PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本自動車博物館 前編

s-DSC_4988.jpg
カブで行った北陸ツーリングの途中に立ち寄った石川県の日本自動車博物館は日本で一番最初にして一番最大規模の自動車博物館ということで、かねてより訪れてみたかった夢の場所です。約500台もの貴重な車たちがほぼすべて実働の状態で保存されています。ゴールデンウィークの途中でしたが大きな混雑もなく、落ち着いて心ゆくまでじっくり見て回ることができました。個人的に大好きな戦前車にクローズアップしつつ撮り貯めた展示車達を紹介していきます。


s-DSC_4869.jpg
国道8号線の二ツ梨ICを降りてすぐ、アクセスの良い場所に位置しています。赤レンガ造りの立派な建物です!この日はGWの子供向けイベントでドラえもんのソーラーカーなどがいました。

s-DSC_4870.jpg
館内はちょっと薄暗くて落ち着いた雰囲気です。受付なんかのスタッフがみんな女性だったのですが、みんな若くてかわいかった(*´Д`) 連休中だけじゃなくていつもこうなのかな・・・?(コラ

s-DSC_4873.jpg
クラウンを代表とするトヨタの大きな展示。2000GTは間違いなく日本を代表する名車ですね。

s-DSC_4874.jpg
作業中のジャガーEタイプ。ほぼ全ての収蔵車が実働らしいですがまさかレストアも内製!?

s-DSC_4876.jpg
1948年 トヨペット SA型乗用車。戦後まもなくの国産車です。車両案内にはそれぞれ面白いエピソードが記されているのですが、転載転用厳禁とのことなので説明はあっさり目でいきます。

s-DSC_4877.jpg
1938年 トヨタ ABR型フェートン 戦前トヨタの超貴重な軍用車!

s-DSC_4881.jpg
1936年 ダッジSIX(手前) 乗用モデルを艤装して消防車にした個体です。

s-DSC_4888.jpg
1937年 フォード消防車 F8型シャシー 横浜製の国産ノックダウンV8フォード。

s-DSC_4887.jpg
1941年 トヨタ GB 戦前においては地方でもよく見られたそう。国内現存最古のトヨタトラック。

s-DSC_4889.jpg
1939年 シボレー トラック 158 1/2 唯一現存という大阪製シボレーはなんと軍用車!

s-DSC_4891.jpg
1939年 日産 80型セミキャブオーバー ボンネットバスよりもさらに古い乗り合いバスの形?

s-DSC_4895.jpg
1937年 東京自動車工業 94式6輪自動貨車 現車は民生利用時に4輪に改造されたもの。
古い車を収蔵した博物館は数あれど、こうした実用車・軍用車系は国内だと本当に貴重です。

s-DSC_4896.jpg
1934年 フォード B型トラック 満州事変の熱河作戦に参加した一台!
戦争で使われた車は色々考えさせられます。脱帽してしばらく立ち尽くして見ていました。

s-DSC_4885.jpg
展示車にはポータブルナビやドライブレコーダーがついたまんまだったり、当時物っぽいオーナメントや後付けルームミラーがついているものが結構見られました。車が活き活きしています。

s-DSC_4900.jpg
戦前っぽい戦後車もちらほら撮っています。

s-DSC_4901.jpg
1935年 オースチン 12サルーン フォードっぽい大きさでしたがエンジンは1.8Lと小さい!

s-DSC_4906.jpg
1935年 アルヴィス スピートトゥエンティ 当時物らしい“靜”ナンバーがまぶしいです。

s-DSC_4907.jpg
1933年 ベントレー・ロールスロイス この2年前にベントレーがロールスロイス傘下に。

s-DSC_4910.jpg
s-DSC_4909.jpg
1932年 マーモン ルーズベルト 元官庁車をアメリカ軍人がオープンカーに改造した個体。

s-DSC_4912.jpg
1929年 プリマス 4モデル“u” 右ハンドルでおそらくカナダ組み立て車とのこと。

s-DSC_4916.jpg
日本に初めて輸入された自動車の第一号がなんとこちらの蒸気自動車!!1901年製。

s-DSC_4918.jpg
1929年 ポンティアック 6 日本自動車博物館のイメージキャラクターとして採用されたモデル。

s-DSC_4921.jpg
1927年 クライスラー この頃の自動車はまだ馬車の面影が大きく残っていますね。

s-DSC_4923.jpg
1962年 ベントレーコンチネンタル2Dサルーン 優美なクーペですが英国車らしからぬデカさ!

s-DSC_4925.jpg
1936年 キャデラック フェートン 早稲田大学の自動車部で使用されていたという一台!

s-DSC_4928.jpg
s-DSC_4927.jpg
箱根駅伝の伴走車としても使われていたのだとか。

s-DSC_4930.jpg
1935年 クライスラー インペリアル 戦前は警視庁、戦後は慶應義塾大学の自動車部が使用。

s-DSC_4932.jpg
1935年 ロールスロイス 20-25 英国ではバンパーレスだったとか(この個体は日本で取付)

s-DSC_4934.jpg
s-DSC_4914.jpg
1937年 パッカード スーパーエイト この年代のクルマが一番好きかも。美しい・・・(*´Д`)

s-DSC_4937.jpg
バブルの遺物、ジオットキャスピタ!スバル製の水平対向12気筒Egを搭載したロードゴーイングF1カーとも言えるシロモノで、東京モーターショーにスバルブースで展示されたものだとか。発売は結局なされなかったのですが、どうして今こんな所に現車があるのか・・・((((;゚Д゚))))

s-DSC_4943.jpg
館内最古級のドディオンブートン4輪車。なんと1899年。メインフレームはほぼ自転車です。

s-DSC_4947.jpg
1930年 ランチア ラムダ クラシックカー界において最高の名車として知られる一台です。

s-DSC_4946.jpg
ラムダに搭載されるV4エンジン。狭角でかなりコンパクトにまとまっていました。

s-DSC_4949.jpg
1922年 ベルリエ V-G22 戦前から長く日本で受け継がれてきた歴史的にも貴重な一台。

s-DSC_4951.jpg
1937年 フォード V8コンバーチブルセダン 黄金期のアメリカらしい流麗なボディデザイン。

s-DSC_4954.jpg
アメ車=V8の始祖となった初の本格量産型のアーリーフォードV8エンジン。

s-DSC_4955.jpg
1934年 フォード V8ビクトリアコンバーチブル 型が国外に売却された為、希少なモデルに。

s-DSC_4957.jpg
1933年 フォード B型 元はV8ですが当時の日本では修理が難しく直4スワップされた個体。

s-DSC_4961.jpg
1931年 スチュードベーカー 初の鉄製ホイール採用車(現車は別のホイールに換装済)

s-DSC_4962.jpg
1927年 レオ スピードワゴン

s-DSC_4964.jpg
1933年 オースチン セブンスポーツスペシャル

s-DSC_4971.jpg
1928年 オースチン セブン 広く愛された大衆車ですがまるでオモチャのような小ささ。

s-DSC_4968.jpg
1937年 オースチン セブン 後年の少し拡大されたモデルですがそれでも小さい!こんな車でも当時の日本では家が数件買える程の値段がしたそうです。ダットサンが範をとった車ですね。

s-DSC_4975.jpg
1929年 オースチン セブン 愛称のチャミィは仲良しって意味だそう(かわいい)

s-DSC_4973.jpg
1929年 シボレー かのフォードT型を時代遅れのものとした6気筒の豪華ライバルです。

s-DSC_4977.jpg
s-DSC_4979.jpg
s-DSC_4981.jpg
ほかの気になったクルマたち。モスクビッチやトラバントなど共産圏の車までいます。

s-DSC_4984.jpg
s-DSC_4989.jpg
s-DSC_4985.jpg
トップギア(現グランドツアー)の3人が死ぬほど大嫌いなトライアンフ・メイフラワーですw

s-DSC_4992.jpg
s-DSC_4990.jpg
空冷VWはタイプ1、2、3と大人気ですがこのタイプ4は走ってるのを見たことがありません!

s-DSC_4995.jpg
1931年 フォード A型ロードスター ホットロッドベースとしてもド定番で大人気の一台。

s-DSC_4996.jpg
1925年 フォード T型ツーリング 言わずと知れた史上初の大衆車!全ての車のご先祖様?

s-DSC_4998.jpg
1917年 フォード T型ツーリング こちらは大阪で戦災をかいくぐって生き延びたという一台。

s-DSC_5000.jpg
ハリーポッターの空飛ぶ車として有名なフォード・アングリア。小道具がニクいですw

s-DSC_5002.jpg
1935年 フォード モデルC テン 欧州向けのベビーフォードで1.1Lエンジン搭載の小型車。

s-DSC_5008.jpg
1934年 フォード モデルY こちらもベビーフォード。現地法人によって生産されたそう。

s-DSC_5006.jpg
我が家にもゆかりのある英国ローバー!

s-DSC_5007.jpg
右のSD1はかつて母がローバーオフ会で乗せてもらったことがあるそう・・・。

s-DSC_5010.jpg
1932年 フォード B型 V8フォード全盛期に併売されていた廉価版の4気筒モデル。

s-DSC_5013.jpg
ロンドンバスは自由に乗り込むことができました!

s-DSC_5017.jpg
二階席はオープントップ。これでロンドンの街を走ったらたまらないんだろうなぁ~。

s-DSC_5015.jpg
席からは30年代のモーガン・スリーホイラーを拝めました!展示台数があまりにも多すぎてこのようにクルマに囲まれてしまって近づいて見られない残念な展示車もちょいちょいいました。

s-DSC_5018.jpg
二階に上がってきました。一階とは打って変わって日産スカイラインシリーズがお出迎え!

s-DSC_5019.jpg
この目を引く展示方法は・・・かの有名なくろがね四起です!!

s-DSC_5021.jpg
1941年型、旧日本軍が米国ジープに6年も先駆けて開発した4輪駆動の軍用車です。

s-DSC_5081_20190519233118842.jpg
現存台数は非常に少なく世界にこの個体とロシアに収蔵された1台だけとされていましたが、最近京都で一台発掘されてレストアされたものが御殿場のカマド自動車に展示されていますね。

s-DSC_5025.jpg
s-DSC_5023.jpg
クラクラするほどデカいアメ車たち。

s-DSC_5026.jpg
s-DSC_5032_201905192335518bc.jpg
中国の誇る最高級車、紅旗。初代館長と中国要人のコネが実現させた展示だとか・・・。

s-DSC_5028.jpg
こちらは中国公安局の機械化部隊専用サイドカー。よくこんなものまで@@;

s-DSC_5030.jpg
かの毛沢東も愛用したというソ連製高級車ジム。東京のソ連大使館でも使われたとか。

s-DSC_5033.jpg
1936年 デラージュ D-6-65 戦前フランスを代表する高級車。

s-DSC_5035_201905192343155d1.jpg
後編に続く
広告

| クルマネタ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2189-63ad36c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT