PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パイオニアラン2017 後編

s-DSC_2262.jpg
今回も素敵なビンテージバイクが多数登場します!前編はこちらからどうぞ。


s-DSC_2197.jpg
s-DSC_2195.jpg
WW2でイギリス軍によって使用された軍用ノートンです!モデル名は恐らくWD 16H。

s-DSC_2240.jpg
s-DSC_2239.jpg
s-DSC_2198.jpg
WLAに比べてマニアックですが、めちゃくちゃカッコいいです♪ 超貴重なものを見れました。

s-DSC_2213.jpg
s-DSC_2214.jpg
60年代のトラクターと70年代の農業用機械。よく未だに残ってるなぁと思います。

s-DSC_2204.jpg
綺麗な深緑の陸王。工事現場用ヘルメットで乗る所が男気を感じさせます・・・w

s-DSC_2217.jpg
部品交換会の一幕。フリーハンドで手書きの非常に精巧なバイクイラストが一枚500円@@;

s-DSC_2220.jpg
s-DSC_2218.jpg
希少なリジットモンキー。上のCZ100は輸出向けで、めったにお目にかかれない存在です。

s-DSC_2219.jpg
スーパーカブが出た当時の販促用グッズや専用エンジンメンテナンススタンドが展示されていました。カブ系Egは未だに新車でも使われる超ロングセラーエンジン。長い歴史がありますね♪

s-DSC_2221.jpg
第一回パイオニアランジャパンの告知広告。1984年です。こちらのイベントも着々と歴史を築き上げていっていますね。最初は軍用車の参加が禁止だったのが興味深いです。世相か…?

s-DSC_2222.jpg
s-DSC_2226.jpg
ブリジストン90スポーツ。今は自転車屋のブリヂストンが、かつてこうしたスポーツバイクも作っていたのです。こちらは最高時速100キロを超える性能で、レーサーベースにもなったそう。

s-DSC_2223.jpg
同時期のホンダSS50。イマ風(90年代頃?)のカスタムが施されています。

s-DSC_2228.jpg
80年代のホンダのアメリカン原チャリ、MCX50。マシンもキワモノですが遊園地の乗り物みたいなサイドカーがついていたりといったカスタムも中々なヤバさを感じさせます((((;゜Д゜)))

s-DSC_2229.jpg
安定のトライアンフ。日本語の風切り板ってイイですね!奥のBSAはさらにレア車です。タンクのエンブレムは何で出来てるんだろう…。共に英国車の最盛期を築き上げた立役者たちです。

s-DSC_2231.jpg
かつて浜松に存在した丸正自動車製造のライラック號。スマートな横置きVツインのエンジンとシャフトドライブで、日本車離れした洗練のルックスが自慢です。今なお語られる名車ですね。

s-DSC_2234.jpg
ラビットスクーター。奥は最終モデルとなったハイスーパー。国産スクーターもシブい!!

s-DSC_2247.jpg
ヤレ具合がカッコいいこちらもラビット。ヒロポンのステッカーがなんともロックンロールですw

s-DSC_2236.jpg
エキパイの造形が特に魅力のヨンフォア。カスタム車が溢れる影でフルノーマルが輝きます。

s-DSC_2245.jpg
ホンダスポーツの代名詞、CBシリーズの始祖であるCB92。カフェレーサー風のシートカウルやスマートなリアエンドがすごくカッコ良くてこのアングルからの写真になりましたが、あの独特の“神社仏閣スタイル”なフロントも撮っておけばよかった~と今になって後悔しています(ぇ

s-DSC_2246.jpg
DKW(アウトウニオン)のバイク。エンブレムの通り、今はアウディとして残っている会社です。

s-DSC_2249.jpg
s-DSC_2248.jpg
サイドバルブハーレー!戦前からコレですからね。やっぱりアメリカはスケールが違うなぁ…。

s-DSC_2250.jpg
s-DSC_2251.jpg
今見てもやはり、充分にハーレーとして通用する完成されたデザイン。メーターはちょうど100の数字を刻んでいますが、日本のこの地にたどり着くまで今まで何周してきたのでしょうか…。

s-DSC_2252.jpg
ヘッドライトナセルが個性的なスズキTS250。ラリーマシンとして戦を重ねてきたのでしょうか。

s-DSC_2253.jpg
モトグッチは今やVツインで有名ですが、かつてはこうしたシングルのスポーツモデルも。

s-DSC_2255.jpg
ハーレー&陸王の一団!!

s-DSC_2258.jpg
s-DSC_2256.jpg
先程と別のSV。積まれた箱には「砲兵少尉 田島治朗」と・・・軍人さんが使ってたのでしょうか。

s-DSC_2257.jpg
s-DSC_2259.jpg
こちらは陸王。ラットな陸王と新車みたいにピカピカな陸王が同時に見れるなんて・・・w

s-DSC_2263.jpg
ノートンが走り去って行きました。眼&耳福…オーナーさんのコスチュームもキマってます!

s-DSC_2266.jpg
最高速のツインで有名なヴィンセント・ブラックシャドウの弟分であるコメット。初めて見た@@;

s-DSC_2272.jpg
s-DSC_2271.jpg
ポーランドのSHL125。戦前のピンクナンバー車ってすごい!!と思いましたがどうやら戦後にも同じような形で生産していた模様。日本語ページではほとんど詳細がつかめません…。

s-DSC_2276.jpg
s-DSC_2277.jpg
s-DSC_2278.jpg
昼食を食べてしばらくしてから会場に戻ると、3時頃ですが結構多くの人が撤収してがらんとしてしまっていました。しかしそこに昼前にはいなかったWLAが!!第二次世界大戦のアメリカ軍のバイクということで、こちらにものっぴきならぬ憧れがあります。目にできてよかったです♪

s-DSC_2283.jpg
高度経済成長期を支えたスズキのビジネスバイク、コレダ。ちょっと前までK50としてホンダのベンリィ共々生き残っていましたね。名前がお互いダジャレっぽいのも時代だったのかなぁ…w

s-DSC_2279.jpg
巨大農発撤収の図。フォークリフトまで使ってかなり大規模な移動作戦でした@@;

s-DSC_2273.jpg
来客用駐車場にて。W1のサイドカー仕様!側車の形やホイールがとても似合います。

s-DSC_2274.jpg
これは旧車ではないですがST250のBSAルック。SRでこうしたものは多いですがSTでは結構珍しい気がします。そしてこちらもセンス良く似合ってます!レトロベースにうってつけですねぇ。

s-CSC_2288.jpg
帰り道で見かけた素敵な戦前四輪!恐らく1936年式のフォード5ウィンドウクーペです。80年も前のクルマですが普通に流れに乗って走れていたのがビックリでした。アメ車らしく大柄で、なおかつフルフェンダーを有しつつも流麗なデザインが今の車にない凄みを醸し出していました。


 今回は遠方ながらも足を運んだ価値は充分以上にありました(会場入りした瞬間に来てよかったと思ったくらいでしたw)。普段はまず見ることのできないヴィンテージバイク、それも戦前のものも多く間近に見て、音や走り去る様子まで見聴きすることができて本当に貴重な経験になりました。最後に'36フォードと一緒に走れましたしねw 次回も是非また参加したいイベントでした。
広告

| バイクネタ | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パイオニアラン主催者の齋藤です。参加下さり有難う御座います。
当方50th目標にしております。また お出かけ下さい。

| 齋藤康夫 | 2017/10/12 04:17 | URL |

>齋藤康夫さん
コメントをいただき大変光栄に思います!
現代っ子の自分も素敵な旧車文化の担い手になれるよう、また是非行かせていただきたいと思います。

| KEI | 2017/10/12 21:20 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/1943-5bdcef7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT