PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふぉるつぁほらいぞんすりーでゅらせるかーぱっく

s-x1.jpg
日本語版だと本当にタイトル通りですw 改めましてカーパス最後のDuracellカーパックです。


1_20170308203434c86.jpg
2_201703082034358a8.jpg
3_2017030820343740b.jpg
1959 BMW 507
レアクラシック / PI値:D371 / 123kW(167PS) / 1,220kg / 3,168cc
 エルビス・プレスリーが所有していた個体が近年レストアされて話題を呼んだ、50年代BMWの美しいオープンカーです。ボディ同色のインパネやホイールが良い味出してます。V8エンジンでトップスピード200km/h超と、この頃のクルマとしてはスペックも中々良いのですが、当時は開発費が嵩んだことによる高価な価格で販売不振となり(507の総生産台数は252台でした)結果としてBMWの経営不振まで招いてしまったという不遇なモデル。そのためクラシックカー市場での希少度はかなり高く、現在は中古車が1億円以上で取引されているようです。

4_201703082050034d4.jpg
5_20170308205005671.jpg
6_20170308205006385.jpg
2017 Chevrolet Camaro ZL1
モダンマッスル / PI値:S1-841 / 485kW(660PS) / 1,761kg / 6,161cc
 アメリカンスポーツカー、カマロの50周年記念として発表された歴代最強モデル。近年の自動車のダウンサイジングブームに中指を立てるかのごとく巨大な6.2リッターV8エンジンにスーパーチャージャーを搭載し、90キロ近い最大トルクを弾き出します。ただやみくもにパワーを追い求めるだけでなく、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分30秒を切る速さでポルシェやBMWをも蹴散らせる、アメリカンマッスルの新たな時代を切り開くモデルとも言えます。

7_20170308210247ca3.jpg
8_201703082102481b0.jpg
9_20170308210250473.jpg
1992 Ford Falcon GT
レトロマッスル / PI値:C597 / 200kW(272PS) / 1,647kg / 4,942cc
 フォード・オーストラリアが豪州市場向けに生産していた独自モデル、ファルコンシリーズの5代目中期に当たるEB型の高性能バージョン。こちらはオリジナルのファルコンGTの生誕25周年を記念してたった250台が生産された限定車でした。ちょうど今年でそれからさらに25年経つわけで、オーストラリアが舞台のHorizon3に再記念として登場を果たしたのかもしれませんね。この代でGTも含めて、1982年より長らく途絶えていたV8エンジンがファルコンシリーズのラインナップに復活し、オーストラリアの自動車愛好家からは誕生を歓迎されていたそうです。

10_20170308212014ebf.jpg
11_20170308212015d7c.jpg
12_20170308212017426.jpg
2015 Jaguar XE S
スーパーサルーン / PI値:A727 / 254kW(345PS) / 1,718kg / 2,995cc
 ジャガーがこの年より販売しているスポーツサルーン XEの高性能バージョン。あのFタイプと同じ、名高い3リッター・スーパーチャージドV6を搭載し、官能的な音と共にヘビーなボディを0-100km/h加速5.1秒で突き動かします。洗練されたフォルムや8速ATとも相まって、今時の高級車だなぁという雰囲気がムンムンです。カッコいいですね。このモデルの日本における正規輸入車の価格は約809万円から。ベースモデルの439万円に比べると二倍近い価格になっていますが、ジャガーって思ってたより意外と安いと考えちゃったのは自分だけでしょうか・・・?

13_201703082134397bd.jpg
14_20170308213441617.jpg
15_20170308213442a7c.jpg
1972 Land Rover Series III
オフロード / PI値:D100 / 51kW(69PS) / 1,405kg / 2,286cc
 イギリスを代表するクロカン四駆、ランドローバーのビンテージモデルです!ガルパンにも登場していた初代、シリーズⅠの雰囲気を色濃く残したデザインがアニオタ的に嬉しいです(ぇ 
今やラグジュアリーSUVとして名を馳せているランドローバーですが、この型は全体のイメージから、リベット留めの外板や露出したドアヒンジなどの細部に至るにまだ軍用自動車の無骨さ・シンプルさが色濃く残っています。1985年まで販売されたロングセラーモデルですが、動力性能はゲーム中最低クラスの超非力車です。しかし、未だに極地探検家のようなユーザーからの信頼は厚く、オーストラリアの大自然を駆け回るのには最も相応しい一台だと思います。外装アップグレードでボンネットに載せるスペアタイヤや大きなルーフラックを取り付け可能です。

16_20170308215835f97.jpg
17_20170308215836de4.jpg
18_20170308215838287.jpg
1995 Nissan NISMO GT-R LM
アジアンスポーツカー / PI値:A711 / 224kW(305PS) / 1,580kg / 2,568cc
 当時のル・マン24時間耐久レースのために、この個体1台のみが作られ、現在は日産の座間記念車庫で眠っているホモロゲ取得用スペシャル。不人気だったR33型スカイラインの傍らにあって非常にマニアックな一台です。ホモロゲ規定の「ベース車に4ドアがあってはならない」という条文に従うために名前に“スカイライン”が無いGT-Rとして、現行GT-Rのご先祖様的な立ち位置としても見ることができるクルマです。レースのために生まれたワイドボディを纏い、4WDを廃しFR駆動となり、さらにWikipediaにはRB26DETTをボアアップした3リッターのユニットになっているとありましたが、ゲーム中では同じ排気量のままです(パワーは若干アップ)。

19_20170308221618fd8.jpg
21_20170308221621a00.jpg
20_2017030822162146d.jpg
1983 Volvo 242 Turbo Evolution
クラシックラリー / PI値:C512 / 168kW(228PS) / 1,440kg / 2,141cc
 1973年から1993年までと20年にも渡る長い期間販売されていた「空飛ぶレンガ」240シリーズの内のクーペモデル、242をベースにグループAホモロゲモデルとして500台が生産されたのがこのエボリューションです。ちょっと複雑な話ですが1980年にはボディタイプの違いに関係なく名前が全て240に統一されたので、実際にはボルボ240として見ても良いかと思われます。名称統一後のこのモデルはレースで大活躍をし、富士スピードウェイで行われたインターTECでも優勝、日本のモータースポーツファンにも衝撃を与えた存在なのだそうです。



☆スペシャル☆
22_201703082230596cf.jpg
23_20170308223101333.jpg
24_20170308223103ec5.jpg
2017 TAMO RACEMO
アジアンスポーツカー / PI値:C589 / 140kW(190PS) / 1,040kg / 1,199cc
 プレゼントカーとして配布されたのでDLCを購入していない人にも渡ってるのかな?シリーズ初収録のインド製のクルマで、新車で28万円の激安カー「ナノ」で話題になったタタの新ブランド、TAMOがジュネーブモーターショーで公開したスポーツカーです。2キロ以上のブースト圧で190馬力もの力を発揮する1.2Lターボエンジンをミッドシップに搭載しそのスペックからも、ホンダで登場を噂されているS1000もこんな風になるのかなぁと想像させてくれる楽しげなクルマです。運転席の三連モニターはSNS等インターネットとの連携が可能らしく、同ブランドの掲げるコンセプト「つながる車」が垣間見えます。将来の車のあり方への提言となりそうな一台です。


★ボーナスカー★
25_201703082248571dc.jpg
2016 SPANIA GTA SPANO DURACELL EDITION
 今回は特別にボーナスカーが用意されています!既存のGTAスパーノのペイントカーでスペック等にも変化はありませんが、分類上は独立車種扱いとなっており、Xboxストアにてアドオンとして無料で単体インストールをしなければ入手できません。忘れている方も多いと思われるので無くなる前にお早めにどうぞ!ちなみにデュラセルはアメリカの大手電池メーカーで、Xbox関連用品のテスト用電池として製品が採用されていることから今回のカーパックに名前が登場しているのかなと思われます。国内Amazonでの評価は芳しくないようですが・・・w
広告

| (XB1)Forza Horizon3 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1909-808e2052

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT