PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよならロンちゃん

ロン
たまにブログにも出てきていた我が家の愛犬のトイプードルが15歳と2か月で今朝、旅立ってゆきました。ペットを亡くすのは初めてではないのですが(小学生低学年くらいの時以来でしたが)人間として多感な時期をずっと一緒に過ごしてきた相棒がいなくなってしまうのはやっぱりものすごく悲しいです。完全に家族の一員でしたが、そんな一員を亡くしても人間の身内とは違って社会的にはいつも通り振舞わなければならないというのも今日一日つらかったです。お恥ずかしながら会社で仕事中でも一人になったら愛犬のことを考えて、涙が止まりませんでした。

ペット用の忌引をつくってほしいとか、ブログに来てくれた皆さんに慰めてほしいとかそういうことでは決してないのですが(すでに色んな人が慰めてくれました)ペットを亡くすというのは本当に辛いことで、この気持ちは今後決して忘れてはいけないと思いますし、同じようにペットを亡くして落ち込んでいる人がいたとしたらそれは家族を亡くした事と同じように接してあげるべきだなと思いました。考えれば当たり前のことかもしれませんが、愛犬がそばにいてくれてずっと当たり前だった自分は今日までそんなこと考えもしませんでした。ヒトもペットもひとつの家族なんです。

今年に入った辺りから目に見えて弱って、今週にはもうある程度覚悟ができていました。ギリギリ歩けた時にはよく近くまで寄ってきて頭を差し出し、撫でてあげてはうっとりと嬉しそうにしていたのが印象深いです。くいしんぼでよくエサをせびっていましたが最後の方には撫でてもらうだけですごく嬉しそうだったのでお別れのつもりだったのかな、なんても思います。お陰で存分にお別れができたと思います。前日の夜は苦しそうでかわいそうでしたが、天国へ行って楽になれたかなとか、天国でまたおばあちゃんと会えたかなとか(10年前に他界した祖母が彼を一目ぼれして選んできてくれたんです)身勝手ですがそんなことを思ったらちょっとは救われる気がしました。家族をまたひとり失ってつらいですが、大のオトナが愛犬を亡くしてずっとメソメソしているのもやっぱりおかしいと思いますし、それだと書いてることが思いっきり矛盾していますが、文字で書き殴ってすっきりできたので明日からはまたシャキッとせねばと思います。乱筆失敬!
広告

| 日常・ネタ | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2093-d92897cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT