-IMGP7471.jpg
1912 ベンツ 14/30HP
今や高名なベンツもこのモデルの少し前まで、単気筒に固執し技術が遅れていたのだとか。

s-IMGP7472.jpg
1912 キャデラック モデル サーティ
今も欠かせないセルスターターや電気式ヘッドライトを初めて備えたのがこのキャディでした!

s-IMGP7474.jpg
1925 シボレー スペリア シリーズK
古いアニメ映画に出てくるような、角が取れて愛らしい形のクルマですね(´∀`*)

s-IMGP7476.jpg
1928 フォード モデルA
ホットロッドのカスタムベースとして未だに人気の大衆車。近所のカフェにも展示されています。

s-IMGP7478.jpg
1932 シボレー コンフィデレイト シリーズBA
多様化するニーズに答えて大衆車をより高級感ある見た目にしたモデル。禁酒法時代的!

s-IMGP7481.jpg
1934 フォード モデル40
フォードはその流れにV8エンジンを載せることで対抗。流線ボディの黎明期でもありますね!

s-IMGP7484.jpg
文字が見えづらいですが…“第一次大戦後の平和な時代、アール・デコ様式が花開いた”とあります。建物でも使われた様式ですがこの時代の自動車はまさに美術品のような美しさです。

s-IMGP7486.jpg
1913 プジョー ベベ
欧州では昔から乗用車は小型でした。べべは河口湖自動車博物館でも印象に残ってます。

s-IMGP7488.jpg
1913 モーリス オックスフォード
もう消滅してトップギアでもネタにされるモーリスですが、かつては英国大衆車の歴史の始祖!

s-IMGP7490.jpg
1924 オースチン セブン "チャミー"
戦前日本で最も走っていた輸入大衆車。現在も国内の愛好家クラブが活動しているようです。

s-IMGP7492_Fotor.jpg
1925 シトロエン 5CV タイプC3
スポーティーなボートテールの形状から日本では“セミ”と呼ばれ親しまれていたそうです。

s-IMGP7494.jpg
1920 デイムラー タイプ45

s-IMGP7496.jpg
1925 ミネルバ 30CV タイプAC
ベルギー生まれのこの高級車はハリウッドセレブの間でのステータスにもなっていたそう!

s-IMGP7498.jpg
1927 ピアスアロー シリーズ36
フェンダー埋込み式のライトが独特なアメリカの超高級車。ミネルバ共々今は聞かない名前…。

s-IMGP7500.jpg
s-IMGP7502.jpg
1928 イスパノスイザ 32CV H6b
昔の高級車は「運転手を座らせる運転席は耐久性を重視した革シート、大事な人の乗る後席は肌触りの良いモケットだった」というのが見事にわかる一台。他にも結構これは見られました。

s-IMGP7503.jpg
1929 デューセンバーグ モデルJ
200馬力近いパワーは当時のレーシングカー並。派手な色使いや独立したキャビンも面白い!

s-IMGP7506.jpg
s-IMGP7508.jpg
s-IMGP7510.jpg
1935 イスパノスイザ K6
かつて旧佐賀藩主が自らボディをデザインし、日本で架装したという珍しい個体。ナンバーや車検証ステッカーがまだ付いてる!!

s-IMGP7511.jpg
s-IMGP7513.jpg
1931 キャデラック シリーズ452A
今回のラストはV16エンジンを先駆けて搭載したこちら。GTA5のルーズヴェルトの元ネタ!


その2に続く!!
広告

| クルマネタ | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1890-49d08025

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT