PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

N-WGN NAモデル試乗記

s-DSC_5038.jpg
ふとしたことで半日借りた代車がなんと現行型のN-WGNでした。以前に旧型ターボモデルの試乗記を詳しく載せていますが、ノンターボ、そして最新の軽は果たしてどうなのかということで再びインプレしてみることにしました。何てことないのですがクルマは何でも気になるんですw


s-DSC_5032.jpg
N-WGNはワゴンRやムーブのホンダ版といったベーシックな立ち位置の軽ハイトワゴンです。現在全てのタイプを含む国内自動車販売台数の中で断トツトップを記録中の大人気を誇る・・・N-BOXの陰に隠れてそれほど人気ではないようにも感じる車ですが、そのN-BOXの旧モデルのエンジンなど数々の部品が共通して使われています。少々古さは隠しえない頃ですね。

s-DSC_5035.jpg
現行型はフロントグリルやメッキドアハンドルといった外観の小変更や装備・カラーの更新で商品力を保っています。カスタムではないこちらの素グレードは綺麗なコンビテールも目新しさを感じさせます。試乗車のグレードはG・Lパッケージ。ホイールはスタッドレスのため社外品に。

s-DSC_5037.jpg
カラーはプレミアムホワイト・パールⅡ。有料色だけあって中々所有感の高そうな色ですが個人的にはブリティッシュグリーン・パールが非常に気になります。カラーが豊富なのは嬉しい所。

s-DSC_5054.jpg
内装カラーはブラウン×ベージュかブラックかを選択できるようですが、こちらでは前者になっていました。全席ベンチシートであることも加えて明るさ・解放感の高さを感じられる車内です。

s-DSC_5062.jpg
s-DSC_5064.jpg
後席はリクライニング幅が広く取られており、最大まで下げた状態では大型セダンにも匹敵するほどのレッグルームの広さを実現しています。軽自動車とはいえども、現在ではコンパクトカーでさえ中々敵わないほどの室内の広さを手に入れていることを如実に感じられる部分です。家族などでの多人数乗車が多いような使い方の人にとっても、積極的にこうした軽を選べる理由になっていると思います。天井も高いので、どの席にいても窮屈な思いをせずに済むでしょう。

s-DSC_5066.jpg
s-DSC_5070.jpg
後席を下げていても荷室は充分実用に耐える広さを確保しており、さらに広げることが可能です。こうした室内空間のうまい取り方はホンダ車ならではの大きな強みのひとつだと思います。

s-DSC_5069.jpg
特許技術・センタータンクレイアウトによってトランクルーム床下の収納スペースも大きく確保。

s-DSC_5072.jpg
荷室モード時。後席の段差は変わらず有りますが、N-BOXやバモスほど仰々しい1BOXはいらないけど…というユーザーでもいざという時に大荷物に対処できるだけの空間だと思います。

s-DSC_5073.jpg
前回にやってみたかったけどやれなかった自転車積載テストを敢行!20インチのミニベロ、Fuji HELION Rを立ててそのまま積むことに成功しました。サドルやハンドルも特に触らずにいけましたが、前席を少し前に出す必要があったのでフルサイズでは前輪着脱は必須でしょう。床は1BOXに比べて少々高めですが積み下ろし性は良好。輪行ドライブの友にも良いですね。

s-DSC_5075.jpg
運転席。メーターデザインも明るくポップなものに変わっているみたいですね。調整機能付きの間欠ワイパーやオートヘッドライトなどといった運転装備も非常に充実しており快適です。ウインカーレバーはワンタッチで三回点灯の欧州車スタイル。今の軽自動車は至れり尽くせりですね。

s-DSC_5076.jpg
スマートキーと組み合わされるプッシュスタートシステム、それとプラズマクラスター付きフルオートエアコンまで。普段がバモスの自分にとってはもうすごい高級車に感じられます・・・w

s-DSC_5077.jpg
収まりの良いビルトインETC(オプション)と急速充電対応(!)のUSB給電ポート。スマホなどのUSB機器を使うことが多い現在では、標準装備のUSBポートが非常に嬉しいところですね。

s-DSC_5081.jpg
ディーラーオプションのナビも進化しており、スマホ的なフリック&ピンチ操作への対応や、美麗な映像を楽しめるフルセグテレビ、さらには専用のデータ通信機器を使って渋滞などの交通情報をリアルタイムで把握、かしこいルート案内をしてくれるようになるインターナビリンクアップフリーを備えていました。ナビ無しではいられない自分にとっては垂涎ものの羨ましさです(^q^)

s-DSC_5078.jpg
自動ブレーキシステムであるCTBAが装備されていました。前車速対応や追従クルーズコントロールを備えた新型N-BOXのホンダセンシングに比べると見劣りする内容で、こちらは時速5~30キロの間で作動します。信号待ちや渋滞時のぼんやり追突防止に特化した内容と考えて良さそうです。S660の時にブザーのみの誤作動を経験したのですが、同じようなシチュエーションで(夜間時に左折する前走車を追い越す時)また誤作動を起こし、今回は強力な制動が起きました。ズガガガッとABSの効きまくる振動がペダル越しに伝わり、ピタッと短い距離で止まったのはすごかったですが後ろの車は恐ろしかったでしょうね・・・。自分も冷や汗かきました。この追い越しシチュエーションは結構よくあることだとは思うのですが、調べたところCTBA付き車ではそうした運転はご法度のようでした。自分にとってはいらない機能だと思っちゃいます。

s-DSC_5083.jpg
さて走行インプレッションです。NA車はツインインジェクターを採用し58馬力を発生するエンジンを搭載しています。「走らない軽はつくりたくない」とホンダのHPでも謳われている通りなかなかキビキビした走りを見せてくれ、要所要所ではスポーティーに、クルーズ時には回転を低く抑えてくれるCVTとのマッチングもよく、高速域でも想像以上に快適でした。パンチのある走りという面ではやはりターボ車を選びたいところですが、ノンターボでも必要十分という所をちょっと超えるくらいまでの性能には迫っているのではないかと個人的には思います。これまた予想外に楽しかったのは峠でのドライブ。しっとりしていながらも車高の高さをあまり感じさせない足回り・重心の低さと、上り坂でもよく伸びるスピードで結構攻め込んだ走りができてしまいました。お買い物車といったイメージで見ていた車ですが、山を楽しめるというのはクルマとしての素性が良くできている証拠なのでしょう。誇張なしに見直してしまいました。またS07系エンジンはガラガラとしたガサツな音や振動がいたたまれないといった印象を、仕事でとっかえひっかえに動かす車や今までに乗れた車から抱いていましたが、多少の距離を走ると改善されることがあるようで(みんカラのS660レビューなどで見ました)この個体は結構静かで良い質感に感じました。よく効いてくれるアイドリングストップや低いクルーズ回転数もそうした質感を担ってくれているとも思います。燃費はおよそ100キロ走ってインジケーター表示が19.0km/Lでした。下道だけで、しかも楽しもうと燃費を気にせず踏みまくったにしてはすごくよく走ってくれました。あらゆる面でクルマってやっぱり日々進化してるんだなぁと思わされました。さらに一段上に進化した新型N-BOXがいる現在、それでも充分すごいと思わせてくれるN-WGNは狙い目かもしれません。旧モデルにおいてもトップセラーとして君臨していたN-BOXと共通部分が多いということが良いクルマであるということを保障しているようなものなのかなとも思いますし、出来自体もファーストカーとして充分耐えるものだと思います。はたまた新N-BOXのエンジンやホンダセンシングといった装備をひっさげてのフルモデルチェンジの可能性も期待でき、楽しみな所でもあります。
広告

| クルマネタ | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あけおめです。今年もホンダフルな年でありますように。
ガサツなエンジン音なのにナガモチツヨシ、不思議です。そういえば、代車のNーboxもエンジン音がバモと変わらない位に賑やかでしたが、車内の静けさには驚きました。ただ、足回りは旧式のド.ディオンでも上品な乗り心地でよく曲がるバモのほうが性に合ってます。
新型のV-TECが気になりますがどうなんでしょう、でもこのオジちゃんはン十年前に初代可変バルブのREVしか乗り回していないので(実は数年前までバイク乗り)なんとも評価できないんですけどね。

| バモル | 2018/01/07 17:54 | URL |

>バモルさん
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
軽VTECはまだ分かりませんが自分も結構気になっているので乗る機会があれば何か書くと思いますw

| KEI | 2018/01/07 23:17 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2017-ccdc8835

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT