PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

XL1200R━━━━(゚∀゚)━━━━ッ !!!

s-DSC_5565.jpg
初めて買ったハーレー、2007年モデルのスポーツスター XL1200Rロードスターです!!
梅雨なのであまり乗れていませんが2日で300km弱走ってのファーストインプレッションです。


s-DSC_5566.jpg
カブの次に買うバイクは長い事いろいろ悩んでいました。実はインディアンスカウト・シックスティやそこからぶっ飛んで戦前のサイドバルブハーレーまでもが候補に入っていましたが、独身ゆえに仕事や住まいがいつまでこのままかも分からないので、価格や維持のことをじっくり考えた結果、中古のスポーツスターに落ち着きました。とはいえこの選択は妥協でもなんでもなくスポスタはかねてからずっといつかは乗ってみたいバイクだったので長年の夢がひとつ叶いました。

s-DSC_5567.jpg
ハーレーとスポーツスターは別物だ!スポーツスターは女の乗り物だ!という過激派の方々の意見もあったりしますが、モダンハーレーを買うなら元より貫禄のあるビッグツインの事は考えておらず、ナヨっとした自分の身の丈に合ったコンパクトでスリムなスポーツスターに自然と憧れを持っていました。究極目標の戦前ハーレーに排気量や車格が近いからという理由もあります。

s-DSC_5568.jpg
新車のスポーツスターには残念ながら欲しいものがなく(フォーティーエイトスペシャルにはビビっと来ていましたが航続距離が非常に短いため自分の使い方には合わないなと断念・・・)、
予算も新車の半額程で済んでしまう中古車で色々と探していました。スポーツスターはタイプや年式などでバリエーションが非常に多くてとにかく迷いましたが、結局は一番気になったこの1200Rを隣県まで現車確認に行きそこで小一時間悩んだあげくそのまま即決しちゃいました。

s-DSC_5569.jpg
味わいに最も長けるのはキャブでリジットマウントのスポスタであるという論調がありますが、ハーレー初心者の自分には年式的に少し心配だったのと長距離ツーリングに使うことを見越して、比較的高年式のインジェクション&ラバーマウントのモデルにするということは決めていました。排気量が883ccか1200ccかというのも大きな選択肢でしたが8年前の乗り比べ試乗のときの印象が未だに強く残っていて、トルクフルで力強い走りのできる1200のほうを選ぶことに。

s-DSC_5570.jpg
スポーツスターらしい12.5Lタンクとインジェクションが唯一組み合わされた2007年モデルのロードスターです。この組み合わせが個人的にドンピシャでした。これ以降だと17Lの大ぶりなタンクになって印象がだいぶ変わってしまいます。モデルイヤーでの数え方になるので実際には06年登録とやや古さは否めない個体ですが、まぁそれでも比較的安心だろう!ということでw

s-DSC_5571.jpg
アルミに腐食が出だしていたり細かいところがサビていたりと13年落ちなりの瑕疵はありますが結構大事にされていたようで、コケ傷もなく全体的にはキレイな印象です。現在は外にカバーをかけて置いていますが、カブを入れている室内のスペースを近日中に改装してハーレーを入れられるようにする計画が進んでいます。部屋の中でコレを眺められたら最高だろうな~(*´Д`)

s-DSC_5572.jpg
ラバーマウント化でフレームサイズが若干大きくなっているようなのですがそれでもBT比ではキュッとコンパクトなボディです。ロードスターならではの車高が高めでキャスター角の立ったスポーティーなディメンションによってより軽快感の強い印象を受けます。それでも車重は260kgと静止時ではかなりの重量感がありますが、非ローダウンでも足つき性は非常に良く両足べったりなので取り回しはそこそこ何とかなります。この足つき性こそがハーレー人気の秘訣・・・?

s-DSC_5581.jpg
ヘッドライトは最近の国産二輪と同様に常時点灯です。オーソドックスなハロゲン球ですがレンズ中央にバーアンドシールドマークがあって特別感を感じられるお顔です。ウインカーは離れたところにぶら下がっています。レンズ上のヘッドライトバイザーは長い歴史を持つスポーツスターシリーズにおいて伝統の装備である内のひとつ。すでに60年代にはついていたみたいです。

s-DSC_5598.jpg
幅広でちょっとアップになったハンドルはゆったりしたポジションで乗車でき、かつスポーツ走行時には車両をしっかり抑え込める絶妙な長さ&形状です。土地柄山道をよく走りますがハンドリングに切れ込んだりといった変なクセは無く、王道的なニュートラルステアで非常に乗りやすいです。直進性が高いアメ車ならではの特性と車重があることから意識してどっこいしょと曲げてやる必要はあるのですがつづら折りの山道でも“スポーツ”の名に恥じない爽快感があります。

s-DSC_5596.jpg
1200Rならではのツインメーター。デジタル部はオドの他にツイントリップと時計の機能があります。ガソリン計は無く給油ランプがスピードメーター内に映ります。メーター外のインジケーター部は小さいですが視認性はまずまず。ウインカーランプが左右別体なのが地味に嬉しい。

s-DSC_5590.jpg
右側スイッチボックス。セルはクラッチを切ってなくても回せます。ウインカースイッチはこれまた左右別体で右に曲がりたいときは右スイッチを、左に曲がりたいときは左スイッチをプッシュします。側面にちょろっとマークが写っていますが両方を同時に押すとハザードとして使えます。

s-DSC_5592.jpg
左側。ウインカー以外はこれといって特徴はないかな?ウインカーは曲がると四輪のように勝手に切れてくれます。どういう仕組みなのか結構高精度で感心したところですが車線変更などハンドルがあまり動かない場合には切れないのでプッシュキャンセルしてあげる必要があります。

s-DSC_5593.jpg
前オーナーさんがETCとUSB電源をつけててくれました。これらは欲しかったので嬉しいです♪
最近は連休が取れないので少ない休みで効率的にツーリングするなら高速走行がマストです。

s-DSC_5589.jpg
キーシリンダーはネックの右横についています。写真では写っていませんがハンドルロックがこの上にまた別シリンダーで存在しています。イグニッションの手前にアクセサリーがあって通電状態にできるのですが、なんと意地の悪いことにアクセサリーでもキーが抜けちゃうんです。つまり気づかずアクセサリーでキーを抜いて駐車してしまった日にはバッテリー上がり確定ですw

s-DSC_5580.jpg
最近買った乗り物が図らずもブルーばかりになってしまってます・・・w 特別青色が好きというわけでもないのですが選ぶなら個性的なビビッドカラーが良いなと思いまして。この形状のタンクでツートンというのが外せないポイントです。カブで北陸ツーリングに行った際に自動車博物館の近くで色こそ違うものの同じツートンの1200Rが走ってるのを見てそれがずっと脳裏に焼き付いて離れませんでした。カッコよかったなぁ。間違いなくその経験も決め手になっています。
ちなみに年式によって有無があるそうですが、'07モデルはなんと鍵無しタンクキャップです。

s-DSC_5586.jpg
シートは純正のダブルシートです。ガンファイタータイプですね。加速時にお尻をしっかり受け止めるような座面形状になっています。固定はビス一本とツメで留まってるだけなので脱着は非常に簡単です。ちなみに裏面に収納スペース等は一切無し!書類を入れる場所すらありません。

s-DSC_5588.jpg
ナンバープレートのブラケットは通常テールライトの上に直立でついているのですが、この個体はそれをナナメに寝かせるレイダウンキットが装着されています。スタイリッシュで良いですね!

s-DSC_5599.jpg
おそらく純正オプションのエンジンガードがついています。こちらも足の悪い自分が万が一転倒した時のことを考えると、車体に脚を挟まれてしまうリスクを減らせるのでありがたい装備です。

s-DSC_5574.jpg
フロントブレーキはRならではのダブルディスクです。さぞ強力に効くだろうと思いきや・・・例に漏れず止まりませんorz 握りはじめの制動がやたらまったりしているのは国産とアメ車の考え方の違いなのでしょうか。その代わり穏やかなブレーキコントロールができるのですが。効かせるには意を決してしっかりブレーキレバーを握る必要があります。さすればガツッと止まります。

s-DSC_5575.jpg
リアはシングルディスクです。制動の際にはフロントも伏せてバランスよく使ってやる必要があります。乗り心地がけっこうガツガツとして硬いのが気になってたのですが、こうして見るとリアサスにプリロード調整機構がありますね。工具なんかは付属しなかったので後々揃えないと・・・。

s-DSC_5600.jpg
ステップは可倒式。ハンドルの所で山道走行について述べましたが、意識しないで運転してもバンクで擦ってしまうことが今のところ全く無いので、けっこうしっかりバンク角が取られてるんじゃないかと思います。サイドスタンドには溶接で蹴り出す際の補助プレートがくっついていてこれまた無骨な印象です。経年していないスポスタにも当てはまるらしいのですがスタンドを出す際はトラベルが長くて、出し切ってやるには足でちょいちょい蹴って調整してあげる必要があります。

5577.jpg
マフラーは独立管っぽく見えますが裏で密かに集合しています。純正ですがドバドバとハーレーらしい良い音を出します。スピードが乗ってくると風切り音で聴こえなくなってしまうので、そのうちマフラーは替えたくなるかもしれません。駆動はメンテフリーが嬉しいベルトドライブです。左右についているバッグサポートは納車時にサービスで取り付けてもらったキジマの社外品。

s-DSC_5582.jpg
ミッションはワイドレシオな5速。街乗りではトップまで使えないかも。操作感はガコンッと音がして無骨感がありますがシフトの入りは良好です。ただニュートラルに入れるのにコツが必要です。ブーツのつま先じゃなくて足の甲でシフトレバーをかき上げてやると入りやすい気がします。

s-DSC_5578.jpg
エンジンは4カムエボリューション、空冷OHVの1,202ccVツインです。アイドル時にはまるで生き物のごとく車体をブルブル揺さぶり、ハーレーらしい鼓動感とサウンドをしっかりと持っていて非常に味わい深いです。アイドリングがおよそ1,000rpmと結構高いのですがそれ以下になるとノッキングが激しく(カコンカコンとドでかい嫌な音がします。スタンドを車体に打ち付けているような音ですがエンジンまたはミッション周辺から鳴ってるみたいです)極低速域は意外と粘らないので渋滞だと半クラ必須です。クラッチはちょっと重いのでずっと市街地だと結構疲れます。アイドル回転以上では非常に太いトルクでグイグイ車体を加速させ、普通に乗る分には2,000rpmも回っていれば事足りてしまいます。ここから3,000rpmくらいまでが味わい的にスイートスポットでしょうか。短く感じるかもしれませんがレッドまでは6,000rpmまでなので縮尺的に結構長い事楽しめます。リッターオーバーだと思って全開にすると肩透かしを喰らいます。低速トルクにほぼ全振りしてあるバイクなので上での加速感はだいぶ鈍る感じです。回さなくても速いけど回すとそんなに速くない的な・・・。実馬力は60PSほどらしいので上の加速感は400マルチのほうがあるかもしれません。ただこれでもスポスタは6千までしか回らないので、そう考えると排気量なりの性能はあるのかも?普通のバイクはその二倍くらい回りますからね。

s-DSC_5602.jpg
トップギアでの回転数は時速60キロで約1,600rpm、80キロで2,200rpm、100キロで3,200rpmほどです。60キロ時はギアが高すぎるのでもう一段下のギアでちょうど良いくらいです。80キロくらいまでの常用域では豊かな味わいを感じられつつ、巡行速度がある程度高くなってくると振動がほとんどなくなってかなりスムーズな乗り心地になるので高速ツーリングにはプラスに働いてきそうです。これ以上の速度域でも鼓動感を感じたければビッグツインを選択する感じでしょうか。航続距離はちょっと短めでワンタンク200kmちょっとだと思います。初給油時はトリップ153kmで給油ランプが点灯し(この地点で残り3Lは残っているそうです)169kmで8.54L給油、燃費は19.79km/Lとかなり良好でした。ちなみに燃料はハイオク指定です。
あともう一つ難点を述べるとすると空冷大排気量エンジンなりに発熱がものすごいです。いわゆる股火鉢です。真夏に渋滞に巻き込まれたら熱中症で倒れるんじゃないかと心配していますw

s-DSC_5610.jpg
現在我が家にある自分の愛車を並べてみました。自転車も入れればこれで18輪生活・・・!

s-DSC_5608.jpg
乗りやすいと称されるスポーツスターでも所々クセがありますが、確かに基本的には走らせやすいですし、まだ乗り出してから日が浅いのでこれから少しずつ理解していければと思います。夏休みにはどこか遠くへ旅に行きたいです!そして他の子たちも適度に構ってあげないと・・・w
広告

| バイク・XL1200Rスポーツスター | 23:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
ついにハーレーを買ったんですね!
自転車は別としてもこれだけの乗り物を適度に乗ろうとするとなかなか忙しそうですね(笑)
自分もリッターバイクを購入したいのですが、置場の問題でなかなか手を出せずにいるので羨ましい限りです…(笑)

| SPEC-S | 2019/07/05 10:08 | URL | ≫ EDIT

>SPEC-Sさん
こんにちは!ついに買っちゃいました!!
カブのほうは正直ちょっと持て余してしまっているので今後どうしようか迷っていますorz
置き場に困らないのは田舎住まいの特権です(何
リッターバイク・・・何を買われるのか気になりますw

| KEI | 2019/07/07 22:21 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2202-3bf387e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT