PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

片倉館再訪

s-写真 2019-11-10 13 40 04
諏訪方面の聖地巡礼時に立ち寄ってから一か月も経っていないのですが、本当に良いところだったのと、併設されている会館側を見学したくてまた片倉館に来ちゃいました。諏訪湖周辺は秋も深まって紅葉が最高に綺麗でした。いちおう聖地巡礼カテですが、周辺のことも含めてほとんどあまり作品とは関係の無い純粋なちょっとしたお出かけ記です。


s-写真 2019-11-10 12 20 39
今回は愛車のS2000でオープンエアを楽しみながらドライブに来ました。一年の内でいちばん最高の季節かも!?実は諸事情により遠くない将来に手放すことが決まってしまったのが少し残念ですが・・・それまでのわずかな間をめいいっぱい楽しむつもりでのドライブでもありました。

s-写真 2019-11-10 12 22 56
長野方面は日曜でも渋滞がなくあまり混まない所がお気に入りです。メインストリートはそれでも車がいっぱいでしたが、対岸まで来るとこうして静かに紅葉の湖畔を楽しむことができました。

s-写真 2019-11-10 12 51 16
お昼時だったので駐車場から少し歩いて見つけたそば屋さんでランチ。とんねるやという小綺麗なお店だったのですが、ここがリーズナブルでハチャメチャにおいしい大当たり店でした。次も絶対ここだなと決めています。この日は湖でカモをみた影響で・・・カモ南蛮をチョイスしましたw

s-写真 2019-11-10 13 05 16
食後にちょっと散歩して・・・最高に居心地が良いです。

s-写真 2019-11-10 13 07 44
この日はよく晴れていて富士山まで見ることができました!いつもの富士山が遠い・・・w

s-写真 2019-11-10 14 28 35
のんびり諏訪湖を一周して30分強くらいだったかな?お目当ての片倉館へ。

s-写真 2019-11-10 14 28 25
こちらから会館側を見学していきます。中で見学と入浴のセット券を買って、館の人から片倉館についてや館内の調度品などについてのちょっとした案内を受けてから見て回る事ができます。

s-写真 2019-11-10 13 54 44
重要文化財のため名前と電話番号の記帳があります。エントランスには重要文化財指定書と、大正時代から現代まで現役で使われている大金庫が。金属供出を生き抜いてるのがすごい。

s-写真 2019-11-10 13 55 14
ダイヤルは「イロハ」です!

s-写真 2019-11-10 13 55 34
同じくエントランスの大時計は昭和初期の資料写真にも写り込んでいる当時物。
ムーブメントはクォーツ化されているそうです。

s-写真 2019-11-10 13 53 44
シルクで財をなした片倉一族らしく、シンガー社のミシン。

s-写真 2019-11-10 13 52 56
タイプライター。今とほとんど変わらないQWERTYのキー配列です。

s-写真 2019-11-10 13 53 07
s-写真 2019-11-10 13 53 18
電話機には大正時代生産のシリアルプレートが!!

s-写真 2019-11-10 13 52 19
廊下の時計も当時物?SEIKOSHA REGULATORの英文文字がシャレてます。

s-写真 2019-11-10 13 52 41
温かみがあっていい雰囲気です。

s-写真 2019-11-10 13 52 09
建物外観は完全に洋風なのですが、一階エリア内装は純和風というのがおもしろい特徴です。

s-写真 2019-11-10 13 51 08
設立時の理念は市民皆に使ってもらえる公共施設を、とのことだったので当時から今に至るまで公民館のような感じで色んな人に色んな目的で部屋を貸し出しているようです。奥の部屋には東郷平八郎直筆の書が飾ってあってすごく見たかったのですが、この日はお茶会で貸し出されていて残念ながら見れずでした。

s-写真 2019-11-10 13 54 22
当時物のクリスタルガラス製ドアノブが残されています。修繕不可の超貴重なものだそう!

s-写真 2019-11-10 13 50 33
木製窓枠萌え萌えです(*´Д`)

s-写真 2019-11-10 13 56 36
中から外への眺めもこれまた絶品です。

s-写真 2019-11-10 13 59 30
二階へ上がってきました。

s-写真 2019-11-10 13 57 25
資料室があります。富岡製糸場・・・歴史の授業で習ったアレですねぇ。

s-写真 2019-11-10 13 58 38
戦前の片倉館。湖が今よりもっと近かったんですね。

s-写真 2019-11-10 14 01 13
204畳、舞台付きの大広間。戦前期には最大級のものだったそうです。
所々残っている星型のシャンデリアは当時モノ!誰もいないのでかなりのんびり過ごせました。

s-写真 2019-11-10 14 03 50
舞台から。ここでは結婚式なども執り行われたそうで・・・感慨深い眺めです。

s-写真 2019-11-10 14 03 15
優しい秋の日差しが差し込んで、本当に居心地の良い場所です。

s-写真 2019-11-10 14 06 40
年季の入った標識が残っていました。

s-写真 2019-11-10 14 00 36
脇に立ち並ぶ暖房器具。オイルストーブでしょうか?寒い長野には欠かせないのでしょう。

s-写真 2019-11-10 14 00 54
バルブにはSARCO NEWYORKの文字が。もしかするとこれらも全部戦前のものかもですね。

s-写真 2019-11-10 14 00 04
まるでヨーロッパの古城にでもいるかのような眺めです。

s-写真 2019-11-10 14 08 04
ちょっと足がひんやりしてきました。

s-写真 2019-11-10 14 07 31
昭和戊辰なのでおそらく片倉館創立年の1928年?当時の内閣総理大臣が寄せた書です。
現在トレンドの「大嘗祭」前月なんて文字まで入っていますね。

s-写真 2019-11-10 14 02 40
往時の宿場 富士見を描いた絵画。戦前に活躍した静岡県出身の画家によるもので、若くして余命宣告を受け、絵画に生涯を捧げようと奮起し、結果93歳まで画家人生を貫き通したのだそう。

s-写真 2019-11-10 14 29 43
当時の大広間の写真。天井に飾られる国旗は日章旗と米国旗が同じようにかかっており、戦争突入前のわずかな平和な期間が確かに存在していたことを伺わせる非常に貴重な一枚です。

s-写真 2019-11-10 14 23 20
お茶会で使われていた炊事場をちょろっと垣間見れました。こちらも味わい深い・・・!

s-写真 2019-11-10 14 30 10
見学を終え外に出てきました。こちらのタイル張りの噴水も文化財なんだそうです。

s-写真 2019-11-10 14 30 52
そして浴場棟でひとっ風呂浴びてきました。熱めのお湯が冷えた体に染み渡ってじっくり癒されました。浴槽では西日が窓から差し込んで、湯気で光線がくっきりと見えてなんとも神々しかったです。中央のプリズムグラスもキラキラと光っているのが見れて良い時間に来れたなぁと思いました。今回は空いていたジャグジーを満喫することもできました。設立当初はサウナだった場所らしいのですが、いつ頃かの内装改修の際にジャグジーに置き換わっていたみたいです。

s-写真 2019-11-10 15 21 49
湯上りは屋上でコーヒー牛乳。手元にとんぼが止まって良い感じの写真が撮れました。
撮った後もしばらくいてくれました。なんかこれ以上ないほど秋~!!って感じですねw

s-写真 2019-11-10 15 24 59
建物側も眺めるのが楽しいです。

s-写真 2019-11-10 15 25 17
天気が良くて、ほんとうに良かったです!

s-写真 2019-11-10 15 28 46
休憩所のテレビでは天皇陛下の即位パレードの様子が中継されていてみんな釘付けでした。

s-写真 2019-11-10 15 33 33
過去にツーリングで諏訪湖に訪れた際におみやげに買った諏訪湖豆をふたたび買ってみました。砂糖で真っ白にコーティングされただけの煎り大豆なのですが、不思議とやみつきになるおいしさで家族にも好評です。いつ頃から作られているのかは不詳らしいのですがネット情報によると戦時中にも生産されてたとか?売店価格は少し高いので近隣の土産屋で買うのがお勧め。

s-写真 2019-11-10 15 44 09
片倉館、やっぱり良いところです(´ω`*)

s-写真 2019-11-10 15 45 44
おやつを買い食いしたり地酒を買ったりしつつ湖畔を散歩しました。

s-写真 2019-11-10 15 48 04
普段から空気がおいしいとされる高所に住んでいますが、諏訪湖の空気はまた雰囲気が違ってそれがとてもおいしく感じます。本当に居心地が良くて遠からずまた来るだろうなと思いました。

s-写真 2019-11-10 15 53 42
s-写真 2019-11-10 16 03 04
s-写真 2019-11-10 16 06 41
周辺で見つけた萌え系の看板たち。やっぱり長野はこういうの気合い入ってますね(*´Д`)

s-写真 2019-11-10 20 05 09
戦地品。すわこちゃんのフィギュアを買ってしまいました(/ω\*)
広告

| ゆるキャン△聖地巡礼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://safehouse2.blog82.fc2.com/tb.php/2239-9676836f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT