PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トヨタアクア試乗記

s-DSC_1397_Fotor.jpg
経験として一度乗っておきたかったベストセラーモデルのハイブリッドカー、トヨタアクアをレンタルして乗ってみました。遊びに行った際の足として一日使って、写真を撮ったり細部を見たりする時間はほとんどとれなかったので非常に簡単にですが感想を書き連ねてみたいと思います。


s-DSC_1398_Fotor.jpg
プリウスよりも小型なボディで確かな燃費性能を誇り、街でもよく見かけられるクルマですね。
トヨタレンタカーにて借りれた現行モデルで、グレードはたしかS。DOPナビが付いていました。

 扱いやすい5ナンバーサイズにして、最近のコンパクトクラスでは珍しくなったボンネットとキャビンがしっかり独立したメリハリのあるスタイリングが好印象です。今時の他のコンパクトは室内容量の重視などで、寸詰まりで不格好なボンネットの車ばかりですから…。ボディサイズは日本の道路事情にしっかりマッチしており、車幅感覚も掴みやすく取り回しで苦労するようなシーンはありませんでした。低く構えたルーフや後部座席下に搭載されたバッテリーの位置によって室内は少々狭め、特に後席はかなり圧迫感があります。ラゲッジスペースも必要十分な大きさながら他社製品に比べるとやはり広さや床の高さで見劣りし、リアシートを倒して荷室をフラットにすることもできなかったので(大きな段差ができます)、デザインやメカによってもたらされる燃費性能を重視した結果ユーティリティが損なわれている印象を受けました。1人や2人で主に使う分には困らないと思いますが、家族で乗るようなシーンにはあまりオススメできなさそうです。

 走行時の印象はハッキリ言ってつまらない車です。アイドリングストップやEV走行時からエンジンに切り替わる際の違和感が殆ど無いのは流石ですが、EVのみで意識して走らせることができるのはゼロ発進の出だしのほんの数十メートル程度です。これはどこのHV車でも似たようなものですし、走行中にちょこちょこEVモードにはなっているようだったので、エコドライブを心がけるようにすればアシスト領域はもっと広がったのかなとは思います。借り物は楽しもうとして踏んじゃいますからw 全開加速時の加速感はノンターボの軽のような感じです。ただそこは普通車なので高速などでは鈍足ながらもじわじわとスピードが伸びていきます。CVTのびよーんとした乗り味が強く(最近は車種によっては制御に味付けを施して“びよーん”感を低減しているものもあります。S660のCVTはまさに後者でした)、停車時にエンジンをふかしてみようとしても制御が介入してほとんど回転が上がらないので、クルマを操る支配感は全く感じられません。

 乗り心地は良好で、シートはそれなりに疲れづらい良いものだと思います。サスの硬さは可もなく不可もなく。ロードノイズやエンジンの音・振動は、EV走行の恩恵もあってか結構うるさく感じます。軽量な車重に少し期待しましたが運転を楽しむ部類のクルマとは正反対です。経済的なアシ車としては優秀だと思いますが、自分のような人間はまず買わないだろうなぁと思います。

s-写真 2017-04-06 19 52 28
 今回は主にHV車に不利とされる高速道路を70%ほどの比率で多用し、約240km走行してメーター読みの燃費は23.1km/Lでした。燃費走行は一切考えずガンガン踏んでこれだけ走ってくれたのは正直スゴいです。世間一般のアクア人気に内心反抗してかなり辛めな評価を付けている所も無くは無いですが、扱いやすく快適な車でしたし、改めて実感できたデザインや高い燃費性能には感心したので嫌いというわけではありません。もっと借りてみたかったかも?

s-DSC_0938_Fotor.jpg
最後にこれは車なご界隈ネタですがアクアの人こと神楽と一緒のドライブでしたw しーちゃん(アクア)が大好きな彼を夢のリアルしーちゃんに乗せてあげた所、初めは大喜びでしたが感想は「乗ると別に普通だな」でした。滅多に寝ない彼が寝てたので面白さについてはお察しです。

広告

| クルマネタ | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1930-63d90334

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT