PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

XBOX ONEに既製外付けSSDをつける

FC2ブログの画像アップサーバーの調子が悪く、予定どおりに記事を書けませんでした…。
s-DSC_1758.jpg
愛用の初代XBOX ONEの内蔵ハードディスクの容量がもういっぱいいっぱいで、新しくゲームを入れるのにも泣く泣く消したくないゲームを消しているというのと、ロード時間がかなり改善されるというのもあって、記憶メディアを大容量SSDに変更してみました。PS4だと本体を分解してHDD→SSDに換装できるらしいのですが、XB1だと外付けSSDの使用のみ対応しています。

詳しい手順は紹介しているサイトはたくさんあるので他に譲りますが(DIGIROMAさんの記事が非常に参考になりました)、どこもPC用の内蔵SSDに別売りの外付けケースを組み合わせたものを使っており、ウルトラPCオンチの自分にはどのメモリを選んでどのケースを使えば良いのか、選択肢が安物からハイエンドまであまりにも多すぎてこんがらがってしまいましたorz

既製品の外付けSSDは現実的な値段でマトモなものが無かったのだろうとも思いましたが、一生懸命探してかなり良いものを見つけ出しました。バッファロー SSD-PG1.0U3-B/NLです。
二万円ちょっとで1TBの大容量&安心の日本製が手に入ります。よく分からない大陸産の既製品よりもよっぽど安いので買い得感がありますし、大事なゲームを保存するところなのでトラブルが比較的起きにくいであろうちゃんとした所の製品であるという所が決め手になりました。容量が最低256GB無ければXBOX用として使用できない所は注意ポイントですが、それでも容量はもっと少なくて良い方向けには480GBモデルがさらに安い12,000円代で販売されてます。

0400435d-a060-41a7-84aa-29d0a6ecc56c.jpg
メーカーの適合表記にXBOX ONEの名前はありませんでしたがバッチリ使えています。SSDを本体背面のUSBに繋いだらあとは表示される手順どおりにフォーマットを行い、ゲームをSSDにインストールしなおせばそのまま利用可能です。ゲームによりけりですがSSD化によってロード時間が20~50%ほど短縮されると言われています。実際にタイムを計測して比較したわけではありませんが、現在絶賛プレイ中のForza Horizon4が体感できるくらいにサクサク動くようになりました(オープニング画面からプレイ可能になるまで約20秒ちょっとです)。以前は車種選択のロード時間などでかなりイラつくこともあったのですが、それもほぼイラつかなくなりました。ネット経由のペイント読み込みなどはさすがに大きな変化はありませんが、それでも全体的に読み込みが速くなった分、かなりの無駄なロード待ち時間を削減できてるなと思います。時間をお金で買ってその分有意義に過ごす、という意味でもSSD化の意義があるなと思いました。
広告

| XBOX One | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2121-f41d46db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT