PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モーターファンフェスタ2017 後編

s-DSC_1562_Fotor.jpg
お待たせしました、FSWイベントレポの後編です。前編はこちらからどうぞ。


s-DSC_1541_Fotor.jpg
s-DSC_1542_Fotor.jpg
自動車メーカーブース。NSX GTの乗り込み撮影会はお子様オンリーでした(´・ω・`)

s-DSC_1566_Fotor.jpg
新型NSXはホンダではなくモデューロに展示がありました。白もカッコいい!

s-DSC_1545_Fotor.jpg
s-DSC_1546_Fotor.jpg
787BとR360クーペはイベント終盤に走行披露もあったようです。

s-DSC_1543_Fotor.jpg
s-DSC_1544_Fotor.jpg
F40コンペティツィオーネ!!!本物なら世界に10台しか存在しない超絶レア車です。

s-DSC_1547_Fotor.jpg
リバティーウォークの新作マクラーレンが追加されていました。ボンネットはアルミ叩き出し!

s-DSC_1549_Fotor.jpg
ドでかいロールスロイスが何台も連なるドバイストリートなる一角。すごいインパクトでした@@;

s-DSC_1550_Fotor.jpg
s-DSC_1552_Fotor.jpg
s-DSC_1553_Fotor.jpg
s-DSC_1554_Fotor.jpg
アルファロメオ・ジュリアはインポーターによる展示。ジェレミーがべた褒めしてて気になる一台。

s-DSC_1555_Fotor.jpg
s-DSC_1557_Fotor.jpg
s-DSC_1558_Fotor.jpg
s-DSC_1561_Fotor.jpg
ド派手なランボでおなじみの諸星一家!あの諸星さん本人がインタビューを受けていました。

s-DSC_1563_Fotor.jpg
かなり珍しいキャンピングカーを使ったモチュールのブース。こういうこだわりもイイですね♪

s-DSC_1564_Fotor.jpg
ネオクラシックフォルムでオーバーフェンダーがよく似合うダッジチャレンジャー。

s-DSC_1568_Fotor.jpg
s-DSC_1569_Fotor.jpg
s-DSC_1570_Fotor.jpg
Power Craft & DANKパレードランの御一行。街中で一台だけ見てもビビる車がこんなに…

s-DSC_1571_Fotor.jpg
s-DSC_1573_Fotor.jpg
s-DSC_1575_Fotor.jpg
この後パレードランもちょろっと見ましたが軽い走行会のようなノリで、美しいスーパーカーたちが、これまた美しい音を惜しげもなく響かせながらビュンビュン走っていく様子が圧巻でした。

s-DSC_1576_Fotor.jpg
リバティーウォークミーティングの駐車場が一杯に!細かく見て行きたかったですが予約していた試乗会の時間が近づいてきてしまったので遠目に一枚だけ。あとでパレードを撮影しました。

s-DSC_1577_Fotor.jpg
 お待ちかねの試乗会です!特設のミニコースを2周できる形でした。HKSのS660はCVT車で、車高調や吸排気系、そしてエスロク界隈で非常に装着率の高いフラッシュエディターなどが装備されていました。FE装着で20馬力ほどパワーアップを果たしているようでしたが、乗った感じでは以前のノーマルレンタカーとの違いがあまり分かりませんでした・・・。起伏のある公道のほうがこの辺りの違いは分かりやすいのかな?全開区間やスラロームも試せたのですが、特にスラロームでは締まった足で車体がキビキビと動いてくれて非常に楽しかったです。スタッフさんの同乗があるにも関わらずつい本気で攻め込んでしまいましたw エンジン音も良かった!

s-DSC_1579_Fotor.jpg
 その勢いで隣のモデューロにも飛び込み。こちらは6MTのS660に乗らせてもらいました。内容としてはモデューロパーツのフルコンプリートとなっていて、エアロやアクティブスポイラーのみならずドリンクホルダーやヘッドレスト左右につけるスカイサウンドスピーカーといった気になるパーツを間近に見て体感することができたのが収穫でした。モデューロ足は設置されているスピードバンプを穏やかにいなしつつも、コーナリングでも引き締まった感じのある、オトナスポーツな印象でした。そして初めて乗ったマニュアルエスロクですがこちらも非常に楽しかったです。コクコク入るショートストロークのシフトで意のままの気持ちいいドライビングができました。

s-DSC_1583_Fotor.jpg
s-DSC_1582_Fotor.jpg
 今回の注目イベントであるスーパーグリッドウォーク。1.5kmのホームストレートを80台の展示車両たちが埋め尽くします。ご覧の通り黒山の人だかりで、パドックで展示車はすでに見ていたのとあまり足が良くないのもあって自分は観戦席から眺めるだけに留めました。大型モニターでオーナーインタビューを交えた中継をしてくれていたのでここからでも充分楽しめましたよ♪

s-DSC_1638_Fotor.jpg
グリッドウォークを眺めてお昼を食べた後はドリフトコースへ。ドリ天の競技をやってました!

s-DSC_1630_Fotor.jpg
練習走行で横向きの・・・マーチ!?気合のFドリのようでした。

s-DSC_1650_Fotor.jpg
タイトロープなる新競技が行われました。

s-DSC_1669_Fotor.jpg
s-DSC_1722_Fotor.jpg
狭い幅のコースに高速で侵入し、その侵入角度の美しさやパイロンを倒さないことを競います。

s-DSC_1684_Fotor.jpg
設定侵入速度は120km/h。スピードガンで測定されており下回ると減点なのでみんなかなり飛ばしてきますが、ラインが非常に限定されているのでそれぞれとても苦戦しているようでした。

s-DSC_1706_Fotor.jpg
頭文字D仕様のハチロクも横を向く!!望遠レンズを使いましたが中々よく撮れない…。

s-DSC_1778_Fotor.jpg
s-DSC_1780_Fotor.jpg
続いてはリバティーウォークパレードラン!LB代表を先頭にものすごい数が集まりました。

s-DSC_1783_Fotor.jpg
s-DSC_1793_Fotor.jpg
コースを一周し切らずに終わってしまったのが残念でしたが、ショーでしかまず見かけないようなハードカスタムのスーパカーたちがこんなにたくさん走る様子は圧巻でした。あとサバンナがスタート前に吹かしすぎてクーラントを大量にお漏らしして走行不能に陥っていました…w

s-DSC_1795_Fotor.jpg
1996年にあのミハエル・シューマッハがドライブしたF1マシン、フェラーリF310の走行披露。
今のレギュレーションのF1が失ってしまった、あのF1らしい甲高い音が響き渡っていました。

s-DSC_1824_Fotor.jpg
s-DSC_1827_Fotor.jpg
新型車試乗会。国産から外車まで多彩なラインナップでした。ただ受付の大行列を見た限りでは、今からディーラーまで行って試乗を申込んだほうが早いのではないかというレベルでしたw

s-DSC_1828_Fotor.jpg
s-DSC_1829_Fotor.jpg
その他展示車たち。バイクはお値段2000万円の市販車「ホンダ RC213V‐S」です@@;

s-DSC_1830_Fotor.jpg
公道ではまず見かけないパガーニ。右側はサーキット専用車でした。

s-DSC_1833_Fotor.jpg
s-DSC_1832_Fotor.jpg
欧州カスタムカーたち。アウディA1+OZホイールのノスタルジー感にはやられました!

s-DSC_1835_Fotor.jpg
s-DSC_1834_Fotor.jpg
ボルボのレーシングカーって実物初めて見たかも・・・日本では中々マニアックだと思います。

s-DSC_1839_Fotor.jpg
s-DSC_1867_Fotor.jpg
最後はD1GPエキシビジョン!ドリフト界の頂点とだけあってスピードも角度もスゴいです。

s-DSC_1875_Fotor.jpg
s-DSC_1886_Fotor.jpg
衝突寸前スレスレの追走との掛け合いも見ていてアツくなるものがありました。

s-DSC_1887_Fotor.jpg
帰り際に偶然審査員たちを乗せたトラックが通りかかりました(谷口信輝さんだ!)。


今回はとにかく催し物が豊富で朝から夕方まで一日楽しむことができました。ハイレベルなカスタムカーを間近に見たり、実車を試乗できたりといった収穫も大きかったです。また行きたい!

広告

| クルマネタ | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1933-f664aacf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT