PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モーターファンフェスタ2018 前編

s-DSC_8025.jpg
連休前のイベントですが、モーターファンフェスタへ今年も行ってきました!試乗会の他なんでもアリのクルマイベントで、新旧レーシングカーからショップデモカー、ブッ飛んだ個人カスタムカーまでたくさんの車を拝むことができました。写真中心で前・後編に分けて紹介していきます。


s-DSC_7962.jpg
s-DSC_7966.jpg
s-DSC_7967.jpg
まずはリバティーウォークブースから!オートサロンでも展示されていたミウラを間近に見れましたが、これって実はレプリカだったんですね。R35はリア2灯化でことさら異質な雰囲気に…。

s-DSC_7968.jpg
s-DSC_7970.jpg
エイプベースで目を疑うような高クオリティのCBX&ホークのスケールダウンレプリカが今年も。ホークはCB125Tのエンジン使ってますね。真ん中のちっさいスクーターはなんとポケバイでした!スクーターのポケバイなんてあるんですね・・・。ポケバイらしくもちろんチェーン駆動です。

s-DSC_7971.jpg
s-DSC_7974.jpg
s-DSC_7975.jpg
ハマーにマシンガン@@;

s-DSC_7977.jpg
s-DSC_7978.jpg
s-DSC_7979.jpg
インポーターがアルファのステルヴィオを展示していました(まだ日本未発売!)。

s-DSC_7982.jpg
s-DSC_7983.jpg
s-DSC_7985.jpg
ランドローバーディフェンダー 90ヘリテージ。英国にて台数限定で販売された、最新モデルにして1947年の初期モデルの外観を再現した希少なレトロモデルです。雰囲気が超抜群です!

s-DSC_7986.jpg
s-DSC_7987.jpg
デッキバンをリフトアップするとカッコいいですね(*´Д`)

s-DSC_7988.jpg
s-DSC_7989.jpg
s-DSC_7991.jpg
s-DSC_7990.jpg
OS技研、フジツボ、テインなど大手パーツメーカーデモカーたち。このイベントの売りは新型車一挙試乗会なのですが、こうしたパーツメーカーもデモカーを試乗させてくれるというのが面白いところです。今回はちょっと遅くに来ちゃったので残念ながら試乗はできませんでしたが・・・。

s-DSC_7992.jpg
s-DSC_7993.jpg
ハイエースにVR38DETTをブチ込んだ強烈マシン!これでもきっちり公道を走れるそうです。

s-DSC_7994.jpg
s-DSC_7995.jpg
s-DSC_8011.jpg
ちょっと変わり種の乗り物たちです。下段のELMOTOはドイツ発の電動バイクで、eバイク的な構成ながらも日本では原付二種登録となるそうです。車載ツーリングにはうってつけかも・・・?

s-DSC_7999.jpg
s-DSC_8000.jpg
しげの秀一の旧作『頭文字D』からAE86、新作『MFゴースト』からZN6が実車で夢の競演!

s-DSC_8001.jpg
s-DSC_8002.jpg
エアロメーカーVARISの80スープラ&新型シビックタイプR FK8。シビックは特に気になったので係の人に話を伺うと詳しく教えてくれ、リアオーバーフェンダーのエクステンション(純正ではドアの辺りで切れてるところを自然なデザインで繋げています)やカーボンリップ&ウイング、さらには試作の車高調(サスの電子制御はカットになる模様)まで期待のパーツが満載でした!!

s-DSC_8009.jpg
s-DSC_8007.jpg
s-DSC_8004.jpg
トーメイエンジンズ!RB26DETTの存在感も凄まじかったですが、貴重なクラシックサニーは1,300ccの自然吸気で170PSを発揮するという本物のビンテージレーシングエンジンでした。

s-DSC_8012.jpg
s-DSC_8020.jpg
s-DSC_8015.jpg
今回唯一の戦前車は1924年製のベントレー3リットル。ベントレーが自動車を作り出した初期の頃の貴重な一台です。未だにヒストリックカーレースで活躍中というのですからすごいです。お漏らしもすごかったですが(コラ   逆光で綺麗に写真が撮れなかったのが悔やまれる・・・。

s-DSC_8026.jpg
s-DSC_8028.jpg
s-DSC_8032.jpg
s-DSC_8033.jpg
s-DSC_8035.jpg
s-DSC_8038.jpg
その他名レーサーたち。フォルツァで見たようなのもちょいちょいいますね。

s-DSC_8039.jpg
s-DSC_8040.jpg
s-DSC_8041.jpg
s-DSC_8042.jpg
s-DSC_8043.jpg
雑誌Optionのハイレベルなカスタマイズカーたち。こちらは旧車!RX-3いい音してたなぁ。

s-DSC_8045.jpg
s-DSC_8044.jpg
s-DSC_8049.jpg
クアッドターボ2JZのドリフトシルビア!ここはレーシングラグーンの世界か何かですか・・・w
リアにはダウンフォースを稼ぐためだけにジェットエンジンまで搭載されていますΣ(・ω・ノ)ノ!

s-DSC_8046.jpg
s-DSC_8047.jpg
RAUH-WELTポルシェ。このボディキットは超有名ですが、既製品ではなく一台一台すべてを代表の中井さん本人が現車合わせ&施工を行っているということからも希少性が高いです。

s-DSC_8057.jpg
s-DSC_8061.jpg
s-DSC_8052.jpg
サーキット専用車のようですが、このエアロは圧巻です@@;

s-DSC_8059.jpg
s-DSC_8060.jpg
s-DSC_8054.jpg
ミヨシRX-7のシューティングブレーク仕様!美しい仕上がりです。

s-DSC_8056.jpg
s-DSC_8055.jpg
s-DSC_8062.jpg
HKS製スーパーチャージャーキット搭載のNDロードスターと・・・下の赤いのもNDです!

s-DSC_8139.jpg
s-DSC_8064.jpg
ミクニのキャブレター!インジェクターを見ても興奮なぞ感じませんが(内燃機関が淘汰された数十年後にはまた違って見えるかもですがw)、キャブにはオトコのロマンが詰まってますね。

s-DSC_8065.jpg
s-DSC_8066.jpg
NATSのヴェルファイアピックアップ!ここの車は色々ブッ飛んでてほんと大好きです。

s-DSC_8068.jpg
s-DSC_8072.jpg
s-DSC_8071.jpg
普段なかなか触れる機会のないインディアンのディーラーが出展してました。気になるスカウトボバーには跨ってエンジンをかけさせてもらいました。水冷DOHCエンジンなりに穏やか・・・かと思いきや回すと結構鋭いバイブレーションを伴います。これならクルージングでもドコドコと楽しそうです。車重が意外と軽いのも良いですね。ライバルはH-Dスポーツスターですが、あちらの空冷OHVは環境規制強化→燃料を薄くしないといけない→トルク減少&オーバーヒート傾向 というデメリットがあり今ではカスタムで手直ししないと楽しめないものになってきたのに対し、こちらは水冷で諸問題をクリア、かつ往時のスポーツモデルのスカウトに敬意を表す形で高性能エンジンという構成になり、ノーマルでも存分に楽しめる一台になっているのだそうです。アメリカンバイクといえば今はハーレーばかりですが、インディアンは戦前から戦後にかけてアメリカでの強豪メーカーでしたし、映画『世界最速のインディアン』に登場してたり、それ繋がりでスト魔女のシャーリーの愛車という設定があったりとかなりそそるものがあります。自分で買うならスカウトシックスティをインディアンレッドで・・・!最近出たツートンも戦前っぽくて良いですね。

s-DSC_8076.jpg
s-DSC_8077.jpg
ライバルのハーレーも出展してました。こちらはアンケート記入でマフラータオルをGET!

s-DSC_8075.jpg
s-DSC_8073.jpg
s-DSC_8074.jpg
デニム生地に張りなおしたBRIDEシートがオシャレなN-ONE。アームレスト付き!

s-DSC_8078.jpg
s-DSC_8079.jpg
s-DSC_8080.jpg
後編に続く!
広告

| クルマネタ | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2065-39e9b057

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT